消費者金融入門と基礎知識

クレジットヒストリーは5年から7年程度記録される

投稿日:

消費者金融を利用するとクレジットヒストリーが記録されていきます。もちろん、適度に利用してきちんと返済を行っていけば良いクレジットヒストリーを築きあげていくことができ、それが結果的に消費者金融会社との信頼関係を強くしていくことができるというわけです。

しかし、もしも返済に延滞が出てしまったり、返済できないような状況になってしまうと悪いクレジットヒストリーが記録されていってしまうことになり、他の消費者金融会社の審査を受けようと思ったけれど、審査すら受けることができなかったといった自体にもなりかねません。

このクレジットヒストリーを記録しているのは信用情報機関と呼ばれるところです。この信用情報機関はそれぞれの消費者金融会社などが個人個人の信用情報を確認するために用意されているもので、もちろん個人でも信用情報機関に問い合わせることによって自分のクレジットヒストリーを確認することも可能となっています。

消費者金融の審査を受ける場合、過去の使用履歴やどのような消費者金融会社を利用したことがあるのかといったことを問われると思いますが、これらをもし嘘をついて回答したとしても信用情報機関に記録されているクレジットヒストリーを確認すればすぐにバレてしまうことですので嘘をつくことはデメリットでしかありません。

信用情報機関に残されるクレジットヒストリーというのはおおむね5年から7年程度記録され続けると言われています。もちろん、必ずしもこの期間ずっと記録され続けているというわけではありませんし、場合によってはこれ以上の期間においても記録され続けることも考えられます。

もしも仮に過去にブラックな消費者金融の使い方をしてしまったとしても、クレジットヒストリーが消失するとされている5年から7年程度待ってみることで新しく消費者金融の審査を受けることができるようになる場合もあります。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.