消費者金融入門と基礎知識

在籍確認を回避する方法はある?基本的に在籍確認は必ず行うもの

更新日:

消費者金融のクレジットやキャッシングを利用する場合必ず審査を受けなくてはなりません。

その過程で行われている「在籍確認」は申請した通りに本当にその職場で働いているのかを確認する作業のひとつです。

在籍確認は絶対に行われている審査のひとつなのでこれを避けるのはかなり難しいでしょう。

在籍確認を回避する方法についてはインターネットで色々と紹介されていますが、基本的には自分たちで「在籍確認を無し」にすることはできません。これはあくまでも消費者金融側の判断で行われているものです。しかしいくつかの方法を選べば在籍確認を回避できることもあるのでチェックしてみましょう。

新規ではない

初めて借入をする場合はほぼ間違いなく在籍確認が行われます。しかし、新規の借入ではない場合、定期的に利用している場合などは在籍確認を省く場合もあるようです。

そのためにはクリーンなクレジットヒストリーが必要不可欠。他の消費者金融のクレジットやキャッシングを定期的に利用していて、なおかつ正しく利用できていれば回避できるかもしれません。しかしこのあたりについては消費者金融側の判断次第ですので確実とは言いがたいです。

おまとめローン

複数の他社借入をひとつの消費者金融にまとめる「おまとめローン」の場合も、目的や理由がハッキリとしていれば在籍確認をとらない場合もあるようです。しかしこれも確実性に欠ける部分があります。先述した通りこれまでのクレジットヒストリーがハッキリとしていれば在籍確認が省かれるケースのひとつだと言えるでしょう。

相談してみる

今働いている職場で外部から社員に対して電話かかってくることがまずありえない職場もあるでしょう。身内の方以外から電話が来ることがないところで働いているのなら在籍確認の電話が来た時点で周りの人たちに「何をした?」「消費者金融に申込みした?」と勘ぐられる可能性があります。

また社員のプライバシーを厳重に取り扱っている会社の場合は在籍確認の電話に対して「うちには○○という者はいませんが」といった対応を取る企業もあるようです。

もしもこれに当てはまる場合は消費者金融の担当者に相談することで在籍確認を電話以外の他の方法でとってくれる場合もあります。例えば社員証や在籍証明書、給与明細などを提出できればOKとすることもあります。

WEB完結型の消費者金融を選ぶ

在籍確認を回避する方法のひとつとして「WEB完結型の消費者金融を選ぶのもおすすめです。こちらは電話や郵送でのやりとりは行わず、基本的に全てインターネット上で申込みから審査、振込や返済の手続きを行います

ですので在籍確認の電話を行っていないところも多いようです。WEB完結型は自宅のパソコンだけでなくスマートフォンなど携帯端末からも申し込めるところがほとんどなので、今後はより一層ニーズが高まっていくことが予想されます。

ただしWEB完結型だからといって絶対に在籍確認を行わない、とは限らないので心配な方は担当者に相談するなどよく確認しておきましょう。

・在籍確認とは
在籍確認というのは、消費者金融から貸付を申し込んできた人が本当にしの会社に努めているのかなどを確認する為に電話するものです。これは消費者金融でお金を借りる際に必ずといってもいいほど行われている審査方法の1つです。

銀行などから融資を受ける際には、在籍証明書というものを提出するのですが、消費者金融の場合においては、電話での確認という形をとっています。

どのようにして在籍確認をするのか?

在籍確認と言うのはどのような方法で行うのでしょうか。
まず最初に行われる作業として、勤務先が実在しているのかということから始まります。

調べる方法として、

・住所から住宅地図で確認する。
・電話帳などで調べてみる。

という方法をとります。

さらには、本当に勤めているのかという事を確認するべく、

・勤務している会社の社長のフルネームを質問される
・今、現在所属している上司のフルネームを質問される

など勤めているからこそ答えられるような質問をされていきます。

この他にも、実際に、消費者金融の担当者によって直接会社に電話をかけ、実際に勤務しているかを確認するという方法があります。消費者金融でお金を借りている事がばれたくない人もいるかと思います。

在籍確認の際に会社に電話がかかってくるのですが、キャッシングの名前を出すんじゃないかと不安に思われる方もおられるかと思いますね。

在籍確認で聞かれるのは本当に在籍しているかどうか

消費者金融

キャッシングに申込みする際にはいくつかの項目に回答しなくてはなりません。氏名や住所、生年月日などの個人の属性に関する情報はもちろん、最重要項目のひとつとして「勤務している会社」そして「勤続年数」が挙げられます。

これは返済能力に直結する情報なので消費者金融側からすれば確実に把握しておきたい、そして確認をとっておきたいポイントとなります。

この判断によって「いくらまでなら貸付できるか」「そもそも契約を結んでも大丈夫か」と判断しています。

キャッシングでは自営業や個人事業主よりもサラリーマンの方が優遇されている、と言われています。これは毎月決まった日に決まった給料が支払われている、つまり安定した収入を得られることが最大のポイントだからです。そこで本当に申告通りに会社に勤めているのかを確認するために在籍確認を取っています。

在籍確認で聞かれる内容

それでは消費者金融からの在籍確認ではどのようなことを聞かれるのでしょうか。実は在籍確認で聞かれることはそう多くありません。

重要なことは「申込み者が本当にそこの会社に勤めているのか」です。

ですので「○○と申しますが●●さんはいらっしゃいますか?」と電話をかけてきます。申込み者本人が電話に出られれば一番良いのですが、電話を取れないこともありますよね。すると職場の人が「●●は現在席を外しております」「ただいま外出中です」と対応します。

在籍していることを前提とした対応だ、と判断できれば在籍確認はそこで完了です。要は本当にいるのか確認が取れればOKなわけですので、深いところまで突っ込まれることはありません。

ですので在籍確認だからといってあれこれ聞かれる心配はありませんし、それが元で職場の人たちにばれてしまう可能性もほぼ無いと言い切れます。勘の良い人は「企業名を名乗らないから在籍確認の電話かも?」と気づくかもしれませんが、そういう人はほとんどいないでしょう。またシラを切れば突き止めることもできませんよね。

在籍確認を怖がる必要は無い

キャッシングやクレジットを利用したいけれど在籍確認の電話が来るのが嫌だからなかなか申込みできずにいる人もいます。

しかし在籍確認は必要以上に怖がることは全くありません。というのも、在籍確認の電話については消費者金融自身も非常に気を使っているポイントだからです。これは貸金業法によって「申込み者以外の人に利用を広めてはいけない」と決められているから。

それはたとえ家族や職場の同僚であったとしても同じことです。この決まりがあるからこそ在籍確認で「○○消費者金融の○○です!」といったかけ方はせず、あくまでも個人名でかけてくるというわけです。

また在籍確認の電話からあれこれ聞かれてしまうのではないか、と心配している方も多いようですがそういったこともないので心配しなくても大丈夫です。

在籍確認を回避するのは難しい?

在籍確認の電話はできればしないで欲しい、とこちら側が思っていてもそれを判断するのはあくまでも消費者金融側となっています。ですので、基本的には在籍確認を回避するのは難しいものだと考えましょう。

WEB完結型の消費者金融などを選べば在籍確認無しで利用できることもあるのでそちらも検討してみてはいかがでしょうか。

勤務先の確認として在籍確認の電話を入れるのが一般的

消費者金融

キャッシングやクレジットの審査では勤務先への確認の電話(在籍確認)を入れるのが一般的です。これが気になる方も多いようです。

勤務先に確認が入ると上司や同僚、部下に借金をすることがバレてしまうと心配になる気持ちはよく分かります。

消費者金融を利用することがバレて昇進や社内での信用に関わってくるかもしれない、と思うとなかなか申込みしづらいのも分かります。

しかし、消費者金融が勤務先に確認を取るのはあくまでも「本当に在籍しているのか」を確認するためだけです。ですので必要以上に詳しく尋ねられたり、わざわざ消費者金融であることを名乗る心配は全くありません。周囲の人たちにバレる心配もほぼ無いので安心して申込みできます。

勤務先への確認の方法

それでは勤務先への確認の方法についてですが、こちらは一般的に電話での確認が主流となっています。消費者金融の担当者が個人名で電話を入れます。決して「○○消費者金融の○○ですが○○様はご在籍ですか?」といったストレートな電話はかけてこないので安心してOKです。

「○○と申しますが○○様をお願いします」といった個人での電話を入れてくるので全く問題無し。もしもあなたが席を外していたとしても「○○は現在外出中ですが」といったやりとりを職場の人がしてくれれば、それで在籍確認は完了となります。ちなみに申込み者本人が電話に出た時に初めて「○○消費者金融の○○ですが・・・」という対応に切り替わります。

自営業者など人によっては自宅が勤務先となっているかもしれません。もしも配偶者や家族にばれたくない方でも、きちんと本人が電話に出るまで消費者金融であることを伏せてくれるので安心。

いくつかの消費者金融は確実に本人が電話対応できるように、時間帯を指定できるので気になる方は相談してみるのも良いかもしれません。全ての消費者金融が電話の時間指定ができるわけではないので、事前に確認しておきたいところです。

勤務先への確認の電話が難しい場合

職場によっては勤務先に電話かかってくること自体がまずありえないところもあります。そうなると勤務先の確認が難しくなってしまいます。もしも当てはまる場合は事前に消費者金融の担当者に相談しておくことをおすすめします。

というのも、そのような利用者が増えてきており、対応しなくてはならない場面が増えているためより柔軟な勤務先の確認を行っているからです。例えば、社員証や在籍証明書、給与明細書などを提出することでそれを勤務先の確認としている消費者金融もたくさんあります。最近主流となりつつあるWEB完結型の消費者金融の場合はほとんどがこの方式を採用しています。

ちなみに、電話による在籍確認が取れなかった場合は本当にそこの会社に勤めているのか怪しい、という理由で利用限度額をあえてかなり少なく設定して2、3ヶ月間様子を見てから判断する、というケースもあるようです。疑問に思うことや、不安に思うことがあったらまずは気軽に担当者に電話で相談してみてください。柔軟に対応してもらえることも多々あります。

個人情報の取り扱いに関して

最近では個人情報の取り扱いが厳格化されており、申込者のプライバシーを損なうような行為があってはいけないというふうになっています。消費者金融数社に問い合わせたところ、在籍確認の際に「社名は一切出さない」という回答を得る事が出来ました。

個人情報の保護の都合上、社名は出さないというより、出せないというのが現実のようです。

では、どんな形を装うのかというと、例えば、友人や親戚を装うケースが多いようです。もちろん、会社に友人や親戚から電話がかかってくる事自体が不自然という場合もありますので、その際には、例えば生命保険の営業マンを装って電話をしてくるようです。在籍確認と言うのは、会社に確認の電話を入れることですが、この他にも「在宅確認」というものがあります。

これは、自宅に電話をかけて確認をするという物です。在籍確認同様に、その家に本当に住んでいるのかという事を確認する物です。住民票に誤りはないか?身分証明賞に偽りがないかを確認するのが目的です。在籍確認の結果を踏まえ、審査状況は変わっていきます。

例えば、勤務先に連絡しても、誰も出ない状況であったり、電話が使えない状況になっていたりした場合、電話が転送扱いになっていたりすると、審査として成り立たないという状況になりますので、融資に響きます。その理由として、ペーパーカンパニーなどの疑いが発生する為です。

もちろん、会社が実在していても、電話に出た方が「そんな人は在籍していません」や「その方は退職しましたよ」などと言われた場合も融資は不可能となります。

しかし、在籍している会社では社員として登用されておらず、派遣社員として働いている場合は、派遣会社に登録されている事実がわかればOKという場合もあります。

スムーズに確認が出来るようにしよう

近年、消費者金融の審査というものは短時間化しています。その為、申し込みから30分程度で融資が可か不可を審査しなければなりません。その為、手続きがスムーズに行われない場合は、融資が不可能となってしまう可能性もあります。即日融資を希望している方なら、なおさら短時間での審査が不可欠となってきます。

その為、借りる側の私たちも出来る限り円滑に審査が進むように配慮が必要であるといえます。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.