消費者金融入門と基礎知識

保証人って不要なの?

投稿日:

保証人と聞くと何か大変なリスクを感じてしまいますが、消費者金融からの借入れには原則的に保証人は必要ありません。消費者金融というのは銀行などからの借入れをする場合と違い無担保・無保証人というのが基本になっていますから、契約の時に保証人を用意する必要はありません。消費者金融では利用者本人の信用でお金を融資していますからもともと借り入れる時に保証人を用意するという条件は無いのです。

ただし融資限度額を越えた金額を借り入れたいときに連帯保証人を求められることはありますが、一般的にはテレビのコマーシャルで知っているような大手の消費者金融では通常のキャッシングで保証人を設定することはありません。

もしも消費者金融が審査の段階で利用者の信用に問題があれば、保証人を立ててまで貸し付けることよりもお断りするほうがリスクが少なくて済みますから、借入れの申し込みをしたときに無理に保証人を設定するように要求する消費者金融は避けた方がよいでしょう。消費者金融から借り入れるときにほとんどの会社が無担保・無保証人が一般的です。

銀行や他の金融機関から借入れをするなら連帯保証人を必要としますが、小口の利用者がほとんどの消費者金融では返済のリスクよりも「借りやすさ」を優先しているからなのです、逆に言えば消費者金融を利用する人が保証人を立てなければならないような信用状態では、消費者金融からの借入れは難しいということになります。

消費者金融はあくまで利用する人の「信用状況」で融資するので、その人の信用次第では希望する融資額では借入れすることが出来ないケースも出てきます。

消費者金融の審査は各会社によって基準が違いますから、仮に一社の審査で落とされたからといってもその他の消費者金融からの借入れも出来ないというわけではありませんが、信用状況によっては借入れ限度額が低く設定されて小口の融資しか受けられないこともありますが、現在の自分の信用状況を知ることにもなるわけですからこれ以上の借入れはしないと決めるのも消費者金融の賢い利用方法なのかもしれません。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.