開示請求権を使って内容をチェックする方法

クレジットやカードローン、キャッシングの申込みをしているけれどなかなか審査に通らない、という場合は信用情報機関に登録されている個人信用情報に傷がある可能性があります。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。

 

例えば、延滞が続いていたり、支払いが滞っていたり、多くの件数の借入があったり、といった場合は十分な収入や返済能力があっても審査を断られてしまうこともあります。

 

実は信用情報機関に登録されている個人信用情報は本人であれば確認することができます。これを「開示請求権」と言います。一定の手続きをとらなくてはならないため多少面倒に感じられるかもしれませんが、身に覚えがないにもかかわらず誤った個人信用情報が登録されていて、それが原因で審査に通らない、となると問題です。

 

ここではそれぞれの信用情報機関の開示請求権と開示方法について紹介していきます。

 

CIC

CICは主にクレジットカード会社や消費者金融が利用している信用情報機関です。CICに加入しているクレジット会社などの契約内容や支払い状況は信用情報として登録されています。開示請求権を行使することによってCICに信用情報が登録されているのか、またどのような登録がされているのかを確認できます。

 

CICの開示請求権の申込み方法は大きく分けて3つ用意されています。それぞれでかかる時間や費用が異なるのでチェックしてみましょう。

  インターネット 郵送 窓口
特徴 自宅のパソコンや携帯電話などインターネット環境のある端末から開示の回答情報が得られる 申込み書、本人確認書類、手数料を郵送すると10日ほどで開示報告書が郵送される 全国主要都市にあるCICの窓口に設置されているタッチパネル端末機に情報入力操作をすることでその場で開示できる
用意するもの インターネット環境にあるパソコン、または携帯電話、クレジットやキャッシングの契約に利用した電話 開示申込み書、本人確認書類 本人確認書類
手数料 クレジットカード一括払い ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1000円) 現金500円

 

郵送で開示請求する場合は「信用情報開示申込書」が必要となります。手に入れるためにはプリンターが必要です。CIC公式ホームページに情報開示申込書の作成ができるページがあるのでそちらから作成し、後はプリンターでプリントアウトすればOKです。もしもプリンターを持っていない場合はCICの全国共通ダイヤルから申込み書を取り寄せることになります。

 

JICC

JICCもまたCICと同様にクレジットカード会社や消費者金融が利用しています。開示請求権による申込み方法は大きく分けて3種類です。具体的には次の通りとなります。

  携帯電話 郵送 窓口
特徴 スマートフォン、携帯電話のいずれかで申込みが可能。専用のアプリをダウンロードして案内に沿って手続きを進めていく 申込み書、本人確認書類、手数料を郵送すると10日ほどで開示報告書が郵送される JICCの窓口は東京と大阪に開設されており、手数料と本人確認書類を持参すれば開示できる
用意するもの インターネット環境にある携帯電話、スマートフォン 開示申込み書、本人確認書類 本人確認書類
手数料 クレジットカード一括払い、コンビニ支払い、ATM支払い クレジットカード払い、ゆうちょ銀行で発行の定額小為替証書(1000円) 現金500円

 

JICCは窓口が2ヶ所しかないため、多くの方は郵送、もしくは携帯電話からの開示を選択することになるでしょう。郵送の場合必要となる申込み書はJICC公式ホームページで作成し、プリンターでプリントアウトするという形になります。

 

KSC

KSCは主に銀行を関連の金融機関の個人信用情報を取り扱っています。開示請求権による申込みは郵送による申込みのみを受け付けています。以前までは電話での請求、窓口での請求にも対応していたのですが現在は廃止されています。

  郵送
特徴 必要書類を用意し、KSCに郵送すれば結果が送られてくる
用意するもの 必要書類、本人確認書類
手数料 ゆうちょ銀行発行の定額小為替証書1000円

 

現在郵送でのみ受け付けているということで、まずは必要書類を用意する必要があります。必要な書類は公式ホームページ上で集めることができ、情報入力もパソコン上から可能です。ただし、氏名欄は自署でなくてはなりません。プリントアウトする環境のない方は電話で問い合わせましょう。結果が郵送されてくるまでおよそ2週間前後必要となります。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る