消費者金融入門と基礎知識

使用歴などの嘘はダメ絶対!

投稿日:

カードもの審査をスムーズにパスするために嘘をつく人も中にはいます。しかし、この嘘というのはほぼ必ずばれてしまうと考えて良いでしょう。当然、嘘がばれればカードローンは審査すら受けることができません。

例えば、年収などの嘘をついた場合、こちらは必ず収入を証明するための書類を提出しなくてはならないのですぐにバレてしまいます。年齢などについても同様にすぐに慣れるものだと考えてください。

また、カードローンを利用する上でとても多いのが「これまでのカードローンなどの使用歴」です。例えば、過去に返済が滞ってしまった経験がある方や、複数のカードローン会社を利用しているという方などが嘘をついて自分のカードローン履歴はとてもクリーンなものであるとアピールしたところで、それはすぐにバレます。というのも、カードローンを利用すると信用情報機関に記録が残るからです。この信用情報機関はいずれのカードローン会社も情報を共有することができるようになっているため、過去に返済することができなかったり、複数のカードローン会社を活用していたり、どこのカードローン会社を使っていたのかといったことまですべて記録に残っているので嘘をついたところですぐにバレてしまいます。むしろ、嘘をつくことによって審査の内容がより厳しくなると考えたほうが良いでしょう。

もしもカードローンを利用する上で嘘をつかなくてはならないほどのことがあったとしても、それを正直に話した方が良い場合もあります。例えば、複数のカードローン会社を使っていることを素直に話せばおまとめローンとして活用していくことができるかもしれません。

正直に話たからといってカードローンの審査をパスすることはできるとは限りませんが、嘘は厳禁であるということを覚えておきましょう。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.