消費者金融入門と基礎知識

無担保ローンってなに?メリットやデメリットを含めて解説!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

無担保ローンのメリットは?
無担保ローンと聞いてあなたは何を想像しますか?

担保が必要ないローンっていうことはわかるけど何が該当するかわからない

銀行の無担保ローン?

など、世間で一般的に出回っていますが、一部しか知らない方も多くいます。

実は私たちが普段利用している消費者金融からのキャッシングやローンなどはほとんどが無担保ローンに属するものです。

ここでは、その無担保ローンとはなにかを詳しく説明し、担保ローンとの違いも含めて解説していきます。

この記事を読めば、無担保ローンをお得に借りられる知識が身に付くので、ぜひ読み進めてくださいね!

無担保ローンってなに?

無担保ローンとは名前のとおり、担保不要で契約できるローンのことを言います。

代表的なものは次の3つです。

  • 消費者金融カードローン
  • 銀行カードローン
  • クレジットカードに付帯されるキャッシング枠

無担保ローンは、担保不要で申し込めるので、比較的申し込みやすいですし、審査スピードが早いのが特徴です。

ただし借入上限額が低めに設定されていること、そして金利が高い点も特徴として挙げられます。

各金融機関が取り扱っているローンの特徴を表にまとめると次のとおりです。

消費者金融 銀行や信販会社
担保の有無 ほとんどが不要 一部のローンは必要だが無担ローンも多く取り扱う
上限金額 銀行に比べると低め 全体的に高め
金利 高め 低め
審査 即日・翌日振込みに対応。審査内容は緩め 2週間から1ヶ月、あるいはそれ以上必要。また必要書類が多く審査は厳しめ

無担保ローンの基本的な情報として、次の2つをみていきましょう。

  • 無担保ローンの金利はどのくらい?
  • 無担保ローンに含まれるものには何がある?

それでは解説していきます。

無担保ローンの金利はどのくらい?

利用する金融機関によって、それぞれ設定されている金利が異なるため、一概には言えませんが、概ね次のとおりとなっています。

消費者金融、クレジットカードのキャッシング枠:3.0~18.0%
銀行、信販:2.0~14.5%

上記した金利は「カードローン(フリーローン)」と呼ばれる、使用目的を問わない無担保ローンの場合を挙げました。

無担保ローンの中でも「目的ローン」と呼ばれる、借りたお金の使い道が限定されるローンだと、もっと低金利で提供されていることが多いので覚えておきましょう!

無担保ローンに含まれるものには何がある?

上記したように、無担保ローンは基本的に「担保不要で契約できるローン」のことを言います。

代表的な無担保ローンは次の6つ。

  • 消費者金融のカードローン
  • 銀行のカードローン、
  • 目的ローン(フリーローン)
  • 自動車ローン
  • 教育ローン
  • クレジットカードのキャッシングなど

どれも私達にとって身近なローンと言えるものばかりですよね。

担保不要で申し込めるだけに、利用者が多いのが大きな理由と言えるでしょう。

無担保ローンのメリットやデメリット

無担保ローンの概要や、ローンの種類がわかったところで、次からは無担保ローンを選ぶメリットとデメリットについて解説していきます。

メリット

無担保ローンを選ぶメリットは次の3点が挙げられます。

  • 担保なしで借りられる
  • 審査と融資が早い
  • 手続きが簡単にできる

やはり大きいのは「担保無しで借りられる」という点です。

担保を用意するのは大変ですし、そもそも担保になりそうなものを持たない人はローンを利用できないことになってしまいます。

無担保ローンならわざわざ担保を準備しなくても、気軽に申し込めるのが嬉しいですよね。

また、担保ありのローンだと、価値を正確に見極めるのに時間がかかるため、審査時間が長くなってしまいがち。

「すぐにお金を借りたい!」といったとき、審査に1週間、2週間…とかかるのでは使い勝手が悪いですよね。

手軽に、そしてスピーディーにお金を借りられる。これこそが無担保ローン最大の魅力といえるでしょう。

デメリット

無担保ローンならではのメリットがある一方で、デメリットも少なからずあります。
具体的には次の2点。

  • 担保ローンより金利が高い
  • 借りられる金額が少ない

担保ローンは「もしも返済できなくても、担保があるから金利を低くしても大丈夫」なのが強みです。

返済できなければ、担保を失ってしまうものの、低金利・高額貸付に対応できます。

担保不要でお金を借りられる無担保ローンは、万が一返済できなかったときのリスクを考慮し、金利を高く、貸付額を小さく設定せざるを得ません。

メリット・デメリットを総合して考えると、無担保ローン・担保ローンを選ぶ基準は次のとおりとなります。

【無担保ローン】

  • 担保を用意できない(したくない)
  • できるだけすぐにお金を借りたい
  • 生活費の足しなど、少額の借入で十分

【担保ローン】

  • 担保になるものを持っている
  • できるだけ低金利を希望する
  • 目的があって高額な借入が必要

どちらに当てはまるかをよく見極めて、あなたにとって必要なローンはどちらなのかを判断しましょう!

担保ローンは一般的に不動産担保ローンのことを指す

ここまで無担保ローンをメインに紹介してきましたが、無担保ローンについても理解を深めておきましょう。

担保ローンで担保の対象となるのは「不動産」がほとんどです。

土地、家屋、物件…といったものが挙げられます。

担保ローンは「担保の価値=借入額」となっているのが特徴です。

つまり価値の高い不動産を担保に入れれば、それだけ高額融資が受けられることになります。

仮に土地の評価額が1,000万円だとすれば、1,000万円に近い金額を、低金利で借りられる!といった具合です。

担保となる不動産を所有していることが絶対条件ですが、高額貸付を希望する方は担保ローンを検討してみましょう。

まとめ

今回は無担保ローンの概要、メリット・デメリットなどを紹介しました。
ポイントをおさらいしましょう。

  • 無担保ローンは担保不要で契約できるローンのことで、消費者金融、銀行カードローンや、クレジットカードのキャッシング枠などが代表的
  • 審査時間が短く、すぐにお金が必要な人にピッタリ!
  • ただし担保ローンと比べて高金利・低融資

以上3点が本記事の要点となります。

この記事を参考にして、無担保ローンを理解し、自分にあったローンを選択してくださいね!

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.