気になる信用情報について

就活に影響する可能性はある?

投稿日:

これから就活をしようと思っている方で、今現在ローンやキャッシングを利用している、あるいは過去に利用したことがある場合「ローンやキャッシングのせいで就活に影響が出たらどうしよう」と不安に感じる方もいるかもしれません。

最近では学生でも学生ローンや、キャッシング機能の搭載されているクレジットカードが簡単に手にできます。また、意外に思う方もいるかもしれませんが、学生ローンなどを使ったことがなくても携帯電話の機種代金を分割払いで支払っている場合はローン扱いになっているんです。もしも消費者金融のカードローンやキャッシングを利用して就活に影響を与えてしまうのなら大変なことです。それでは消費者金融の利用と就活への影響について詳しく確認してみましょう。

就活に影響することはほぼ無い

消費者金融の利用が就活に影響を与える可能性について先に結論を述べると「ほとんどない」と言い切れます。というのも、そもそも自分以外の人がキャッシングやローンを利用していること(個人信用情報)を知る手だてがないからです。

私たちが消費者金融を利用すると信用情報機関に個人信用情報が登録されます。これを閲覧することで現在借金があるのか、きちんと返済できているのか、あるいは延滞しているのか、などをすぐに確認できます。もちろん、就活先が信用情報機関に記録されている信用情報を閲覧すれば悪影響の可能性も出てきます。しかし信用情報に関しては本人、あるいは金融機関以外は閲覧することができません。そのため、現在どのような消費者金融を利用しているのか、あるいは過去に利用していたのかを知ることは不可能です。

例外もある

信用情報を閲覧されるリスクは無いため、消費者金融の利用が就活に影響を与えることはありません。しかし、いくつかの例外はあります。

まずひとつは信用情報の提出を求める企業も存在している、ということです。もちろん本人以外は信用情報の開示ができないため会社側から勝手に、というのは無理です。しかし、本人の承認があった場合は開示請求ができてしまいます。つまり、就活をしていて気に入った会社が見つかり、入社、あるいは応募した際に「開示された信用情報に関する書類を提出する」と書かれていた場合は要注意です。

その場合は信用情報機関に自分で開示請求をしてそれを提出しなくてはなりません。当然それを知りたがっているということは借金をしていない人であることが期待され、就活に影響する可能性が高まります。

そしてもうひとつは一部の企業は閲覧できる、ということです。基本的に信用情報機関から情報開示するには審査以外には使用してはいけないとされています。ですが、銀行やカード会社、消費者金融などの金融機関に関連する企業上の就活の場合は確認されてしまう場合もあるようです。また携帯電話会社なども確認可能となっています。もちろんこれは正しい使い方ではないため絶対に行われているとは限りませんし、公表されることは無いでしょう。閲覧しようと思えば信用情報が開示ことは注意しておいたほうが良さそうです。

-気になる信用情報について

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.