消費者金融入門と基礎知識

日本貸金業協会の未加入業者は悪徳?

投稿日:

一昔前まで消費者金融と言えば悪徳のイメージが少なからずありました。これはいわゆる「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利を採用していたために悪いイメージがついてしまったり、またヤミ金業者や悪徳業者が横行していたのも大きな理由だと言えるでしょう。最近では大手の消費者金融をはじめ、クリーンな運営を行うことで着実に以前までのイメージは払拭されつつあります。その立て役者のひとつとして日本貸金業協会があります。

現在貸金業者のための協会として「日本貸金業協会」という自主規制機関が存在しています。この日本貸金業協会に加入していない消費者金融は悪徳なのか、という意見が頻繁に耳に入ってきます。はたして未加入業者は必ずしも悪徳と言えるのでしょうか。

日本貸金業協会とは?

日本貸金業協会は日本の貸金業界の自主規制機関として存在しています。要するに、貸金業界のトラブルをできるだけ避け、クリーンな運営ができる貸金業界を目指している団体だと考えれば分かりやすいのではないでしょうか。具体的な活動として次のようなものが挙げられます。

  • 自主規制の制定
  • 貸金に関する相談の対応約定の処理など
  • 日本貸金業協会加盟業者の監査

これらの活動を通じて貸金業者が適正なものにあるように常に努力し続けています。

加入しなくてはならない?

日本貸金業協会はあくまでも自主規制機関ですので必ずしも加入しなくてはならない、というルールはありません。任意で加入するか否かを決定できるため「未加入は違法業者」というわけではないのです。

貸金業を営むためには国もしくは都道府県に届出を出して登録されなくてはなりません。このハードルがかなり高く、いわゆるヤミ金や悪徳業者と言われているところは届出を出していない業者となります。ですので、悪徳やヤミ金を見極めるためには日本貸金業協会に加盟しているのか、ではなくきちんと届出を出して国に認められた運営を行っているのかを確認すべきです。ちなみに届出を出しているかを確認するためには登録番号をチェックするのが最も手っ取り早いです。財務局長または都道府県知事の登録を受けている場合登録番号が配布されます。この登録番号を参照すれば正規に登録されているか否かが分かります。悪徳業者の中には架空の登録番号を使うこともあるので、怪しいと感じた時は財務局や各都道府県の貸金業担当課に問い合わせてみましょう。

加盟業界は信頼できる?

国や都道府県に届出を出して公に貸金業を営むことができる消費者金融でも、やはり悪徳に近いような手口を働いているところも少なからず存在しています。ですので、安心して利用できる消費者金融を選びたい、と考えるのならやはり日本貸金業協会に加盟しているところを選んだほうがより安全だと言えるでしょう。もちろん、日本貸金業協会の監査が必ずしも正確なものとは限りませんが、少なくとも自主規制機関に監査されている立場にある業者は悪徳に手を出しづらいのは間違いありません。

大事なお金に関することですので、より安心して消費者金融を利用したいと考えるのなら日本貸金業協会加盟業者を選んでみてはいかがでしょうか。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.