消費者金融入門と基礎知識

中小企業の資金調達の信用保証って?

投稿日:

中小企業や小規模事業者が資金調達を行う際、一般的には銀行などの金融機関からお金を借りることになります。しかし、審査の内容は非常に厳しく、誰でも簡単に融資が受けられるわけではありません。また仮に融資を受けられるとしても枠が少なくて思ったような資金調達にならないこともあります。そこで多くの中小企業や小規模事業者が満足のいく資金調達のために利用しているのが信用保証です。

信用保証とは信用保証協会が中小企業や小規模事業者が金融機関から事業資金を調達する際に保証人となることで融資が受けやすいようにサポートしてくれる公的機関のことを言います。全国各地に信用保証協会が存在していて、地域密着型の業務を行っています。そのため現状として中小企業・小規模事業者は資金調達を行うときはまずは信用保証協会に相談するところから始まるのが一般的です。

ほとんどの中小企業が信用保証を利用

日本企業全体の99.7%が中小企業、そして小規模事業者によって構成されています。全国でおよそ420万企業にも及ぶのですが、そのうち154万企業は信用保証を利用しています。つまり、全体のおよそ3分の1が利用している実績と信頼のある制度だと言えるでしょう。

銀行から融資を受ける場合、従業員数なども考慮されるわけですが、信用保証を利用している9割の企業は従業員数が20名以下の小規模企業に分類されています。そのため「銀行に相談しても融資してもらえないのでは」と不安に思うことも多いようです。そのような方でも気軽に相談できるのが信用保証協会が人気を集めている理由だと考えられます。

多くの中小企業が利用している

出典:一般社団法人 全国信用保証協会連合会「初めての融資と信用保証

信用保証のメリット

信用保証を利用する最大のメリットはなんと言っても融資枠の拡大が狙えることです。金融機関のプロパー融資、そして保証付き融資を併用できるためより多くの融資枠が期待できます。その他にも長期の借入に対応できたり、担保がなくても利用できるなど数多くのメリットが魅力です。

信用保証申し込みから返済までの流れ

それでは、中小企業や小規模事業者が信用保証を利用する大まかな流れをチェックしてみましょう。

申し込み

まずは信用保証への申し込みを行います。申し込み窓口は金融機関、もしくは信用保証協会のいずれかから選べます。これらの他にも地方自治体、商工団体でも受け付けを行っていることもあります。金融機関経由で申し込みをする場合、窓口で融資の申し込みをする前に信用保証申請手続きを行います。次に信用保証協会からの申し込みですがそれぞれの地域にある信用保証協会に足を運んで相談の上申し込み書の提出となります。

保証審査

申し込みが完了すると次に審査を行っていきます。書類審査はもちろん、訪問や面談など密な審査を行います。

保証の承諾と融資の実行

審査を無事にクリアできたら金融機関に対して信用保証書の発行を行うと同時に、記載されている条件に則った融資が実行されます。

返済

あとは返済条件に基づいた返済を行っていきます。

少額資金なら消費者金融も

金融機関から融資を受けるためには厳しい審査を受け、厳格なルールに則って運用しなくてはなりません。そのため金額はそこまで大きくなくても良いのでもっと手軽に資金調達ができる方法は無いか、と考えている方は消費者金融も視野に入れてみてはいかがでしょうか。消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは事業のために利用することもできます。銀行などの金融機関と比べると金利は高いですが比較的ハードルが低めなので手軽に資金調達したいときに重宝されています。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.