国や自治体から支給されるお金が手に入るまでのつなぎに

災害に見舞われてしまった場合、お金に困ることもあります。例えば、建物が倒壊してしまったり、窓ガラスが割れてしまったり、生活に必要不可欠な自動車が使えなくなってしまったり、といった場合が挙げられます。

 

大規模な災害が起こった場合、国や自治体から様々な支援金が支給されるのですが、すぐに手元にお金が入るわけではありません。また各種保険に加入していれば保険金がおりてきますがこちらも実際に支払われるまでにそれなりの時間が必要となってきます。もしも今すぐにでもお金が必要な場面に迫られているにもかかわらずこれらの支援金や保険金を待っているのでは生活が成り立たなくなってしまうことも十分考えられます。

 

そのようなときに備えて貯蓄しておくことは大切ですが、誰もが貯蓄できる環境にあるとは限りませんよね。そこで重宝したいのが消費者金融です。

 

消費者金融は即日融資に対応できる!

現在ほとんどの消費者金融は申込みから審査をその日のうちに行い、即日融資、翌日融資に対応しています。そのため、災害による出費に対応しなくてはならないときにも、すぐに現金を手にできるため、非常にありがたいサービスだと言えるでしょう。

 

便利なことに間違いはありませんが「災害のおかげで消費者金融を利用せざるをえなかったけれど利息が気になる」という方も多いと思います。支援金が支給されてからそれを支払いに充てるのが良いのですが、その間に発生する利息についてはあまり気持ちの良いものではありませんよね。

 

そうならないためにも、無利息期間を設けている消費者金融を選ぶ、という方法もあります。例えば大手消費者金融の新生銀行カードローン レイクやプロミス、アコム、ノーローンは初めて利用する方を対象とした無利息期間を設けています。期間中に借入した金額を返済できれば利息は発生しないためこれを利用しない手はありません。

 

実際に3.11の大災害が起こった時に「消費者金融から借入できたおかげでどうにか生活することができた」といった意見も頻繁に耳にします。災害時こそいつも以上にお金の重要度が高まるため、もし仮にいま現在お金に困っていなかったとしても、万が一の災害に備えて消費者金融と契約したいと考える方も増えています。

 

災害で消費者金融に返済できなくなったら?

災害が起こる前に消費者金融からお金を借りていて、災害が起こったせいで会社が倒産してしまったり、収入が無くなってしまった場合は返済が難しくなります。そういった場合は消費者金融会社と交渉することによって支払い条件の変更が認められる場合があります。

 

本来ならたとえ大災害が起こったとしても利息は日割り計算で発生し続けてしまいます。しかし、大手消費者金融のほとんどは災害が起こった際にはコールセンターを設け、それぞれの減免や支払い条件の変更、返済期日の延長などに応じることがほとんどです。

 

このように、災害による状況や相談内容によっては柔軟に対応してくれることも多いのでまずは相談することをおすすめします。災害の支援金や保険金を返済に充てることも視野にいれておきましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る