消費者金融入門と基礎知識

消費者金融業者への過払い金返還請求

投稿日:

・グレーゾーン金利について
古来から消費者金融業界では「グレーゾーン金利」と呼ばれる金利がまかり通ってきました。

グレーゾーン金利とは、賃金業法と出資法の定める上限金利の差を悪用した金利のことです。賃金業法では、100万円以上の元本に対する上限金利は年15%、10万円~100万円までの場合は年18%、10万円未満の場合は年20%と定められています。しかし、出資法の「みなし弁済」を活用すれば29.2%までの金利が有効になります。

多くの消費者金融業者は、法の抜け穴とも言うべきこの例外規定を悪用して債務者から多額の金利をむさぼってきました。けれども、賃金業法が改定され、グレーゾーン金利が完全に撤廃されました。2006年に最高裁がグレーゾーン金利を認めない判決を下して以後、日本中で過払い金の返還を求める訴訟が急増しています。

過払い請求はスピードが命

自分が利子を払い過ぎたと感じている債務者は、可及的速やかに過払い金請求を行う必要があります。

言うまでもありませんが、債務者から回収する利子は消費者金融業者にとって唯一の利益です。そのお金を多くの債務者に一斉に返還しなければならないとなれば、資金力の無い会社にとっては死活問題です。事実、近年では大手と思われていた消費者金融業者が倒産に追い込まれる事例が増えています。万一過払い請求の対象となる会社が倒産してしまっては、本来取り返せたはずの過払い金が減額されてしまうことになります。したがって、債務者は他の債務者より一日も早く行動に移すことが重要なのです。

さて、実際に過払い金請求を行う際には、まずは自分の過去の借り入れ状況を確認することから始めねばなりません。これは、消費者金融業者に問い合わせればどなたでも照会可能です。電話であろうとメールであろうと構いません。法律により、業者は債務者の照会依頼を断れないことになっていますので、遠慮せずに積極的に問い合わせましょう。

次に、郵送されてきた資料をもとに、自分の支払った利子の総額、および金利を計算します。計算機さえあれば誰でも出来る簡単な計算ですが、もしも不安な人はプロの行政書士に依頼しても良いでしょう。

そして、自分が過払いに該当していることが証明されたら、業者に計算書を郵送して正式に過払い金の返還請求を開始します。この時、訴訟沙汰になった時のことも考慮して、内容証明郵便を活用しましょう。インターネットで検索すれば書類の作成方法を確認できますが、やはりこれも不安がある人は専門家に依頼すると良いでしょう。書類の作成を依頼すると費用が掛かりますが、法律のプロがバックにいれば万一の時も安心です。

到着した書類に目を通した業者から連絡が入り、具体的な過払い金の振り込み手続きについていくつか確認されるかもしれません。とはいえ、その打ち合わせが終われば、過払い手続きはほぼ完了です。

最後に

最終的に、業者から郵送されてきた債権放棄の書面に署名・捺印して返送すれば、全手続きは終了です。

しかし、業者も会社の金を守るために必死です。少しでも過払い金を減額しようと、債務者に泣きついてきたり高圧的な態度に出てきたりする場合があります。その時、ムキになって反発すると、最悪の場合法廷闘争にまでもつれます。裁判になると余分な費用がかさむため、過払い金を全額取り戻せても結果的に損をする可能性もあります。徹底的に争いたい方は別ですが、少しでも過払い金を取り戻せればよいと考えている方は、あまり熱くならずに適度な所で妥協することも重要です。

次に「申し込みブラック」の対策ですが、1ヶ月以内に審査を申し込んで良い消費者金融は2社まで!と覚えておきましょう。十分な期間を空けて申し込むことで、切羽詰っている状況にある人だと思われないようにするのがポイントです。

ブラックと判断されてしまうと、もちろん融資を受けることは難しく、あなたの置かれた立場はとても苦しいものになるでしょう。なお、気になるブラックの期間ですが、少なくとも5年間はその記録が残ってしまうのです。なんとしてもこの状況に陥らないように細心の注意を払わなければいけません。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.