消費者金融入門と基礎知識

ライフカードは消費者金融?それともクレジットカード?

投稿日:

ライフカードは、消費者金融会社と信販会社の両方の特長を兼ね備えたカードです。そもそも、1990年代までのライフは、旧日本長期信用銀行を主力銀行としており、経営環境は安定していました。

しかし知っての通り、バブル崩壊後の1998年、旧長銀は破綻。主力銀行を失ったライフは、2001年に消費者金融専業のアイフルの傘下に入ることとなり、経営環境が大きく変わりました。その後、アイフルが行政処分を受けたことが、さらにライフの経営に影響を及ぼします。アイフルの事業再生計画は2009年の終わりに成立しましたが、その中でライフの事業は縮小せざるを得ませんでした。

ライフは、信販事業、貸金事業、クレジットカード事業のすべてから撤退することになりました。これに伴い、営業拠点としていたライフキャッシュプラザ、チケット類や携帯電話販売、クレジットカード入会を取り扱っていたライフカード店舗を廃止。しかし、依然として650億円の貸付残高を残していた上、急増する過払い金の請求ものしかかっていたのです。

社員数も事業縮小とリストラを経て半数にまで減り、残った社員もやる気の出ようがありません。ライフはその後、クレジットカードやカード事業を開始するため、ライフカードという社名で新会社を作り、信販及び貸金業事業者として登録しました。

旧長銀の破綻以降のライフの歩みは、2001年にアイフルの傘下となりましたが、行政処分を受けたアイフルの事業再生計画の中で大幅な事業縮小やリストラを余儀なくされて窮地に陥り、10年を経て企業の存続をめざして新会社ライフカードを設立し再出発をはじめた、とまとめることができます。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.