元利と元金の2タイプがあるので注意しよう!

消費者金融の返済方法として、リボ払いという方式を用いている所が多いです。リボ払いは3つのタイプに分類されます。借入残高の一定割合を返済する定率方式が1つ目です。そして2つ目の返済方法は、残高スライド方式といって借入残高に応じて一定の額を毎月返済するというものです。

 

そして3つ目の方法が、今回紹介する定額リボルビング方式です。定額リボルビング方式とは、一定の金額を毎月返済するスタイルです。この定額リボルビング方式の中でもさらに2種類の方式があります。それは元利定額リボルビング方式と元金定額リボルビング方式です。両者も返済額や返済総額に違いがあるので、消費者金融で借り入れする場合には注意しないといけません。

 

元利定額リボルビング方式とは

元利定額リボルビング方式というのは、指定された一定の金額を毎月支払う方式です。ずっと同じ金額を返済することになります。たとえば毎月の返済額が1万円であれば、完済するまでずっと毎月1万円ずつ返済をしていきます。

 

ただし毎回の返済の内訳が変わってきます。定額の中で元金の返済と利息の支払いを両方行うからです。最初の内は元金が大きいので、利息も大きくなります。このため1回当たりの返済額の中でも利息支払いが、より大きな割合を占めます。そして返済を繰り返していくうちに、徐々に元金返済の割合が大きくなります。

 

元利定額リボルビング方式のいい所は、毎月返済する額があらかじめ決まっている所です。ですから家計のやり繰りもしやすいです。返済できないという状況を防ぐためには、給料をもらったら、消費者金融の返済額を切り離して保管しておくといいです。

 

ただし最初の内は、返済のほとんどが利息の支払いに回される可能性もあります。その結果、元金返済が後回しになるので返済総額で見てみるとかなり余計な利息支払いを強いられる可能性も考えられます。

 

元金定額リボルビング方式とは

一方元金定額リボルビング方式の場合、元金の返済額を一定にします。そしてその都度発生する利息の支払いを上積みする方式で返済します。ですから毎月の返済額は、利息の支払い分だけ変わるわけです。最初の方が残債も大きいので利息もたくさんあります。よって最初は返済額が大きく、徐々に少なくなっていくわけです。

 

元金定額リボルビング方式の場合、確実に借金を返済できます。このため返済総額で比較してみると、元利定額リボルビング方式よりは少ない額で済むわけです。

 

ただし先ほども紹介したように、最初の内は返済額が大きくなります。このため、家計に対する借金返済の割合がどうしても大きくなります。その結果お金の準備ができなくなる、かなり切り詰めた生活を強いられる可能性もあるわけです。返済のシミュレーションは借り入れ前に行うべきです。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る