融資に関する疑問・質問

審査に通りやすい消費者金融をお探しの方へ

投稿日:

審査に通りやすい消費者金融があるって本当ですか?
キャッシングの申し込みで一番心配なのは、やはり審査に通るかどうかです。審査に通らなければ何も始まりません。

やはり一般的には銀行系のほうが審査が厳しいようです。

一方消費者金融系だと銀行系に比べて金利は高く設定されてるものの、審査は緩くなっているところが多いです。銀行系に断られても消費者金融では審査が通ったというケースはよくあります。

ただやはり金利の点で不安は残りますので、多額の借入の場合には、審査が多少厳しくても金利の安い銀行系を選ぶのが妥当かと思われます。

他社からの借入がなく、過去の借入の際に返済が滞ったこともなければ、審査も比較的通り易くなります。逆に金額が少ない借入の場合は、消費者金融系を選ぶといいでしょう。

簡単に借りることができ、また返済にもそれほど時間がかからないので利子もそこまでふくらむことはありません。

審査基準が緩い金融業者を見つける方法とは

消費者金融での借り入れ、審査が通らなければ元も子もありませんね。今すぐにでもお金が必要な人には切実な問題です。
今はインターネットで色々な金融業者の情報が手に入ります。消費者金融の人気ランキングといったサイトも山のようにありますね。

しかしこのランキング、いったいどういった根拠があってのランキングなのか、疑問じゃないでしょうか。そこでこちらでは統計結果を出してわかりやすく掲載することにしました。人気ランキングとはまた別物ですが、審査に通る確率を数字で出しているため、ランキングよりもずっとわかりやすいと思います。

消費者金融の審査はどう行われるのか

キャッシング審査はまずその申し込み者の信用情報を入手するところからはじまります。まずはCICという機関に問い合わせるわけですが、ここでは個人のクレジットカードやローンの今までの実績がすべて記録されています。そのため、もし過去にクレジットカードの支払いで遅延があったり、他に組んでいたローンで不払いがあったりした場合、信用性なしと判断されてしまいます。

とにかくお金に関する今までのすべての履歴がここで見られてしまいます。キャッシングだけでなく、もし何かを購入した場合に支払が行われなかった、または支払が遅れてしまった場合などは、そのサービス元がCICへと通報します。お金に関する取引で何かひとつでもマイナス点があれば、あなたの評価はすぐにでもさがってしまうのです。

上記したような審査に通る確率の高い消費者金融であっても、やはりこのCICでの評価が低いとどうしても審査には通らなくなる可能性が高くなります。

また消費者金融同士は、横のつながりが大変太くなっています。つまりはもしあなたがアコムで借りたことがあれば、その履歴は新生銀行カードローン レイクでもプロミスでも他の消費者金融はすべて把握しています。

そのため、もしアコムでの返済が一度も遅れることなくきちんと完済しおわっているのであれば、他の金融業者でキャッシングの申し込みをした場合でも評価が高くなり審査に通りやすくなってきます。

もちろんどこか一か所でも返済が滞ったりしていれば、他の消費者金融でも評価がさがり、審査に通る確率はぐんと低くなってしまいます。

消費者金融の審査に通りやすい人の特徴のまとめ

消費者金融審査に通りやすい人

消費者金融のキャッシングや銀行系カードローンの審査は通りやすい人と通りにくい人がいます。一昔前までは「年収400万円以上」「正社員」が絶対条件とさえ言われていましたが、今はそこまで厳しくはありません

例えば年収200万円程度の人やパートやアルバイト、派遣社員として生計を立てている人でも比較的簡単にキャッシングやカードローンが利用できるようになりました。とはいえ、なかなか審査に通らないとやきもきしますよね。そこでここでは消費者金融の審査に通りやすい人の特徴をまとめてみました。

返済能力の高さ

まず消費者金融の審査に通る大前提として挙げられるのが「返済能力」です。返済能力はいわずもがな収入が多いほど、そして安定しているほど高いとみなされます。これらのことから以下のような人が審査に通りやすい人だといえます。

公務員や大手企業の社員

公務員や大手企業の社員はリストラされるリスクも小さく、安定した給料、そしてそれなりの金額の給料が期待できます。その他にもしっかりボーナスが支払われるのも返済能力の高さのひとつとしてみなされています。

これとは逆に、バイトやパート、派遣社員の場合だといつ仕事が無くなってもおかしくありません。ですのでこれらの勤務形態を選んでいる人は給料自体が高くてもなかなか審査に通らないことがあります。

勤続年数

返済能力の高さに直結する属性のひとつとして勤続年数も挙げられます。勤続年数が多い人ほど審査に通りやすい人です。傾向としては年々弱まってはいるものの、日本の社会は長く勤めている人ほど給料が高くなります(年功序列)。

そのため、勤続年数が多ければその分給料も高い=返済能力が高い、とみなされるわけです。目安としては5年以上の勤続年数があれば優遇されます。たとえ公務員や大手企業のサラリーマン以外だったとしても勤続年数が長く、それなりの役職に就いていれば審査に通りやすい人として扱われます。職業的には有利な公務員だとしても勤続年数が半年未満、1年未満だった場合はそこまで有利になりません。

他社借入状況

返済能力に加えて必ず審査されているポイントのひとつに他社借入状況が挙げられます。他の消費者金融から何件くらい借入しているのか、借入総額はいくらになっているのか、という部分です。当然のことながら、申込み先の消費者金融以外からは借入していない状態がベストです。

しかし、全く借金をしていないから通りやすい人だ、と判断されるわけでもありません。最も良いのは「適度に借入をして、毎回必ずきちんと返済できている人」です。クリーンなクレジットヒストリーを持っている人ほど審査に通りやすくなります。次に借金をしていない人、そして最も審査に通りにくいのは他社借入件数が多く、借入総額も多い人です。

その他の属性

これらの他にも、住まいが持ち家なのか、賃貸なのか、年齢は働き盛りなのか、家族構成はどうなっているのか、など色々な点が注目されています。あまり大きな金額を希望していないのなら、その他の属性についてはそこまで深く考える必要はありません。しかし、50万円以上、100万円以上の借入を考えている場合はこれらの属性も大きく関係してくる可能性があります。

消費者金融の審査に通りにくい人の特徴のまとめ

消費者金融審査に通りにくい人

消費者金融の審査では通りやすい人、通りにくい人がいます。

以前と比べると審査の内容はずっと優しくなっている傾向にはあるのですが、条件を満たしていないと全く審査に通らないこともあります。

そこでここでは、審査に通りにくい人の特徴をまとめてみました。当てはまることがないかぜひチェックしてみてください。

ブラックリストは一発NG

消費者金融の審査に通りにくい人、というよりは通るのはまず難しい人といった方が良いかもしれません。

ブラックリストとは信用情報機関に金融事故情報が記録されている状態を言います。例えば、延滞を繰り返していたり、債務整理を行っているとブラックリスト入りします。

延滞に関しては完済してから5年後、債務整理後は5年から10年経っていれば消去されるため、それ以後なら審査に影響しません。しかし、この期間に審査を受けても通ることはまずありません。
他社借入状況

審査に通りにくい人ほど他社借入状況が気になる人だといえます。例えば、申込みした消費者金融の他にも2社、3社以上からすでに借入しているのならかなり通りにくい状況にあるといえます。

また、借入総額が多い人も通りにくいです。これは総量規制による年収の3分の1以下までしか借入できないこと、そして各消費者金融が自主的に行っている「貸出限度件数」からの影響です。あまりにも他社借入状況がまずいと多重債務に陥ってしまう、返済が難しくなって踏み倒しや債務整理に踏み切る可能性があるため消費者金融からすると審査の段階で断っておきたい、というわけです。

他社借入については返済し終われば問題視されないので、早めの完済を目指しましょう。

返済能力

審査に通りやすくなるためには十分な返済能力があることが認められる必要があります。ここでいう返済能力は、年収や勤務先が当てはまります。

公務員や大企業の会社員の場合だと安定した収入とそれなりの給料が期待できるため審査に通りやすいです。しかし、パートやアルバイト、自営業者は安定した収入が期待できないためどれだけ年収が高くても審査に通りにくい人になってしまうケースも珍しくありません。しかし最近ではこれらの職業に就いていても勤続年数が長ければ問題無い、と判断している消費者金融も増えています。

パートやバイトの場合は比較的いつでも辞めることができるので特に勤続年数が重要視されています。5年以上の勤続年数があれば「今後も同じ仕事を続けていく可能性が高い」と判断され、プラス基準のひとつとして扱われることも。逆に言えば、勤続年数が1年未満、半年未満の場合は審査に通りにくい結果となってしまいます。

公共料金の延滞も関係している?

十分な返済能力があり、他社借入状況も悪くないはずなのに審査に通らない、という場合はもしかすると公共料金の延滞の可能性があります。例えば、税金関係、そして携帯電話料金の支払い、電気料金の支払いなどに延滞があればそれが信用情報機関に記録されてしまい、審査に悪影響を及ぼすこともあります。実際に、口コミや体験談などを見てみるとこのケースで審査に通らなかった、という内容も頻繁に見かけます。

信用情報機関に記録されている個人信用情報は本人確認ができれば開示できます。気になる方は各信用情報機関に開示申請をして内容を確認してみるのも良いかもしれません。

-融資に関する疑問・質問

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.