同僚に知られずに消費者金融を利用するのは難しいことではない

消費者金融を利用して借金をする場合、できるだけ周りの人たちに知られたくないと思うのは当然のことです。特にお金に関する管理能力というのはその人自体の評価に直結しやすいもの。止むを得ない事情で利用しているにもかかわらず「借金をしている=お金にルーズ」と思われるのは不利益でしかありません。そのため消費者金融から借入を考えているけれど、同僚に知られたくない、知られずに借入する方法を知りたいという方もたくさんいます。

 

同僚に知られずに借金は難しくは無い

同僚に知られることなく消費者金融から借入することはそう難しいものではありません。例えば、配偶者や家族などに知られずに借入する場合はいくつかの工夫を取り入れないといけない部分もありますが、生活を共にしているわけではない同僚に知られることの方が珍しいと言えるでしょう。

 

消費者金融を利用していることが周囲の人たちにバレるのは主に自宅に郵送されてきた利用明細から発覚することがほとんどです。もしも自宅に同僚が来るのが分かっているのならこれらの郵便物が目につく所に置かないようにしましょう。

 

同僚といるときに借入

ただし注意しておきたいのが同僚と一緒にいるときに借入をする場合です。例えば、同僚と一緒にお酒を飲んでいたり、旅行に出かけたりしたときに手持ちのお金が無くなったため消費者金融から借入をする時は注意しておきましょう。まず最初の注意点はその消費者金融のATMは利用すべきではないということです。ATMを利用した時点で「この人は○○消費者金融から借金をしているんだ」とバレてしまいます。

 

しかし最近の消費者金融はコンビニATMや銀行ATMと提携していることが多く、これらを利用すればあたかも銀行のキャッシュカードからお金を引き出しているように見られるためバレる心配はほとんどありません。別途手数料がかかる場合もあるのでそのあたりは事前の確認が必要です。

 

在籍確認でバレることはほとんど無い

消費者金融の申し込みを行うと審査の過程で必ず在籍確認を行います。つまり、会社に電話がかかってくるわけです。もしもこの電話に同僚が出てしまうとバレるのでは?と心配になりそうですが、消費者金融側もその辺りにはきちんと配慮してくれるのでほとんどばれる心配は無いと言っても良いでしょう。電話をかけてくるときは必ず個人名でかけてきます。「○○と申しますが○○様はいらっしゃいますか?」とかけてくるのでその電話に出た同僚が「○○が消費者金融を利用しているなんて!」と気づくことはほぼありません。

 

債務整理なども同僚にバレる心配は無い

もしも借金が大きく膨らみすぎてしまい、このままでは返済することが不可能だ、という状況になってしまったら債務整理を選ばざるをえない可能性も出てきます。債務整理というのは任意整理や自己破産といった借金問題を法律で解決するものです。債務整理を行っている最中も同僚にバレる心配は無いので安心して大丈夫です。ただし一部の債務整理は「官報」に住所と氏名が記載されてしまうためこれを見られると同僚にバレてしまいます。一般生活を行っている方が官報に目を通すことはほぼありませんのでそこまで神経質になる必要は無いでしょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る