短期間に複数の申込みをすると審査に通りづらくなる可能性が

キャッシングやカードローン、クレジットカードを利用すると信用情報機関にこれらの記録が残ります。すでに利用している記録(借金の総額など)はもちろん、契約や返済に関する情報も記載されます。例えば、延滞が続いたり、債務整理を行ったりすると「金融事故」として信用情報機関に記録が残る、いわゆる事故者リスト、ブラックリストが残ることになります。これらは比較的有名な話なのですが、実はこれ以外にも信用情報機関に記録される情報があります。それが「申込みの記録」です。

 

例えば「一度の審査で必ず通るとは限らないため、できるだけたくさんの消費者金融に申込みしておこう!これならどこかに通るかもしれない!」と考える人もいますよね。しかしこれは非常に危険です。というのも、それぞれの消費者金融に申込みした事実は信用情報機関に登録され、最長で6カ月保存されます。

 

消費者金融は必ず審査の過程で信用情報を確認していますので、それを見た消費者金融は「どうしてこの人は一度にたくさんの申込みをしているのだろう?」「よっぽどお金に困っているのだろうか?」「そんな人が返済できるのだろうか?」と色々と疑ってきます。つまり、審査に通りづらくなってしまう可能性が出てくる、というわけです。

 

連続申込みはリスクが大きい

キャッシングに申し込むと必ず個人信用情報を閲覧した上で審査していきます。手当たり次第て色々な消費者金融に申込みしてしまうと悪い影響が起こりかねない、というのは前述した通りです。

 

人によっては「申込みしただけで?」と思うかもしれません。しかし複数申込みしている時点で怪しまれるのも無理はありません。申込みの記録は6カ月間保存されるわけですので、可能なら6カ月おきに申込みしたほうが良いのは間違いありません。もちろん、あまりにも多くの消費者金融に一度に申し込まなければ問題無いこともあります。上限としては2〜3回にまとめておいたほうが良いとも言われています。

 

コツとしては以下のポイントを押さえておきましょう。

 

1日で申し込む

いくつかの消費者金融に同時に申込みを考えている場合はできれば1日、つまり同じ日に申し込んだ方が良いでしょう。というのも、ひとつ申込みした時点ですぐに信用情報は記録されるのですが、万が一いずれも通らなかったことを考えると掲載される6カ月を早めに消化したいところです。数日おきに申込みしてしまうとその分だけ掲載期間がどんどん延びることになり、次の審査を受けられるまで時間がかかってしまいます。

 

2社までに留める

消費者金融に申込みするときは2社までに留めましょう。ちなみに、1ヶ月以内に3〜4社以上に申し込んだ場合はそれだけで「要注意人物」として扱われる可能性があるようです。

 

もしも申込み記録が残っているかもしれない、と心当たりがある方は6カ月待ってから審査を受けなおしてみてはいかがでしょうか。もちろん、その時までにできるだけ審査基準を満たせるように準備しておくことも大切です。借入がある人は完済に近づけること、延滞がある場合は速やかに支払うこと、バイトやパートの人は正社員を目指すこと、などが挙げられます。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る