なぜ消費者金融はリボ払いを推すのか?

消費者金融やカード会社の中で、やたらと「リボは便利」のようにアピールしている宣伝を見かけませんか?リボ払いについてここで簡単に見ておくと、毎月の返済額を定額にする返済方式のことです。借入額に関係なく、月々決まった額を返済していくという方式です。

 

このため、家計のやりくりがしやすいわけです。あらかじめ出ていくお金がはっきりとしているので、その分のお金を準備しておいて、残ったお金で生活費をねん出すればいいのです。他の返済方法だと、借り入れやショッピングした額によって毎月の返済額が異なります。ですからどの程度の出費になるかわからず、時には月末給料日前の段階で、手持ちの資金がショートしてしまうこともあり得ます。

 

ところでなぜ消費者金融やカード会社がリボ払いを推すのかというと、消費者金融やカード会社にとって大きな収益源になっているからです。リボ払いにするとポイント還元率が高いなどの特典を付けているのは、リボ払いで支払わせ、少しでも効率的に利益を得たいという会社側の思惑があります。この点をしっかりと理解しておかないといけません。

 

金利が高い

リボ払いは毎月定額を返済すればいいですし、中には月々数千円の返済から受け付けているような所もあります。一見すると利用客にとっては便利な制度と思われがちです。しかし実際のところ、消費者は損をする可能性が高いです。

 

なぜかというとリボ払いの場合、金利が高く設定されているからです。カード会社のリボ払いの金利手数料を見てみると年利で15〜18%前後に設定されているケースが多いです。これは利息制限法の上限金利に近い設定になります。つまり利息をかなり余計に負担しないといけなくなるわけです。

 

しかも返済期間が長期化する可能性が高いです。先ほども少し見たように月々数千円という定額の返済も認めている所もあります。一見すると返済しやすいように見えますが、少額しか返済しないということはどうしても返済期間が長期化します。

 

消費者金融やカード会社の利息は日割りで計算されることが多いです。返済期間が長期化すればするほど、利息の請求額は大きくなります。つまり消費者金融やカード会社から利益を取られるだけ取られる可能性も高いのです。

 

借金の意識の希薄化

リボ払いは、基本的にいくら借入やショッピングをしても定額です。このため、借金をしているとかカード会社に買い物代金を立て替えてもらっているという意識がどうしても希薄になりがちです。また利用限度額以内であれば、新しく借入できます。

 

それでも返済額は固定されているので、結局自分には今どのくらいの債務があるのかわからなくなってしまうのです。分割払いや借金に応じた返済額であれば、返済額が大きくなってくるにつれて「このままではまずい」という意識も働きます。しかし返済額が一定しているとその意識もなくなってしまいます。気がついたら借金がどんどん膨らんでしまうというケースも出てきます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る