信頼性が高く安心して利用することができるセゾンファンデックス

「セゾン」は多くの人に知られている有名企業グループなのですが、一方で「セゾンファンデックス」という会社については知らないという人が多いかもしれません。今回は株式会社セゾンファンデックスについて、詳しく解説してみたいと思います。

 

現在では数多くの銀行や消費者金融などの金融機関がカードローンの取り扱いをしていますが、その中の一部には怪しい会社や信用できない会社なども混じっています。それが原因でカードローンの申し込みを躊躇している人などもいるようです。

 

そのような人にはセゾンファンデックスのカードローンをおすすめしたいと思います。セゾンファンデックスは知名度や信頼性の高いセゾングループの一員ですから、安心して利用することができるのです。
>> セゾンファンデックス公式ページへ

 

セゾンファンデックスでは「VIPローンカード」というサービスを行っていて、即日融資(申し込んだその日のうちにお金を借りることができるサービス)にも対応しています。セゾンファンデックスはお金が急に必要になった場合などにも役立つ心強いサービスなのです。ただしこれらのサービスを上手に活用するためには、その詳しい内容などについて事前にしっかりと理解しておくことが必要です。

 

「セゾンフィンデックスVAVI」では、カードローンに初めて申し込むという人のために、カードローンの申し込み方法や審査内容、またカードローンのメリットやデメリットについて詳しく解説します。カードローンが初めてだという人の場合には、わからないことばかりで不安を感じてしまうかもしれません。今回は申込書の記載方法などについても詳しく解説しますので、不安を解消して安心して申し込むことができるはずです。

 

またさらにセゾンフィンデックスが取り扱う様々なローンなどに関する評判や口コミなどを含めた、様々な有意義な情報についてもご紹介します。お金を借りるということについては抵抗を感じる人もいるかもしれませんが、カードローンを上手に利用すればあなたの生活をより豊かにすることができるはずです。「セゾンフィンデックスVAVI」ではセゾンフィンデックスのカードローンに関する様々な情報をカードローン初心者のために提供していますので、不安を払拭して安心してカードローンを利用するために積極的に活用してみてください。

 

■セゾンファンデックの特徴をご紹介します

  • ◯セゾンファンデックスでは、派遣社員・パート・アルバイトの人でも借入の申し込みができます!
  • ◯最大500万円までを、年4.0%〜11.8%の低金利で借り入れることができます!
  • ◯50万円までの借入であれば、収入証明書の提出は不要です!

 

セゾンカード(クレジットカード)で有名なセゾングループが運営するカードローン会社がセゾンファンデックスです。正式には「株式会社セゾンファンデックス」であり、各種ローン商品を取り扱うローンのデパートのような会社なのです。

 

■セゾンファンデックスではどのような商品を取り扱っているのでしょうか?
セゾンファンデックスでは主に7種類の金融商品を取り扱っています。

1)VIPカードローン(一般コース)
2)VIPカードローン(プレミアムコース)
3)おまとめローン(他社における複数の借入をまとめて一本化することができます)
4)フリーコースローン(マイカー購入、リフォーム、ブライダルなどの自由な目的のために利用できるローンです)
5)不動産担保ローン(まとまった金額の長期借入が可能です)
6)事業者ローン(ビジネス資金の調達などのために活用することができます)
7)不動産会社向けプロジェクト資金融資(資金面から不動産事業をトータルにサポートします)

 

セゾンファンデックスへの申込方法について

セゾンファンデックスへの申し込みは、インターネット・電話・郵送などの方法で行うことができます。パソコンやスマートフォンなどを利用してインターネットから行うのが簡単でおすすめですが、インターネットが苦手な人は電話や郵送などの方法で申し込むのがよいでしょう。フリーダイヤル(0120-214-234)に電話をすれば申し込み用紙を郵送してもらうことができますので、これに必要な情報を記入して郵送で申し込んでみてください。フリーダイヤルの電話受付時間は平日は9時〜19時、土日祝日は9時〜18時までです。

 

セゾンファンデックスの審査について

セゾンファンデックに申し込んだからといって、無条件でローンカードの発行を受けることができるわけではありません。実際にローンカードの発行を受けるためには審査を受けてこれに通過する必要があるのです。カードローンに申し込んだ場合には、申込人に十分な返済能力があるかどうかについての審査が行われます。具体的には申込人の職種や年収など属性に関する審査と、過去の借入の状況や延滞などに関する信用情報の審査が行われるのです。

 

セゾンファンデックスVIPローンカードの詳細について

セゾンファンデックスが提供するカードローンが「セゾンファンデックス『ローン百選』VIPローンカード」(SAISON FUNDEX VIP)です。それではその詳細についてさらに詳しく確認してみましょう。

 

■利用できる人の条件について
・利用時における年齢が満20歳以上満70歳未満であることが必要です。
・毎月安定した収入があり、年収が500万円以上であることが必要です。
・受付オペレーターと電話による連絡がとれることが必要です。

 

■利用可能額について
利用可能額は最少1万円から最大500万円までとなっています。

 

■融資の金利(実質年利)について
年4.0%〜11.8%の金利条件で利用することができます。ただし実質年率については変動金利となっており、金融情勢などの影響で適用金利の見直しが行われる可能性があります。

 

■返済金額について
毎月の返済額は借入時の融資残高に応じた定額制となっています。

・借入時の残高が10万円までの場合→毎月の返済額は4000円です。
・借入時の残高が20万円までの場合→毎月の返済額は8000円です。
・借入時の残高が30万円までの場合→毎月の返済額は12000円です。
・借入時の残高が40万円までの場合→毎月の返済額は12000円です。
・借入時の残高が50万円までの場合→毎月の返済額は14000円です。
・借入時の残高が60万円までの場合→毎月の返済額は16000円です。
・借入時の残高が70万円までの場合→毎月の返済額は19000円です。
・借入時の残高が80万円までの場合→毎月の返済額は21000円です。
・借入時の残高が90万円までの場合→毎月の返済額は24000円です。
・借入時の残高が100万円までの場合→毎月の返済額は26000円です。
・借入時の残高が110万円までの場合→毎月の返済額は28000円です。
・借入時の残高が120万円までの場合→毎月の返済額は30000円です。
・借入時の残高が130万円までの場合→毎月の返済額は32000円です。
・借入時の残高が140万円までの場合→毎月の返済額は35000円です。
・借入時の残高が150万円までの場合→毎月の返済額は40000円です。
・借入時の残高が200万円までの場合→毎月の返済額は50000円です。

・借入時の残高が250万円までの場合→毎月の返済額は60000円です。
・借入時の残高が300万円までの場合→毎月の返済額は70000円です。
・借入時の残高が350万円までの場合→毎月の返済額は80000円です。
・借入時の残高が400万円までの場合→毎月の返済額は90000円です。
・借入時の残高が450万円までの場合→毎月の返済額は10000円です。
・借入時の残高が500万円までの場合→毎月の返済額は11000円です。

 

※返済額にはキャッシング金利分が含まれています。
※毎月の返済金額以上の支払利息が発生している場合には、上記金額に1000円を加算した額が毎月の返済額となります。
※借入残高が上記返済額の以下となった場合(4000円未満の場合)には、残高の全額が返済額となります。
※追加の借入などを利用していない場合には、返済金額は前月と同額となります。

 

■遅延損害金について
延滞など返済が滞ってしまった場合には、遅延損害金を請求される場合があります。また遅延損害金は年率5.84%〜17.22%の金利により算定されます。

 

■借入の方法について
セゾンファンデックスでは以下の借入方法を利用することができます。

  • ・CDによる借入れ
  • ・ATMによる借入れ
  • ・オンラインキャッシングによる借入れ
  • ・振込みによる借入れ(初回のみです)

 

■返済期間や返済回数について
返済期間や返済回数については、原則として最後の借入から5年まで(60回まで)となっています。

 

■返済方式について
セゾンファンデックスでは「定額リボルビング方式」「1回払い」による返済が可能です。

 

◎定額リボルビング方式について
※毎月一定金額を借入時の残高に応じて返済する方式です。
※新規の借入がない場合には、返済額は前月と同額になります。

 

◎1回払い
※お客様が希望すれば「一括払い」「増額返済」などを選択することができます。
※1回払いを希望する場合には、ファンデックスデスクに引き落とし日の10日前までに連絡することが必要です。
※ネット会員サービスに登録して、オンラインで手続きを行うこともできます。

 

■返済サイクルや返済日について
毎月の返済サイクルについては、月末締め切りで翌々月4日の引き落としとなります。また4日が金融機関の休日に該当する場合には、金融機関の翌営業日に引き落としが行われます。引き落とし日の前日までに必要な金額を忘れずに銀行口座に入金するようにしましょう。また引き落としについては通帳の明細に「セゾン」と記載されます。

 

■請求方法について
利用明細書は毎月20日頃に郵送で送付されます。新規の借入がない場合でもこれまでの借入による残額が残っている場合については、完済までの間毎月利用明細書が送付されます。

 

■保証人や担保について
セゾンファンデックスでは原則として保証人や担保などは不要で借入を行うことができます。

 

■必要書類について
セゾンファンデックスに申し込む際には下記の書類の準備が必要です。

 

・申込書(必要な情報を記入してください)
・本人が証明できる書類(運転免許証・健康保険証などのコピーまたは画像データ)
・収入を証明できる書類(給与明細・源泉徴収票・確定申告書などのコピーまたは画像データ、ただし借り入れ希望額が50万円以下であれば収入を証明できる書類の提出は不要です)
・振込依頼書(即日振込みによる融資を希望する場合のみ提出が必要になります)

 

■その他費用について
セゾンファンデックスを利用する際にはその他費用として下記が請求されます。

 

・ATM利用料など
・各種事務処理費用など

 

※金融機関からの引き落とし、CDやATMの管理、各種調査業務などについては、クレディセゾンまたはセゾンファンデックスが委託する会社などがこれを代行して行います。

 

信用情報機関について
セゾンファンデックスは「日本信用情報機構(JICC)」への登録を行い、審査の際などにはこれを利用しています。名称・住所・問合せ先電話番号・ホームページのアドレスなどについては以下のとおりです。

名称:株式会社日本信用情報機構(JICC)
住所:〒101-0042東京都千代田区神田東松下町41-1
問い合わせ先電番号話:0570-055-955
ホームページのアドレス:http://www.jicc.co.jp/

 

※審査の結果により、希望する借り入れ額が減額される場合もあります。
※審査のために提出した書類は返却されませんので、あらかじめご了承ください。

 

>> セゾンファンデックス・公式サイトで詳細を見る

 

カードローンの利用の際には確実な返済を心がけることが重要!!

セゾンファンデックスのカードローンの利用を検討している人の中には、他社のカードローンを利用したことがあったり、あるいは現在も利用しているという人なども多いのではないでしょうか。もしもこれまでに他社のカードローンので延滞などにより支払を滞らせた経験があるのであれば、それはセゾンファンデックスのカードローンの審査において悪影響を及ぼすことになります。

 

セゾンファンデックスに申し込んだ場合には、セゾンファンデックスでは申込者に対して「本当にお金を貸しても大丈夫なのか?」審査を行います。その際には信用情報機関に対する情報の照会が行われますので、これまでに延滞などの履歴があるとこの時点ですぐにわかってしまうのです。信用情報機関には利用者のクレジットカードやカードローンなどの利用や返済の状況、また延滞や債務整理などの情報が記録されており、各金融機関はこれらの情報を自由にチェックすることができるのです。

 

ちょっとした「うっかり」などで返済に遅れてしまった場合であれば、その後すぐに連絡をして返済すれば信用情報機関に登録されることはありません。

 

しかし返済の遅れが頻繁であったり悪質だと判断されたりすると信用情報機関に「延滞」として登録されますし、延滞をしてそのまま返済せず2ヶ月以上放置した場合などには信用情報機関に「金融事故」として登録されることになります。

 

こうなってしまうといわゆる「ブラックリスト」状態となりますので、クレジットカードやカードローンなどについてはどこに申し込んでも審査には通らなくなってしまうのです。一度信用情報機関に登録された情報は最低5年間は抹消されませんから、カードローンの利用の際にはくれぐれも確実な返済を心がけるようにしてください。

 

セゾンファンディクスとはどのような会社なのでしょうか?

個人向けのカードローンである「セゾンファンデックスVIPローンカード」などを取り扱う会社が、株式会社セゾンファンディックスです。その名前の通りセゾンカードで知られるセゾングループの一員なのですが、セゾンファンデックスについては知らないという人なども多いようです。1984年2月1日に株式会社セゾンフィンデックスは設立され、現在までに30年以上の歴史があります。

 

様々な金融商品の取り扱いを行っており、個人や法人あるいは個人事業主を対象とした融資事業や、不動産金融事業、信用保証事業などを主な業務としています。

 

融資事業について

セゾンファンディクスでは融資事業として、「セゾンファンデックスローン百選」という総合ブランドを顧客満造度ナンバーワンを目指して展開しています。このブランドにはカードローンだけでなく、おまとめローンやフリーコースローンや不動産担保ローンなどの様々なローン商品が含まれています。これらは多くの顧客によって利用され、高い評価を集めているのです。

 

不動産金融事業について

セゾンファンディクスの不動産金融事業は、1994年からサービスの提供を開始した事業です。建売住宅の建築・販売などを行う不動産事業者を対象として、これに対する融資を行います。融資先の選定の際には住宅開発プロジェクトなどに基づいた客観的な審査・分析を行い、間違いがないと判断した企業のプロジェクトに限定してその資金を融資しています。

 

土地取得のための費用はもちろんですが、他の不動産金融会社では融資対象外となる建築のための費用などについても融資を行いますので、これらにより社会全体に優良な物件を提供する事業に資金面で貢献しているのです。

 

信用保証事業について

セゾンファンディクスの信用保証事業は、2010年からサービスの提供を開始した新しい事業です。これまでに長期間各種ローンの取り扱いを行ってきた実績を活用して、主に個人向け不動産担保ローンを中心とした保証業務を行っています。

 

信用保証事業は提携金融機関との相互信頼関係が重視される事業なのですが、セゾンファンディクスでは審査に関する各種のノウハウを提供することによって、提携金融機関との間における強固な信頼関係を構築しています。このような事業展開を実現できる理由についてはセゾンファンディクスの高い信用力がその裏づけとなっており、社会における「人」と「お金」をつなぐ役割を果たしているのです。

 

セゾンファンディクスの関連企業について

「VIPローンカード」などを展開する株式会社セゾンファンディクスはセゾングループの一員です。セゾングループには「吉野家ディー・アンド・シー」や「ファミリーマート」などの有名企業も含まれています。それではセゾンファンディクスの親会社や連結子会社などについては、具体的にはどのような企業なのでしょうか。

 

■親会社クレディセゾンについて
セゾンファンディクスの親会社となるのが「株式会社クレディセゾン」です。クレディセゾンではセゾンファンディクスの株式を100%保有していますので、クレディセゾンにとってはセゾンファンディクスは100%子会社に相当します。

 

永久不滅ポイントで知られるセゾンカードの発行会社が株式会社クレディセゾンです。クレディセゾンは株式会社緑屋として1951年5月1日に設立された企業であり、現在は前述のクレジットカード事業だけでなく各種金融事業も手がけています。759億円という資本金の規模は膨大であり、セゾンファンデックスと比較するとおよそ16倍になります。

 

クレディセゾンの主要株主はみずほ銀行や日本マスタートラスト信託銀行などであり、現在の連結子会社はセゾンファンデックスを含めて合計18社となっています。またそれ以外に非連結の小規模な子会社なども数多く存在します。

 

■連結子会社について
クレディセゾンには現在18社の連結子会社があり、具体的には以下のとおりとなります。

 

・(株)アトリウム
・(株)アトリウムリアルティ
・(株)アトリウム債権回収サービス
・(株)エー・アイ・シー
・(株)キンダーナーサリー
・(株)コンチェルト
・(株)セゾンファンデックス
・(株)はやぶさトラスト
・(株)ヒューマンプラス
・ジェービーエヌ債権回収(株)
・JPNホールディングス(株)
・(有)エー・ダブリュ・スリー
・(有)グランデ・トラスト・ナイン
・(有)バリュー・バランスを営業者とする匿名組合
・(有)PAM・J
・合同会社ARS

・特定目的会社MAPJ

 

株式会社クレディセゾンでは2014年4月〜9月における決算で業績を順調に伸ばし、、営業利益前年比2.9%増加、四半期営業利益前年比5.0%増加を実現しています。セゾンファンデックスについても今後の安定した成長を期待することができるでしょう。

 

セゾンファンデックスの歴史について

セゾンファンディクスは30年以上の歴史を持つ会社です。ちなみに「セゾン」はフランス語で「季節」を意味する言葉になります。株式会社クレディセゾン(当時は株式会社西武クレジット)などによる出資により、1984年2月に「株式会社セゾンフィンデックス」が設立されました。

 

ちなみに設立時の社名は株式会社西武抵当証券でした。その後(株)エースファイナンスと合併したことにより、1991年2月にはその社名を株式会社セゾンファンデックスに変更したのです。

 

セゾンファンデックスではキャッシングカード事業を1991年5月から、不動産金融事業を1994年11月から、また信用保証事業を2010年10月からそれぞれ開始しています。また総合ローンブランドとして「ローン百選」を2002年9月から展開していますが、これは現在でもセゾンファンデックスの主力商品となっています。その他には証書ローンの取り扱いを2002年9月から、不動産担保ローンの取り扱いを2003年2月から、VIPカードローンの取り扱いを2006年からそれぞれ開始しています。

 

また2008年からは取り扱う各種の個人向けローンを全てVIPカードローンに集約し、住宅リフォームローンの取り扱いを2009年2月から、個人事業主のためのVIPローンカード事業コースの取り扱いを2010年3月から、若者向けVIPローンカード20代・30代限定コースと投資物件購入ローンの取り扱いを2010年1月から、年収500万円以上の人が対象のVIPローンカードプレミアムコースの取り扱いを2014年5月からそれぞれ開始しています。

 

株式会社セゾンファンデックスは資本金2億円で設立された会社ですが、現在は増資を行い資本金は45億9万8千円にまで増加しています。その時代における顧客の需要に対応する多種多様な商品開発を行っていることがセゾンフィンデクスの特徴です。特に最大金利11.8%で利用できるVIPローンカードプレミアムコースは年収500万円以上の人におすすめします。

 

セゾンファンデックスは数あるカードローン会社の中でも信頼性が高く安心して利用できるカードローン会社なのです。

 

セゾンファンデックスの概要・融資条件

来店不要でインターネットで申込から融資までをスピーディーに完結できる信販系のセゾンファンデックス。審査期間や利用限度額、年率などのサービス概要を一覧表で紹介します。尚、セゾンファンデックスのカードローンの金利は、時点のものとなります。

 

審査期間 1〜2営業日(最短即日融資)
利用限度額 500万円
実質年率 4.0%〜11.8%
借入方法 ・ATMを利用した借入・引き出し
・インターネット・電話による振込サービス
ローンの条件・概要 定期的な収入があり、返済能力のある満20歳以上の方が対象、かつ三井住友カードローンの基準を満たす方
返済方法 セゾンファンデックスと提携している金融機関ATMからの返済

 

セゾンファンデックス・公式サイトへ行く


このページの先頭へ戻る