提携ATM手数料は消費者金融や自社ATMをうまく活用しよう

最近の消費者金融のカードローンやキャッシングサービスは数多くの提携ATMを用意しています。コンビニや銀行の提携ATMでカードが使えるのが当たり前になりつつあるため利便性の高さで言えば過去にはないほど良いものになっています。特にコンビニATMは時間帯や曜日を問わずにいつでも借入と返済ができるため今まで以上に気軽に活用できるようになりました。しかし、ここで気になるのが提携ATMを利用した際に発生する手数料による負担です。

 

1度の手数料の負担はとても小さな金額です。消費者金融や提携ATMによって金額は異なるものの、108円、216円などの値段が設定されている場合がほとんどです。しかし繰り返し何度も提携ATM手数料を支払うことを考えると大きな負担につながりかねません。まさに「塵も積もれば山となる」です。

 

カードローンやキャッシングを利用する際にトータルでの利息や月々の支払いを意識することも大切ですが、より快適に活用するのならATM手数料に関しても気を配るようにしましょう。

 

提携ATM手数料を負担する消費者金融

提携ATMを利用して借入や返済を行う際に発生する手数料を負担してくれる消費者金融も存在しています。ただし決められた提携ATMのみ負担している、というケースが多いので、普段使っているコンビニや銀行のATMでも手数料が無料になっているのかは公式ホームページなどでチェックしておいた方が間違いがありません。

 

提携ATM手数料を負担してくれる消費者金融を選ぶメリットは思っている以上に大きいものです。消費者金融選びのポイントは提携ATMの数や金利、さらには上限利用額など色々とあります。これらの中に提携ATM手数料を負担してくれるところを選ぶことも大事なポイントだと覚えておきましょう。

 

うまく使うことができれば、銀行口座からお金を引き出す手数料よりも、提携ATM手数料無料の消費者金融から借入した利息の方が小さくなることもあります。例えば土曜日に5万円を17.8%の金利で借入して、週明けの月曜日に返済したとしましょう。

 

このとき発生する利息は48円。手数料は消費者金融側が負担してくれるため0円です。銀行からお金を引き出す手数料が216円だとすると150円も得することになります。1度の金額は小さいかもしれませんが、これを10回繰り返すば1500円も差がでてきます。余計なコストを減らすためにも上手な活用方法をよく考えてみましょう。

 

自社ATMなら手数料がかからないことも

コンビニなどの提携ATMだと手数料がかかるけれど、自社ATMなら手数料がかからないところもたくさんあります。例えば、銀行系のカードローンなどは自社銀行のATMから借入や返済を行うと終日手数料無料になっていることも珍しくありません。

 

しかし一方でたとえ自社ATMだったとしても時間外や週末は手数料が発生することもあります。このあたりも必ず事前に確認しておきたいポイントです。ただし自社ATMの数はコンビニATMと比較するとどうしても少なくなってしまうため利便性という点では劣る部分もあります。近くに自社ATMのある消費者金融を選ぶのも選び方のひとつとして考慮してみましょう。

 

最後に提携ATMと自社ATMのそれぞれの特徴を表で確認してみましょう。

 

  手数料 設置数 メリット デメリット
提携ATM 負担される場合もあるが必要となることもある 全国各地のコンビニや銀行にあるのでかなり多い 数が多いので利用しやすい 手数料がかかることも多い
自社ATM 終日無料になることが多いが時間外手数料がかかる場合も 自社店舗やグループ銀行など数は少なめ 手数料がかからないことが多い 数が少ない

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン

借入や返済での提携ATM手数料の負担は大きい/ 消費者金融エスプレッソ関連ページ

銀行系カードローンの長所
ブラックの意味、ご存知?
利息の計算方法
消費者金融選びで気をつける事
限度額は重視しなくてもよい?
ヤミ金融には気をつけよう
借り換えで返済は楽になる?
保証人って不要なの?
ネット自動審査と本審査の違い
借りたお金の「時効」について
過払い金返還請求
返済方法の種類
名義変更について・その方法
申込む際に必要なもの
返済する場所はどこ?
人気会社から借入するのが得策
なぜ審査に通らない?その理由
債務整理について知っておこう
審査の甘い消費者金融業者
総量規制の影響は?
在籍確認をしない消費者金融
ライフカードは消費者金融?
個人情報を業者に教えるリスク
自動車ローンがある人の融資
郵便物が送られずに済む方法
遅延損害金って何?
無人契約機での申し込み
土日・祝日に申込・審査が可能?
使用歴などの嘘はダメ絶対!
クレジットヒストリーの記録
返済できなくい時の差し押さえ
退職後に審査は通る?
無担保で借りられる
申し込みが多い時期
ATMの利便性
自己破産後も借りられる?
選定基準には何がある?
旅行先のキャッシング活用術
入会金の費用
審査基準は緩い?
インターネットキャッシング
いざという時の強い味方
買い物のための枠
未加入業者は悪徳?
消費者金融利用前の心構え3か条
生活費のために繰り返し借りる
ゴールデンウィークの資金不足
信用保証って?
銀行系とノンバンクの違い
消費者金融の貸し倒れとは?
新しいルール割賦販売法
出資法とは?
消費者金融の取り立てのルール
借りたお金・資金用途は自由?

このページの先頭へ戻る