消費者金融入門と基礎知識

遅延損害金って何?

投稿日:

キャッシングで借りたお金は、毎月決められた方法で、返済する必要があります。キャッシング会社の多くでは、返済日が決められていますが、自由に設定できたり、複数の返済日から選ぶことができる業者も多くあります。

もし返済日に、約束通りの返済ができないことがあれば、数日以内に消費者金融側から、返済を督促する連絡が入ることになります。うっかり忘れてしまった、また返済するお金がないなど、どんな理由であっても返済日が遅れると、契約上は損害賠償金を支払う義務が出てきます。

その損害賠償金のことを、キャッシングの場合には遅延損害金と呼びます。遅延損害金については、その内容や条件が契約書に明記されていますので、事前にしっかりと確認しておく必要があります。

遅延損害金の考えかた

遅延損害金は、返済が遅れた時に発生します。いわば損害賠償金としての意味を持つものですが、その金額の算出方法は、法律で決められています。またこの考え方は、キャッシングに限らず、銀行で融資を受けた場合や、クレジットカードの支払いの返済が遅れた場合などと同じです。

これらの契約を結ぶときには、必ず延滞損害金の金額を算出する際の年率が契約書に明記されています。これを遅延損害金利率と呼びます。この遅延損害金利率についても、通常の利息と同じように、利息制限法で利率の上限が法律で決められています。その利率は当然、通常の金利よりも高く設定されています。

法律で決められた遅延損害金利率の範囲

・元本が10万円未満で、その利息が年利20%以下の場合・・・遅延損害金利率 29.2%以下
・元本が10万円以上100万円未満で、その利息が年利18%以下の場合・・・遅延損害金利率 26.28%以下
・元本100万円以上で、その利率が年利15%以下の場合・・・遅延損害金利率 21.9%以下

となっています。

遅延損害金の計算方法

通常借りているお金の利息は、元金(残高)全体に対してかかりますが、遅延損害金は、返済がおくれた部分の金額にのみかかります。あくまで例ですが、10万円の返済が10日間遅れたとしましょう。それを遅延損害金利率20%で計算してみます。

まず通常の返済分が10万円+その利息になります。そしてそこに、遅延損害金がプラスされます。遅延損害金利率は年率ですから、年率20%を365日で割ると、1日あたりの利息は0.05%になります。10万円が10日間遅れているので、10万円?10日?0.05%で遅延損害金は500円になります。つまりその時点の支払額は10万円+通常の利子+500円となるのです。

返済が遅れて問題になるのは、遅延損害金だけではありません。繰り返し返済が遅れることがあると、個人の信用情報に傷がつき、新たな融資が受けられなくなる場合があります。またそのような情報は、業者間で共有されている部分もあり、他の業者からも融資を受けることできなくなる可能性が出てきます。

そうなると、その後の生活に大きく影響することになりますから、計画的に利用することが大切です。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.