身内のキャッシング事情

親が勝手に子供(私)のカードで借金をしていたら?

投稿日:

借金にまつわるエピソードやトラブルは実に様々なものがありますが、案外多いのが「親が勝手に子供(私)のカードで借金をする」というケース。「そんなことあるの?」と思う方もいるかもしれませんが口コミや体験談などを見るとそう少ないものでもないようです。万が一親が勝手に子供のカードを使って借金をしてしまった場合はどのような対策をとる必要があるのでしょうか。

まずは親への確認を

まず最初に行うべきは「本当に親が勝手に子供のカードを使って借金をしたのか」という事実関係の確認です。これは単刀直入に問いただすようにしましょう。ここで「悪いけどカードを使わせてもらった」という証言が得られれば今後の対策方法が選べるようになってきます。もしも親が頑なに使っていない、と言い張るようだと面倒なことになりかねません。

支払い義務は子供にある?

親が勝手に子供のカードを使って借金をした場合、支払い義務はどちらにあるのかが重要なポイントとなってきます。カード自体は子供のものなので子供が支払わなくてはならない、と思われがちですが、実際のところ支払い義務は親にあります。そもそも他人のカード、それがたとえ家族であったとしても勝手に利用することは許されていません。ですので、債権者(消費者金融)に対して「この借金は私が作ったものではなく親が勝手にカードを使って作ったものだ」ということを伝えるようにしましょう。

「消費者金融に事情を話してもそれが認められるのかが心配」という気持ちはよく分かります。もしもスムーズに事が進まない場合は弁護士などその道のプロフェッショナルに相談することも視野に入れておいたほうが良いでしょう。法的な力を持ってすれば正しく対処できるようになります。

基本的にこれらのような特殊な事情によって借金が発生してしまった場合は債務者と債権者との話し合いが重要となってきます。どこまで歩み寄ってくれるのか、返済すべき人をどのように認定するのかは債権者の裁量が大きく問われる部分です。スムーズにいかない場合は裁判所を通じて事実の確認を行う訴訟に発展することもあります。

親が子供を勝手に保証人に

親自身が借金をしたときに、子供に黙って勝手に保証人に設定する場合もトラブルの元となります。最近の消費者金融は担保や保証人がなくても借入できる金融商品が増えているのですが、借入金額が大きいものになると保証人が必要となるケースもまだまだたくさんあります。もしも自分の知らないうちに親が勝手に保証人に設定していたら、返済の義務は発生するのでしょうか。

保証人としての義務は本人が「保証債務を負う意思」を署名によって契約して初めて効力を発揮するものです。ですので、子供に了解をとらずに署名、押印をした場合は原則として義務は発生しないため、親の借金を子供が肩代わりする、といったことは必要ありません。しかし例外も存在しています。例えば親子で会社経営や自営業を営んでいる場合は例外として保証人としての義務が認められてしまうこともあります。

このようなケースでもやはり債務者と債権者の話し合いによって保証人の解消や義務の設定をし直すこととなります。仮に実害が無かったとしても信用情報機関などに記録が残ってしまう可能性もあるので弁護士などの専門家を挟んで話し合いをすることをおすすめします。

-身内のキャッシング事情

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.