原則として審査の対象は申し込み者本人のみ

消費者金融のキャッシングサービスやカードローンなどの申し込みをする際に様々な情報を記入していかなくてはなりません。その中には家族構成などかなり詳しい項目まで記載しなくてはならない場合もあります。そうなると気になるのが「配偶者も審査対象に含まれるのでは?」という心配です。もちろん借金をして、返済をするのは申し込み者本人となるのですが、それが思わぬ形で配偶者に迷惑をかけてしまうのではないかと不安になるものです。

 

原則として審査対象は申し込み者本人のみ

では配偶者も審査対象になるのかと言われれば、答えは「否」です。カードローンやクレジットカードの審査はあくまでも申し込みを行った本人のみが対象となっています。ではどうして配偶者に関する情報も記載しなくてはならないのかというと、申し込み者本人の返済能力だけでなく配偶者の返済能力も考慮することによってより精緻な審査に繋げられるからです。あくまでも参考としての情報だと考えましょう。

 

消費者金融に借入の申し込みを行うと申し込み者の信用情報を特定の機関に照会しますが、配偶者の個人信用情報を紹介することは絶対にありません。ですので、例えば配偶者が借金をしているような状況だったとしても、申し込み者本人が消費者金融を利用していなければ全く問題無いことになります。

 

配偶者に知られる心配もない

消費者金融への申し込みで配偶者が審査対象になることは無いことが分かりました。そして同時に申し込みしたことを配偶者など家族に知らせることもまずありません。もちろん、必要な書類やカードなどが郵送されてくるため、それをチェックされてしまうとバレてしまいます。ですが消費者金融側から配偶者に対して「あなたの配偶者はうちに申し込みしていました」といった告げ口のようなことは絶対にないので安心して大丈夫です。

 

配偶者を審査対象にする金融商品も

このように、配偶者は基本的には審査対象とはなりえないのですが、金融商品によっては配偶者を審査対象とするものもあります。例えば銀行系カードローンで「専業主婦でも利用できる!」といった商品が当てはまります。

 

消費者金融の借入は総量規制に則って原則として年収の3分の1までと決められています。また年収を持たない人は基本的に申し込みすることができません。仮に申し込みをしたとしても審査で必ず断られてしまいます。しかし、この総量規制が適用されるのは消費者金融に対してのみであり、銀行などの金融機関は適用されていません。そのため銀行系の金融商品は収入を持たない専業主婦でも借入ができるカードローンなどが提供できるわけです。

 

ではどのような点を審査するのかというと、配偶者の収入状況を審査しています。要は申し込み者本人ではなく配偶者が十分な返済能力を持っていれば問題なく借入ができてしまうということです。もちろん正しく利用すれば非常に便利なサービスなのは間違いありません。家計を握っているのは専業主婦であることが多いため、そのあたりについて全て任せているという配偶者もたくさんいるでしょう。しかし、このサービスを利用するためには必ず配偶者の同意が必要となります。ですので配偶者に内緒で勝手に審査対象にすることは基本的に不可能です。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る