消費者金融入門と基礎知識

消費者金融の審査基準は緩い?

投稿日:

お金を借りる、となると消費者金融を利用するのが一般的になってきました。以前までは銀行からお金を借りる、という選択肢もありましたが、現在は個人の場合だと消費者金融を利用するのが普通です。これには大きな理由があり、銀行などと比べると消費者金融の方が審査基準が緩いからです。現在の消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは保証人や担保を用意しなくても利用できるものばかりです。この点だけでも審査基準が緩いと言えるでしょう。

誰でも利用できる?

比較的審査基準が緩いと言われている消費者金融ですが、必ずしも誰でも申し込みすれば利用できるとは限りません。審査がある以上落ちる可能性も十分あります。

消費者金融にも色々な会社がありますがそれぞれの会社によって審査基準が異なるのも事実です。例えばA社では落ちてしまったけれどB社はスムーズに審査をパスできた、という話もよく耳にします。具体的な審査基準が公表されているわけではないため、何が原因で落ちたのか、通ったのかを判断するのは難しい部分がありますが、少なくとも十分な返済能力を持ち合わせていないと審査を通るのは難しいのは間違いありません。具体的には現在の職業や年収などが返済能力のひとつとして考慮されています。

審査基準が緩い消費者金融は?

消費者金融の提供している商品はそれぞれでターゲットが決められていることが多いです。従来であれば消費者金融から借入できるのはサラリーマンなどの正社員で安定した収入を持っている人だけ、なイメージがありました。しかし最近ではフリーターや主婦、なかには学生でも利用できる商品も登場しています。もちろん自営業者のための商品も数多く存在しています。

これらの安定した収入が保証されていない人でも気軽に利用できる商品は従来のものと比べると審査基準がかなり緩いと判断できます。

では何が違うのかというと、借入できる限度額が低めに設定されていたり、金利が利息制限法の上限に設定されている場合が多いです。もちろん必ずしもこれが当てはまるとは限りません。職を問わずに申し込みができるけれど限度額が高めに設定されているものもたくさんあります。

ですので、なかなか審査に通らない方はこれらの正社員以外の方でも手軽に申し込みできるところを探してみてはいかがでしょうか。



審査基準が緩い 審査基準が厳しい
・正社員以外でも申し込みできる
・限度額が低めに設定されている
・金利が高め
・女性専用、学生専用、自営業者専用などターゲットが明確
・消費者金融以外の金融機関(銀行など)
・限度額がとても高い
・金利が低め

仮審査を受けてみよう

ネットの口コミなどで審査基準が緩いと言われている消費者金融でも、申し込めば必ず審査に通るとは限りません。複数の消費者金融に同時に申し込みをしてしまうと信用情報機関に名前が登録され、マークされることがあるので闇雲に申し込みすることはおすすめできません。とはいえ、実際に審査を受けてみないと借入できるか分らないため不安になる気持ちもよく分かります。

そこでおすすめしたいのがそれぞれの消費者金融のホームページなどに用意されている仮審査サービスです。こちらは実際の審査とは異なり、信用情報機関に名前が登録される心配はありませんし、数分で仮審査の結果が分かる便利なサービスです。本審査と比べると精度が低く、必ず仮審査の結果通りになるとは限りませんがひとつの目安としてとても便利です。まずは仮審査を受けてみてその消費者金融の審査に通りそうかを確認してみましょう。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.