医療費の自己負担額の一定の金額が払い戻される

病気やケガなどが原因で入院した際に、医療費が高額になる場合があります。普段から蓄えがあれば対処できるかもしれませんが、中には数百万円、数千万円するような高額な医療もあり、個人ではどうすることもできない場合もあります。そこで「高額療養費制度」が設けられています。これは、一定の金額を超えた医療費の支払いに対して払い戻しがある、という制度です。

 

これによって高度な医療を受けた際にも費用を大きく軽減させることができるため知っておきたい制度のひとつだといえます。この高額療養費制度は申請してから払戻しされるまでにおよそ3ヶ月間必要だとされています。つまり、医療を受け始めた3ヶ月間は自分でどうにか病院側に支払わなくてはならない、ということになってしまいます。

 

高額療養費の払戻し

高額療養費の申請を出して、それが認められることで払い戻しされます。その際には必ず審査を行っています。医療機関から提出された診療報酬明細書(レセプト)の内容を審査することでどれくらいの払戻し金があるのかを判断しています。それがおよそ3ヶ月必要となるため、十分な医療費を自腹で用意しておかなくてはなりません。

 

高額医療費貸付制度を利用しよう

もしも自分で医療費を用意するのが難しい場合は「高額医療費貸付制度」を利用するのもひとつの手です。こちらは医療費の支払いに充てる資金として貸付している制度で、高額療養費支給見込み額のおよそ8割が無利子で借りられます。支払いについては受け付けから2週間〜3週間程度で指定した口座に振り込まれる、という形になっています。

 

ですので、すぐにでも医療費を支払わなくてはならない、という場面では少し心もとない部分があるのも事実です。

 

消費者金融を活用する

このように、医療費に高額な支払いが発生してしまった場合はこれらの制度を上手に活用しなくてはなりません。しかし、高額療養費の払戻しは最短でも3ヶ月、高額医療費貸付制度を受けて借入できるのは2週間〜3週間かかってしまうことを考えると、蓄えのない人にとっては厳しいケースも考えられます。

 

そこで、これらの制度とは異なって金利が発生してしまうものの、即日融資、翌日融資に対応することができる消費者金融を利用することも検討してみましょう。

 

ひとまず支払わなくてはならない医療費を消費者金融から借入して、高額医療費貸付制度によって指定した口座に振り込まれたお金で返済する。そして高額療養費の払戻しが適用される3ヶ月後にはある程度資金に余裕が出てくる、という流れになります。

 

消費者金融を利用すると利息が発生してしまうから怖い、と思う方もいるでしょう。しかし、日割り計算での利息の発生となるためすぐに返済すればほとんど利息は発生しません。また最近では大手消費者金融を筆頭に無利息期間を設けているところが増えています。

 

例えば、大手消費者金融のひとつプロミスは初めて利用する方を対象とした30日間無利息サービス※を行っています。つまり、借入してから30日の間に返済できれば利息はかからない、ということになります。これらのサービスを活用して上手くやりくりすることも検討してみましょう。
※メールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る