消費者金融入門と基礎知識

銀行系のカードローンの長所は?

投稿日:

急な出費などのためにキャッシングを利用する時にはどの会社を利用するか決めておくと便利です、キャッシングと言うとまず消費者金融を思い浮かべる人もいると思いますが、銀行系のカードローンという選択肢もありますから検討してみるのはどうでしょう。

消費者金融に比べて銀行系カードローンは融資限度額が高い、銀行なので安心なイメージがある、消費者金融に比べて金利が安いことが多い、などの利点があります。

とくに銀行系のカードローンの場合、借入れ限度額を年収の3分の1以内に制限する総量規制の対象にならないので、消費者金融よりも借入れの幅が広いので資金計画を立てやすいことが最大のメリットでしょう、また銀行系のカードローンの場合には借入れの審査が厳しいと言われますがその分金利が安いのが魅力です。

そしてこれはあまり現実的な利点では無いかもしれませんが、銀行系という名称から来る安心感というのも見逃せません。やはり消費者金融というと以前のグレーゾーン金利の問題や過酷な取り立てというイメージがどうしても浮かんで来て敬遠する人がいるのも事実なのです、もちろん現在ではそのような心配はありませんのであくまでイメージの問題です。

しかし、銀行系カードローンにも消費者金融と比べて借入れの審査が厳しい、借入金の用途を制限されることがある、すでに他の消費者金融から借入れをしていると審査に通ることが難しいなどの問題があるようです、しかし銀行系カードローンは使い道がハッキリしていて、返済能力に問題が無ければある程度まとまった資金を用意することができますから、住居のリフォームや不動産の購入資金などで利用する人が増えているのです。

このように使い道によっては便利な銀行系カードローンですが、ここで注意してほしいのはすでに他からの借入れが年収の3分の1ある状態では、総量規制の対象外の銀行系カードローンでもほとんどの場合借入れは難しいということです。もしもすでに借入れをしている人は完済してから改めて審査を受けた方が良いでしょう。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.