消費者金融入門と基礎知識

消費者金融の貸し倒れとは?実例もあわせて解説

投稿日:

急な出費に対応しなくてはならない、何かと出費が多くて生活費が足りなくなってしまった。お金が必要になったときに重宝するのがカードローンやキャッシングサービスです。これらを上手に活用することで私たちの生活を助けてくれます。しかし、計画性も無しに借入してしまうとうまく返済できなくなってしまうこともあります。消費者金融などを利用する側からすると返済額はどんどん膨れ上がってしまいますし、催促の連絡が次々とやってくるため精神的にもプレッシャーがかかってきます。もちろん計画的に利用すれば非常に便利なサービスなのは間違いありません。

消費者金融側からすれば利息を払ってもらうことで利益を上げているので必死です。中でも最も避けたいのが「貸し倒れ」です。貸し倒れとは貸したお金が返ってこない、売掛金が返済されないまま放置されて、損失となることを言います。要は貸したお金が返ってこない状態です。この貸し倒れはどの消費者金融でも少なからず起こっていることだと言われています。貸し倒れの件数が増えるとその分だけ損失が大きくなるため、結果的に倒産の危機が訪れる可能性も十分考えられます。それに備えて「貸し倒れ引当金」という資金の蓄えを用意しているところがほとんどです。

どうやったら貸し倒れ状態になる?

実は借金というのは時効があります。消費者金融などから借入してから最終取引日より5年が時効です。時効になってしまうと借金は消滅するため貸し倒れ状態になります。そこで一部の利用者は最初から貸し倒れ状態を狙って借入していることもあります。しかしたとえ5年以上経過して時効が成立していたとしても、再び督促されて1円でも支払いすると時効が中断されてしまいます。借りたお金を返済するのは当然の義務なのですが、貸し倒れ状態になっているのに再び債務が生じることは覚えておいて損ではないでしょう。

債務整理も貸し倒れ扱い

消費者金融のカードローンやキャッシングサービスを利用していたけれどとても返済できない、という場合は救済措置として債務整理が選択できます。任意整理や個人再生、自己破産などが債務整理に当てはまります。これらは債務者と債権者が話し合うことで返済できるプランを再び考え直す、というもの。中でも自己破産は特に有名です。自己破産が認められた場合は債務者はすべての債権を免責されることになるため、消費者金融からすると完全な貸し倒れ状態だということになります。そのため一部の消費者金融は自己破産されるくらいなら大幅に返済額を減らす任意整理に応じる場合もあります。

貸し倒れの実例を紹介

上記した通り貸し倒れには大きく分けて2つのパターンがあります。それぞれの実例を紹介していきます。

5年以上返済しなかった

Aさんはある消費者金融から借入を受けていたのですが徐々に返済するのが苦しくなってきて、そのうち全く返済しなくなりました。当然消費者金融は催促をするのですがそれを完全に無視。法律上強制取り立てはできないため消費者金融は粘り強く督促し続けるしかありませんでした。5年以上の時間が経ってついに借金は時効に。Aさんは貸し倒れ状態を作り出したのですがそれが原因で信用情報に傷がつき、それ以降他の消費者金融からも借入できない状態になってしまいました。

自己破産からの貸し倒れ

Bさんは複数の消費者金融から借入を続けており、返済するのが不可能だと判断したため裁判所に申し立てて自己破産を行いました。その結果多額の貸し倒れが発生し、Bさんは第2の人生を歩き始めます。しかし、思うように生活費が稼げず、再び消費者金融から借入を行おうとしましたがどの消費者金融からも相手にされず、結局厳しい生活を送り続けることになりました。

これらの実例のように一度貸し倒れが起こると2度とその消費者金融から借入をするのは難しいと言わざるを得ません。一般的な信用情報機関に登録される期間は5年から10年程度だと言われていますが、それとは別で「自社ブラック」も存在しています。一度自社ブラックに登録されてしまうとその消費者金融はもちろん、グループ会社からも借入できなくなってしまうためやはり貸し倒れはリスクが高いと言わざるを得ません。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.