繰り返し借りる事態になる前に返済可能か検討しよう

生活費のために繰り返し借りることで多重債務に陥ってしまう方がいます。多重債務に陥るきっかけは人それぞれですが、リストラなどによって生活費を十分に稼ぐことができず、それを補うために消費者金融から繰り返しお金を借りる生活を繰り返していればいずれ破綻するのは当然のことです。そのうち消費者金融にお金を返すために他の消費者金融から借入をするようになったら多重債務が始まっているといえます。

 

生活費のために繰り返しお金を借りるだけでなく、様々な理由から多重債務に陥ってしまうことがあります。例えば、クレジットやキャッシュを使って無計画に買い物をし続けたり、生活費だけでなく事業資金の資金繰りのためにお金を借り続けていたり、とても返済できる状況ではないにもかかわらず借入してしまった、といったケースが挙げられます。また自分自身が原因ではなく、友人や知人に頼まれて連帯保証人になった結果借金を背負うことになり、それを返済する過程で生活費が足りなくなって繰り返し借りる、というケースも少なくありません。

 

また現在の消費者金融は1度審査をパスするとコンビニATMや提携している銀行ATMから手軽に借入と返済ができるようになっています。また即日融資にも対応しているところが増えているため、特に若い人たちを中心に広がっているのが「安易なキャッシング」です。お金が足りなくなったらすぐに借入できる便利な現状は「コンビニキャッシング」とも言われています。

 

繰り返し借りる生活から脱却

生活費のために繰り返し消費者金融からお金を借りる生活を送り続けていると、利息分多く出費していることになりますし、何より返済しなくてはならないというプレッシャーが常にかかり続けて心身ともに疲労してしまいます。ではどのような点に気をつければ生活費のために繰り返し借りる生活から脱却できるでしょうか。

 

返済能力を上げる

消費者金融のほとんどは繰り上げ返済に対応しています。そのため毎月決められた金額にプラスしていつもより多く返済することも可能です。できるだけ短期間で返済し終わった方がトータルの利息を小さくまとめられるので繰り上げ返済ができるような返済能力を身につけられるのが一番です。例えば給料のアップや副業などで収入を増やす、支出を抑えて浮いたお金を返済に充てる、といった方法が挙げられます。

 

債務整理

一生懸命働いているけれど返済のメドが立たない、このままでは生活が成り立たない、という場合は債務整理を選ぶのもひとつの方法です。債務整理とは任意整理や特定調停、個人再生、自己破産など借金を法的に整理する救済措置です。一度債務整理を行うと消費者金融から借入できなくなってしまうこともありますが、現在の借金を返済できる内容に変更できます。返済額を少なくしたり、月々の返済額を減らしたり、債務整理以降は利息が発生しないようにする、といった返済しやすい内容となります。

 

債務整理の例

任意整理 今後の金利を無くして借金の返済額を減額することで返済しやすくなる債務整理
個人再生 裁判所を通じて借金を3年もしくは5年かけて分割で返済する債務整理。住宅などの財産を手放さずに借金返済ができる
自己破産 すべての債務を免責できる債務整理。最低必要限なお金以外はすべて手放すことになる

 

公的貸付も視野に

今ある収入だけでは生活が成り立たない人のための社会的な保証のひとつとして「公的貸付」という制度があります。例えば低所得者、障害者、高齢者、失業者などに対する生活福祉資金貸付制度や、ハローワークの職業訓練を受講している際の給付金制度である訓練・生活支援給付、生活に困窮する方のための生活保護などがあります。これらの公的貸付は誰でも受けられるわけではありませんし、金額自体も決して多くはありません。しかし消費者金融と比べると金利の心配がないのは大きなポイントです。生活費のために何度も繰り返しお金を借りているような生活を送っているのなら一度公的貸付について相談してみるのも良いでしょう。

 

公的貸付の例

生活福祉資金貸付制度 高齢者や障害者などの生活の安定や自立を図るための低利貸付制度
臨時特例つなぎ資金 公的な給付が開始されるまで生活が厳しい人のための貸付制度
住宅手当 離職中で就労意欲のある方の中でも住宅がない、あるいは喪失する恐れのある方のための制度
訓練生活支援給付 ハローワークの職業訓練中の生活費の給付制度
教育ローン 入学金や授業料などが学校納付金に必要な費用の融資
緊急小口資金 医療費の支払いや給料の盗難など緊急時に一時的に生計が厳しい場合の貸付
児童手当 児童を養育している人を対象とした支給制度

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン

生活費のために繰り返し借りるのは多重債務の危険性あり?/ 消費者金融エスプレッソ関連ページ

銀行系カードローンの長所
ブラックの意味、ご存知?
利息の計算方法
消費者金融選びで気をつける事
限度額は重視しなくてもよい?
ヤミ金融には気をつけよう
借り換えで返済は楽になる?
保証人って不要なの?
ネット自動審査と本審査の違い
借りたお金の「時効」について
過払い金返還請求
返済方法の種類
名義変更について・その方法
申込む際に必要なもの
返済する場所はどこ?
人気会社から借入するのが得策
なぜ審査に通らない?その理由
債務整理について知っておこう
審査の甘い消費者金融業者
総量規制の影響は?
在籍確認をしない消費者金融
ライフカードは消費者金融?
個人情報を業者に教えるリスク
自動車ローンがある人の融資
郵便物が送られずに済む方法
遅延損害金って何?
無人契約機での申し込み
土日・祝日に申込・審査が可能?
使用歴などの嘘はダメ絶対!
クレジットヒストリーの記録
返済できなくい時の差し押さえ
退職後に審査は通る?
無担保で借りられる
申し込みが多い時期
ATMの利便性
自己破産後も借りられる?
選定基準には何がある?
旅行先のキャッシング活用術
入会金の費用
審査基準は緩い?
インターネットキャッシング
いざという時の強い味方
買い物のための枠
未加入業者は悪徳?
提携ATMの手数料
消費者金融利用前の心構え3か条
ゴールデンウィークの資金不足
信用保証って?
銀行系とノンバンクの違い
消費者金融の貸し倒れとは?
新しいルール割賦販売法
出資法とは?
消費者金融の取り立てのルール
借りたお金・資金用途は自由?

このページの先頭へ戻る