車検の時も安心。多くの消費者金融は即日融資や翌日融資に対応

自動車を所有していると、数年に一度は車検を受けなくてはなりません。これは自動車の安全性を維持するために車の所有者に課せられた義務です。この車検にかかる費用というのはなかなか大きな金額です。

 

車種にもよりますが、数万円から数十万円のまとまったお金が必要となってきます。そのようなときに限って急な出費が重なって手元にお金が無くなってしまったり、気が付いたら車検の期日が近づいているのに準備できていなかった、ということはよくあります。しかし、車検に出さなければその自動車に乗ることはできませんし、人によっては生活がままならなくなってしまうことも。もしも車検代を準備できなかったときはどうすれば良いでしょうか。

 

やはりおすすめなのは消費者金融を上手に活用することです。大手消費者金融は数万円から数十万円まで融資してくれるため足りない車検代を補う、車検費用を用意するのにぴったりのサービスだと言えるでしょう。

 

消費者金融以外にも友人からお金を借りる、家族に頼る、といった方法もありますがお金が原因で不仲になってしまうケースも珍しくありません。やはり「お金を貸す」ことをサービスとしている消費者金融を利用するのが最もトラブルが少ないと断言できます。

 

消費者金融は車検費用に使える?

消費者金融から借入をする場合、それを車検費用に回しても良いものなのか不安に思うかもしれません。多くの消費者金融は借入したお金に関しては用途を問いません。つまり、買い物に使おうが、車検代にまわそうが全く問題無いです。

 

銀行でローンを組む場合は用途がハッキリと決められているため、それ以外に利用することはできませんが、消費者金融なら自分の好きなようにお金を使えます。

 

消費者金融のキャッシングやカードローンは限度額が決められています。この限度額の範囲内なら何度でもお金を借入できますし、返済した分だけ新しく借入することもできます。そのため、車検代のために借入したけれど、タイヤの溝が減っていたから新しいタイヤも購入したい、といった「追加でお金が必要になった場面」でも心強いです。

 

特に長年使い続けている自動車の場合は車検の結果新しくパーツを交換しなくてはならなくなったり、不具合な箇所がでてくることもあります。このような場面でも対応しやすいのは魅力的です。

 

利息はどれくらいかかってくる?

車検代のために消費者金融から借入をした場合、どれくらいの利息が発生するのか、がとても気になるポイントだと思います。利息は日割りで計算されているため、早く返済するほど小さくまとめることができます。例えば、車検代のために金利18%で20万円借入し、月々3万円ずつ返済する場合だと次の表の通りになります。

 

車検でカードローンを利用

 

この条件で返済すると8ヶ月目で完済できることになります。トータルでの利息がおよそ1万2000円かかるため、総返済額は約21万2000円です。一括で20万円を用意するのは難しいけれど、月々3万円ずつなら用意できる、という人にピッタリです。もちろん、月々の返済額をもっと大きく設定すればさらに短い期間で返済でき、利息もさらに小さくできます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る