貸出条件に関する疑問や質問

消費者金融は融資限度額をどのように設定している?

投稿日:

融資限度額はどうやって決めているのでしょうか?
それぞれの消費者金融の会社には、融資限度額というものが設定されています。では、その融資限度額とはどのようなものなのでしょうか。

そもそもローンというのは、融資のことを指しています。

これから先の決められた期限の日に、利息と一緒にお金を返すという約束でお金を借りることができます。それぞれの消費者金融の会社は、一般的に担保や保証はない状態でお金を貸し付けていますので、お金を借りる本人の信用が大事です。

ですから、金融会社ではそれぞれ、お金を借り入れる人をそれぞれ審査して、その人がどのくらい信用できるかを審査します。今までの借り入れの実績や、その人の年収などをチェックした上で、融資限度額を決めています。

融資限度額が高く設定されているカードローンだとしても、みんなが限度額までお金を借りれるということではありません。

カードローンを最初に申し込んだ時点では、信用度はあまり高くないといえます。あまり借り入れることができないと驚く方もいるでしょう。

しかし、その申し込んだ金融会社とは取引をした実績がないので仕方ありません。

ですが、借りたお金をきちんと返済していくことで利用の実績が付き、長い間トラブルを起こしていないというような実績の積み重ねによって、段々と利用限度額は増えていきます。

このように限度額が増えていくことで、利率は下がっていくという場合もよくありますので、さらに良い条件でお金を借りられるようになっていきます。ただし、借入限度額が増えてきたとしても、必要ないお金を借りてしまっては意味がありませんので、お金を借り過ぎないように気を付けなければいけません。

その前に融資限度額というものは何のことなのでしょうか

消費者金融の会社が設定している融資限度額というのは、カードを持っている方が借りられるお金の限度の金額です。消費者金融をよく利用する方なら、飲み会やデートのためのお金が足りなかった時や、冠婚葬祭が立て続けにある時などに、よくお金を借りることがあるでしょう。

前に借りたお金を全額返済していない時でも、またお金が必要になってしまう時もあるかもしれません。そのような時であっても、融資限度額が超えない範囲の金額だったら、また消費者金融でお金を借り入れることができます。

例えば、100万円の融資限度額のカードを持っている方で考えてみましょう。

飲み会に参加することになり、10万円借りて、その時は大丈夫でした。

しかし、次の月に親戚の葬式のために、またお金が必要になってしまいました。

ですが、飲み会のために借り入れたお金の元本は、まだ2万円しか返していません。このような時、借入の残高は8万円ですので、100万円の融資限度額8万円を引いて、まだ92万円が借り入れることができるということです。

そして、融資限度額というのは、金融会社が決定しています。お金を借りる人の収入や信用をチェックした上で決められている金額なので、限度額まではお金を借りることができますが、お金をたくさん借りたらその分の利息も増えてしまうので、返済が難しくなってしまいますので、消費者金融はしっかり計画した上で利用することをおすすめします。

-貸出条件に関する疑問や質問

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.