身内のキャッシング事情

家族の借金の返済義務は自分にもある?

投稿日:

もしもあなたの家族が内緒で多額の借金をしていた場合、その返済義務が自分にもあるのか気になるところです。「借りたのは自分自身ではないので借金を作った家族に支払い義務があるのだろう」と考える方が多いと思いますが、実際のところはどうなのでしょうか。ここでは家族の借金とその返済義務に関する情報をまとめていきます。

家族が生きている間

借金を作った家族が生きている間の返済義務については契約内容次第で支払い義務が変わる場合があります。実は消費者金融などのお金の貸し借りに関する責任と義務は非常に細かく設定されています。債務者と債権者の間で執り行われる規定が原則となりますが、利息制限法、出資法といったものも絡んできます。

実はこれらの複雑な規定や法律の中に「家族の借金は返済しなくてはならない義務がある」とは記載されていません。つまり「家族だから返済しなくてはならない」とはならないわけです。仮に債権者側から「あなたの家族が借金を作ったのだからあなたも返済するべきだ!」と迫ってきても支払い義務は無いので支払う必要はありません。もちろん法律で罰せられることもありません。

しかし家族が生きている間は契約次第で支払い義務が発生する場合があります。

保証人になっている場合

消費者金融から借入をする場合、最近は担保や保証人が必要のないものが多いですが、借入金額が大きい場合などは保証人を用意する場合があります。もしも自分が保証人になっている場合は支払い義務が生じます。例えば家族の支払いが滞ってしまった場合は消費者金融などの債権者は保証人に対して支払いを求められます。しかし保証人の場合は弁明の余地も多少残されているので債権者と話し合いをした上で借金を軽減できる場合もあります。

連帯保証人

保証人とよく似ているためひとくくりにされがちですが、連帯保証人と保証人の間では若干違う部分があります。連帯保証人の場合は有無を言わず弁済に応じる必要があります。そして一般的な保証人は連帯保証人を表していることがほとんどです。

連帯債務者

連帯債務者として契約している場合は家族と自分自身が一緒に借金をしている、とみなされます。つまり2人が共同で返済していかなくてはならないというわけです。もし仮に家族が返済できない状態になってしまうと連帯債務者となった自分自身がすべての責任を負わなくてはなりません。

もちろん家族だからといってこれらの保証人になる必要は全くありませんが「親の頼みだから断れない」「子供のために保証人になる」という場合はこれらのリスクも踏まえておかなくてはなりません。

家族が死亡した場合

もしも亡くなった家族が内緒で借金をしていた場合、借金もまた相続されてしまいます。個人が所有していた財産を相続人となった遺族が分配して相続しなくてはなりません。一般的に相続というと財産を受け取れるプラスのイメージがありますが、借金などのマイナスも相続されてしまいます。

相続は「相続放棄」「限定承認」「単純承認」の中から選べます。


相続放棄 名前の通りプラスもマイナスもいずれの財産も放棄することを選ぶことになります。借金が多い場合はこちらを選ぶのが正しいです。
限定承認 債権者と相続人の間で話し合いをしてどの部分まで借金の支払いを行うのかをつき詰めていきます。プラスとなる財産とマイナスとなる財産のバランスを調整します
単純承認 プラスもマイナスもどちらの財産もそのまま相続することを選びます。借金が特にないのなら単純承認を選ぶ事となります


-身内のキャッシング事情

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.