消費者金融入門と基礎知識

銀行系とノンバンクの違いを詳しく教えて!

投稿日:

キャッシングやカードローンのサービスを提供しているのは消費者金融のイメージがあります。これを「ノンバンク」とも呼びます。一方で銀行が行っている一般向けの融資サービスが「銀行系」です。どちらもお金を借入できるサービスであることに違いはありません。しかし両者には違いがいくつかあるので、これらを理解した上でどちらの方がより自分に合っているのかを判断していくことが大切です。

総量規制の違い

銀行系キャッシングやカードローンは名前の通り銀行が取り扱っている商品となります。最大の特徴は総量規制の対象外だということです。総量規制というのは貸金業を対象とした法律のひとつで、年収の3分の1以上は借入することができない、という決まりになります。これは複数の消費者金融から借入をしていた場合でもトータルで年収の3分の1以上借入できないことになります。しかし銀行系の場合は消費者金融ではなくあくまでも銀行が行っている融資商品となるためこの総量規制が適用されません。つまり、銀行系なら年収3分の1以上借入することも可能だということになります。

例えば年収が300万円の人は総量規制によって100万円までしか借入することができないことになりますが、銀行系のカードローンを利用すれば100万円以上借入できる可能性もあります。一方のノンバンクはこの総量規制が適用されることになります。ですので最大で年収の3分の1まで借入できることになります。総量規制によって年収を持たない主婦などはノンバンクから借入することはできませんが、銀行系なら借入できる場合もあります。

金利の違い

銀行系とノンバンクの大きな違いのひとつに設定されている金利が挙げられます。いずれも利息制限法に基づいた上限金利が守られていますが、銀行系の方が金利が低く設定されていることの方が多いです。ノンバンクも業者によって金利の設定が異なるため必ず比較しておきましょう。

使い勝手の違い

一見すると銀行系の方が有利な点が多いように感じられますが、ノンバンクの最も強い部分のひとつとして使い勝手の良さが挙げられます。例えば、提携しているATMがコンビニや各銀行となっているためいつでもどこでも借入と返済ができるのはノンバンクの大きな強みだと言えるでしょう。また、申し込みから審査、そして融資実行までの所要時間がとても短いのもノンバンクの強みです。全てのノンバンクが当てはまるわけではありませんが、多くは最短で即日融資にも対応してくれます。一部の銀行系も条件さえあれば即日融資に対応しています。


  銀行系 ノンバンク
金利 14%~18% 17%~18%
融資までの時間 条件が合えば即日融資 多くは即日融資対応
総量規制 総量規制対象外 総量規制対象
パートやアルバイト 可能 可能
専業主婦 配偶者の収入により可 不可
利便性 銀行ATMからの借入や振込み、返済は引き落としが多い コンビニATMやネットバンキングなど様々な方法で利用できる


銀行系とノンバンクの選び方

このように銀行系とノンバンクにはいくつかの違いがあります。そのため一人ひとりに適したサービスは異なると言えるでしょう。できるだけ金利を安く抑えたい方は銀行系の方が適しています。しかし銀行系はノンバンクと比べると審査の内容が厳しい傾向にあるとも言われているためフリーターやパート、派遣社員、自営業者だとなかなか審査に受からない可能性もあります。ノンバンクの場合はネットからの申し込みや即日融資にも対応しているため比較的幅広い人たちが申し込みやすいといえます。これらの特徴を踏まえた上で自分にぴったりのサービスを選んでいきましょう。

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.