消費者金融入門と基礎知識

ブラックの意味、ご存知ですか?避けるための方法とは?

投稿日:

ブラックっていったい何なの?
皆さんご承知の通り、お金を借りるためにはまず消費者金融に申し込みをし、金融機関の審査をパスしなければいけません。ここで注意しなくてはいけないのは、ブラックになってしまうと、この審査に通ることが非常に難しくなってしまうことです。

「ブラックってブラックリストのこと?」とお思いになるかもしれませんが、皆さんのイメージするブラックリストというものは、実は無いのです。ではブラックとは何かと言うと、「事故情報」のことなのです。つまり、融資を受けたにもかかわらず返済が遅れたり、自己破産によって返済を回避したりといった情報のことです。

ブラックには2つの種類がある

ブラックと認定されてしまうケースには、大きく分けて次の2つがあります。

借り入れをしたものの正常に返済できず、遅れたり滞納してしまった場合。自己破産などの債務整理を行った場合。
1ヶ月を超える期間を空けずに、この間に3社以上の消費者金融の審査に申し込んだ場合。

「2、」について補足をすると、これは「申し込みブラック」というもので、1ヶ月の間にそこまで申し込まなければならないほどの状況にある人物であり、返済に支障が生じるのではと判断されるからです。もちろん申し込みの記録は全て残ります。

ブラックにならないためにはどうすればいい?

上の説明の通り、一旦ブラックを認定されてしまったら、金融機関の審査をパスすることは非常に難しいと言えます。もしあなたがどんなに追い詰められていたとしても、ブラックという事態だけは避けなければいけません。ではブラックにならないためにはどうしたらよいのでしょうか。

それにはまず返済において3ヶ月以上の滞納をしてはいけません。なぜなら3ヶ月未満は「遅延」とみなされますが、それを超えると「事故」扱いになってしまうのです。単に3ヶ月を超えなければ何度滞納しても良いのかというとそうではなく、延滞を何度もしないことも大切です。

次に「申し込みブラック」の対策ですが、1ヶ月以内に審査を申し込んで良い消費者金融は2社まで!と覚えておきましょう。十分な期間を空けて申し込むことで、切羽詰っている状況にある人だと思われないようにするのがポイントです。

ブラックと判断されてしまうと、もちろん融資を受けることは難しく、あなたの置かれた立場はとても苦しいものになるでしょう。なお、気になるブラックの期間ですが、少なくとも5年間はその記録が残ってしまうのです。なんとしてもこの状況に陥らないように細心の注意を払わなければいけません。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.