消費者金融入門と基礎知識

融資限度額は重視しなくてもよい?

投稿日:

消費者金融を利用する時に「自分はいくら借りられるだろう」と心配になってしまうことがありませんか?ある程度の金額が必要な場合には、それだけの金額をキャッシングできるだろうかと心配になってしまうこともあるかもしれませんが、最初から借りられる金額の上限(融資限度額といいます)が高く設定されている場合は安易なキャッシングをしてしまうこともありますから気をつけましょう。

消費者金融会社に申し込むときには必要な書類を揃えて一定の収入があればほとんどの場合はキャッシングを利用することが出来ますが、通常では最初のキャッシングで利用できる金額の上限はそれほど高くありません。

しかしその後もきちんと利用していると(返済も含めて)消費者金融会社側が利用できる融資限度額を引き上げてくれることがあります。これは消費者金融会社があなたにもっとキャッシングをして下さいとお願いをするために引き上げたとも言えますが、実際は消費者金融会社側にとってのあなたの信用度が上がったのだと考えるべきでしょう。

ですから借入れ限度額が引き上げられたからといって、必要もないのに安易にキャッシングする必要もありませんし、今までどおり自分の返済能力に対して適正な借入れ額を守って利用するべきです。

また引き上げられた借入れ限度額は元の金額に戻してもらうことも出来ますので、心配な人は窓口で相談してみてはいかがでしょう。重要なのは融資限度額が引き上げられたからといってその分自分の返済能力が高くなった分けではないのですから、キャッシングをするときには融資限度額よりも自分の返済能力を重視して下さい。

最初から融資限度額が高く設定されている消費者金融会社がたまに見られますが、安易に限度額の高いところを利用してしまうのではなく必ず金利の設定や、サービス面を見比べてからにしたほうが余計なトラブルを防ぐことが出来るのです。

人間というのは制限されていたことを緩和されると自分自身のニーズもそれに合わせて引き上げる傾向があり、一度引き上げたレベルを元の状態に戻すことは難しいといわれます、便利になったキャッシングですがその利用次第では自分の返済能力を越えた借入れをしてしまう可能性もありますから慎重にお考え下さい。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.