身内のキャッシング事情

消費者金融で親バレせずに借りる3つの方法を解説します!

投稿日:2018年6月6日 更新日:

親バレしない3つの借り入れ方法

どうしてもお金に困った時、自分でどうにかしようと消費者金融から借入をするという方も多いでしょう。

しかし、

親には絶対にバレたくない

一緒に住んでいる家族や同居人にバレずに借入をする方法はないか

といった方も少なくないはずです。

そこで今回は、どういったケースで親や家族に消費者金融の利用をバレてしまうのか、そしてバレない方法についてご紹介します。

これを読めば、家族バレせずに消費者金融を利用するコツがわかりますよ!

ぜひ読み進めてくださいね。

消費者金融を利用するときには基本的にバレない

そもそも気になるのが、消費者金融を利用すると、親にバレてしまうのかどうかでしょう。

実は、消費者金融を利用しても、親に知られてしまうといったことは基本的にはありません。

消費者金融でお金を借りる場合、保証人などを立てる必要がないため、親や家族に補償してもらう必要がないからです。

しかし油断をすると、親バレ・家族バレをしてしまうケースもあるので絵注意しましょう。

どんなときに1番親にバレやすいのか?

親バレをしてしまうケースとしては、主に次の3つがあります。

  • ローンカードや利用明細を見られた
  • ATMに入っていくところを見られた
  • 督促がとどいたので、借金が発覚

それぞれについて詳しく解説するので、絶対にバレたくないという方は、ぜひ参考に気をつけてくださいね。

ローンカードや利用明細を見られた

一番バレやすいのが、ローンカードや利用明細の管理不足です。

テーブルの上に置きっぱなしであったり、お財布を出したときに見えてしまったりと、利用明細には親バレだけではなく、周囲バレもしてしまう要素が多く含まれています。

また、お財布に何げなく入っているローンカードも要注意ですよ。

ちらりと見えただけで、わかる方にはわかってしまうので、親バレを防ぐにはお財布を開けても見えないところにしまう、利用明細の管理をしっかりすることが大切です。

ATMに入っていくところを見られた

消費者金融の多くは、自社のATMや自動契約機を持っていることが多いです。

自社ATMを利用すると、手数料もかからず借入・返済共に手数料がかからないため、利用者にとってうれしい限りですよね。

しかし自社ATM・自動契約機は、他の人から見ると消費者金融のATMだとわかりやすいという欠点があります。

そのため、何気なく利用した自社ATMへ入るところを、親に目撃されるなどをしてバレてしまうというケースも少なくありません。

自社ATM・自動契約機を利用する場合は、親の行動範囲外のATMにするなど、周囲に知り合いがいないかどうか気をつけてから利用するようにしましょう。

督促が届いて借金が発覚した

特に、親と同居して延滞している方は要注意です。

返済が滞ると、消費者金融から取り立てとして督促状が自宅に届きます。

また、自宅への電話連絡なども行われ、ゆくゆくは自宅訪問もあるのです。

ここまでくると、一緒に住んでいる親や家族にバレずに消費者金融を利用するということは不可能に近いでしょう。

親にバレたくないという方は、絶対に滞納などはしてはいけません。

親にバレないための3つの方法

消費者金融からの借入を絶対に親に知られたくないという場合、どうしたらバレずに利用し続けられるのか、気になりますよね。

バレないコツとしては、2つあるのでご紹介します。

実家や親元を離れる

親と同居しているという方は、注意が必要です。

郵便物から消費者金融の利用がバレてしまうという方は、少なくありません。

消費者金融の中には、滞納をしていなくても書類が自宅に送られてくるケースがあります。

同居している場合、送られて生きた郵便物を見られてしまい、その結果バレるといったケースも多いです。

消費者金融側も、差出人を見ただけでは周囲にバレにないよう工夫をしていますが、それでもバレてしまう可能性があります。

親バレを絶対に防ぎたいといった場合は、親元を離れるという選択も検討しましょう。

完全にWEBだけで借りるサービスを使う

一番親バレを防ぐ対策としてやりやすいのは、WEB完結で申し込むということです。

WEB完結では、ネット上で申し込み、書類の確認、そして借入まで全て完結することができます。

スマホがあれば、カードレスで借入ができるので、ローンカードが自宅に届くことも有りません。

カードだけではなく、書類なども送られてこないかどうか心配だという方は、消費者金融へ連絡をして「自宅には書類を送付しないでほしい」と伝えましょう。

柔軟に対応してくれることも多いです。

ただし、WEB完結を利用するときは、自宅のパソコンを利用して申し込むのは避けてくださいね。

もし検索履歴などを見られてしまうと、バレてしまう可能性があります。

しっかりと対策をとれば親バレはしない

借入はデリケートな部分でもあるため、絶対にバレたくないという方は大勢いますよね。

消費者金融側も、顧客のプライバシーを守るため、送付書類を少なくする、消費者金融の会社名で郵便物を送付しないなど、配慮を心がけています。

WEB完結を利用する、スマホなどロックし家族が見えないようにするなどしっかりと対策をすることで、親バレを防ぐことができます。

対策については、下記の記事も参考にしてみてくださいね。

絶対に誰にもバレたくない借金方法

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は、消費者金融の親バレを防ぐことができるのか、対策方法などご紹介しました。

重要なポイントとしては、次の5つがあります。

  • 消費者金融で借入をしても、基本は親バレすることはない
  • 郵便物や利用明細、カードなどを見られたことによって、親バレしてしまうことが多い
  • 親元を離れて暮らしている人は、親バレする可能性は極めて低い
  • 滞納してしまうと、電話や督促状などによって親バレ必須
  • WEB完結で申し込めば、郵便物やカードもないのでより親バレを防ぐことができる

消費者金融の利用が親にバレたことによって、最悪は絶縁になってしまったという方も少なくありません。

親がとても厳しいので、消費者金融の利用がバレない方法を知りたい

親にバレないよう、なにか対策をしたい

といった方は、この記事を参考に対策をしましょう。

滞納せず順調に返済完了をすると、親バレを防ぐことができます。

-身内のキャッシング事情

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2019 All Rights Reserved.