消費者金融入門と基礎知識

貸し倒れってなに?消費者金融や銀行の不良債権について解説していきます!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

債務者の貸し倒れ

お金を貸してビジネスをしている消費者金融や、銀行からすれば貸した金額分の利息を払ってもらうことで利益を上げているので必死です。

その中でよくある問題が

返済できないからずっと放置している

借りたお金をもう返済できないから自己破産をする

という選択をする債務者です。

金融会社からして、中でも最も避けたいのが「貸し倒れ」です。

この貸し倒れはどの消費者金融でも少なからず起こっていることだと言われています。

消費者金融は貸し倒れの件数自体は少ないですが、件数が増えるとその分だけ損失が大きくなるため、結果的に倒産の危機が訪れる可能性も十分考えられます。

それに備えて「貸し倒れ引当金」という資金の蓄えを用意しているところがほとんどです。

ここでは、貸す人と借りる人の公平な立場から貸し倒れについて解説していきます。

これを読めば、貸し倒れについてよく理解でき、お金を借りることについて知識が深まります。

ぜひ読んでみてくださいね!

どういうものを貸し倒れというのか?

借りている人が、お金を返せなくなり、差し押さえなどを行っても、貸付金や売掛金などが回収できなくなることです。

自己破産をされた場合や、任意整理をされた場合も含まれ、貸し倒れになった不良債権は金融会社の損益となります。

消費者金融が貸し倒れになる確率は極めて低い

消費者金融は貸し倒れ率が低く、その損失もあまりないと言われています。
その理由としては以下の2点が挙げられます。

  • 貸す人を審査で見極めている
  • 不良債権を裁判でしっかり回収する

詳しく見ていきましょう。

貸す人を審査で見極めている

消費者金融では、お金を返してくれそうな方には、そもそも貸しません。

また、貸し出す際の限度額についても初回では50万を限度としています。

これは、返せる範囲の貸し出しを行っているからであり、信用が見込める人にしか、限度額をあげることはしないのです。

不良債権を裁判でしっかり回収する

不良債権が大きくなる前に、督促や、自宅訪問などをして、貸したお金を返してもらうために、違法にならない取り立てを行っています。

電話で催促などの優しい取り立てが過ぎれば、債務者が3ヶ月程度延滞したところで、法的な処置に切り替えることが多い。

最終的には差し押さえで、少しでも多く返済してもらうお金を取り戻そうとしますが、中にはほとんどが差し押さえるものがなく、回収不可能となる場合もあります。

お金を貸してくれた相手に対して返さないことはルール違反

消費者金融や銀行などは、ルールに基づいてお金を貸しています。

お金の信頼度というのは、目に見えないものなので、申し込み者のこれまでの経歴をみて、審査を行い、貸付を行っています。

そのため、審査が厳しいといわれてもおかしくありません。

この視点からみると、法的な処置をとって、お金を回収する消費者金融と、約束を守らずに、お金を返さない債務者どちらが悪者かわかりますよね。

まとめ

ここまで、貸し倒れについて説明してきました。

ポイントをまとめると以下の3点が重要です。

  • 貸し倒れは貸したお金が返ってこないこと
  • 消費者金融は貸し倒れになる確率が低い
  • お金を貸して返さないことはルール違反

信頼は積み重ねるものであって、掴み取るものではありません。

金融機関を利用する際には、この記事を参考にして、お互いフェアな取引をしてくださいね。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.