消費者金融入門と基礎知識

消費者金融から借りたお金・資金用途は自由?

投稿日:

消費者金融から借りたお金は基本的には資金用途は特に何も決められておらず、自由に使って問題ありません。そのため消費者金融からの借入のことをフリーキャッシングと呼ぶ人もいます。銀行などの金融機関から受けるローンの場合はハッキリと資金用途が決められていることがほとんどです。例えば住宅ローンだと住宅のための資金として使う、自動車ローンだと自動車購入のための資金として使う、と言った具合です。消費者金融から借りたお金に関しては自由に使うことができるため利用しやすいのも大きな特徴だと言えるでしょう。

必ず資金用途は問われる

消費者金融に申し込みをする際に必ず資金用途について尋ねられます。もしもこのときにパチンコやパチスロ、競馬、競艇などのギャンブルに使う、他の消費者金融の借金返済のために使う、といった理由だとまず間違いなく審査に落とされてしまいます。いくら用途は自由とは言っても使い方の印象が悪いとそれが理由で落とされてしまうこともあります。理由はいうまでもありませんが、きちんと返済できる信頼できる人間にお金を貸したいと考えているため、これらの資金用途で借入するのはほぼ不可能です。特に他の消費者金融の借金返済のために借入したい、という理由だと多重債務に陥っている、あるいは多重債務になろうとしているわけですのでやはり信用できないと判断されてしまいます。

資金用途は「生活費」が無難

もし仮にギャンブルや他の消費者金融への返済のために借入をしたいと思っていたとしても、資金用途は生活費に充てる、と答えておいた方が無難でしょう。実際にいくつかの消費者金融の公式ホームページを見てみると「借りたお金の資金用途は生活費のために使ってください」といった内容が記載されているのが見受けられます。

生活費と言っても実に幅広い意味を持っているため資金用途としては「自由」と定義して問題ありません。例えば毎日の食費に充てるため、季節に合った服装を整えるため、リフレッシュのための旅行費用など色々なものが生活費として判断できます。

また生活費の他にも冠婚葬祭や病院の治療のためなど特別な理由がある場合は資金用途として比較的印象が良いとも言われています。生活費に困っている人は返済能力が低いのでは?と判断される可能性もあるので、明確な理由があるのならそちらを優先させた方が良いです。

事業資金にも使える?

消費者金融から借りたお金の資金用途は自由となっていますが、一部の消費者金融のホームページを見ると事業資金として使うことは禁止する、と記載されている場合もあります。しかしいくつかの消費者金融は事業資金にも問題なく利用して良い、と明示しているためこのあたりは申し込みする前に問い合わせた方がより確実だといえます。また最近では事業資金用のビジネスローンも充実しているので事業資金のために消費者金融から借入を検討している方はそちらを選んでみるのも考慮しておきましょう。もちろん、銀行などの金融機関から融資が受けられるのならそれに越したことはありません。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.