消費者金融入門と基礎知識

カードローンは入会金などの費用はかかる?

投稿日:

消費者金融のカードローンやキャッシングを初めて利用する人は「入会金や維持費などの諸費用はかかるのか?」と気になっていることが多いようです。急な出費など万が一に備えてカードローンを作っておきたいけれど、入会金を始めとした諸費用がかかるようだと作るタイミングなども気になりますよね。そこでここではカードローンの諸費用について紹介していきます。

カードローンは利息以外は費用はかからない

消費者金融のカードローンやキャッシングは入会金や年会費などの諸費用は必要ないものがほとんどです。そのかわりに、借入した金額に金利をつけ、発生した利息を返済することで消費者金融の利益となっています。カードローンはできるだけ多くの人に利用してもらって、それぞれから利息が発生した方が大きな利益につながります。お金に困っている方が利用することが多いカードローンに入会金や年会費などの諸費用がかかってしまうと利用する人自体が減ってしまうとも言えます。そのため基本的には無料で利用できるようになっているわけです。

手数料について

カードローンは入会金などは必要ありませんが手数料がかかってくる場合もあるので事前に確認しておきましょう。最近の消費者金融はほとんどが借入や返済での手数料を負担してくれるため気にしなくても良いことが多いのですが、例えば提携している銀行ATMやコンビニATMなどを利用する際に手数料が発生することもあります。またいくつかの消費者金融は常に手数料がかかるように設定していることもあるので注意が必要です。ほとんどのカードローンが手数料無料で利用できるからといって今持っているカードローンが必ずしも手数料無料とは限らないので注意しておきましょう。

クレジットカードは費用がかかることも

消費者金融のカードローンは入会金などの費用は発生しませんが、多くの方が利用しているクレジットカードについては年会費や入会金が必要なものがあります。最近のクレジットカードはほとんどがキャッシング機能を搭載しているため、カードローンではなくクレジットカードのキャッシングサービスを利用して借入する方も多いと思います。

クレジットカードも基本無料で利用できるものが増えてきていますが、入会金は無料だけれど2年目以降は年会費がかかる、というケースもあります。またゴールドカードなどステータスが付与されているクレジットカードに関しては基本的に入会金や年会費が発生するものだと考えましょう。

もしもクレジットカードでの支払いよりもキャッシングサービスをメインに考えているのならクレジットカードではなくカードローンの方が諸費用がかからず、また金利が低い場合も多いです。ただしクレジットカードにはカードローンにはない独自のサービスとしてポイント機能がついているため、使い方によってはクレジットカードの方がよりお得に活用できることもあります。使い方やそれぞれのカードの特徴を比較した上で自分に合っているものを選びましょう。



  入会金 維持費 金利の上限 手数料
カードローン ほとんどが無料 ほとんどが無料 15~20% 負担してくれるところがほとんど
クレジットカード カードによっては必要 カードによっては必要 15~20% 負担してくれるところがほとんど

-消費者金融入門と基礎知識

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.