気になる信用情報について

他社借入履歴は信用情報機関に記録されている!審査に影響する項目

投稿日:

クレジットカードやカードローン、キャッシングなどを利用し始めるためには審査をパスする必要があります。審査を通り、融資を受けるためには様々なポイントをクリアしていかなくてはなりません。具体的には次のようなものが挙げられます。



属性審査 申込み者の氏名や性別、年齢、住所、勤務先、収入など個人情報に関するもの。ここから返済能力を見極める
書類確認 利用し始めるにあたって必要な書類を揃えられるか
在籍確認 申込みに嘘偽りがないか確認。勤務先の在籍確認や登録した携帯電話や固定電話が本当のものかを確認
信用情報審査 CICやJICC、KSCといった信用情報機関に問い合わせて個人信用情報に不審な履歴がないか確認


一般的に審査を受ける際に重要とされるのは「属性審査」だと言われています。確かに総量規制によって年収の3分の1までしか借入できなくなっていますし、何より十分な返済能力を持ち合わせていないと契約しても返済の見込みがないため断られてしまうのは当たり前です。しかし、それなりの属性を持ち合わせている、例えば大手企業に勤めていたり、年収が高くてもなかなか審査に通らないこともあります。

そのようなときはもしかすると「信用情報審査」で引っかかっているのかもしれません。信用情報審査の中でもかなり重要視されているポイントのひとつに「他社借入履歴」が挙げられます。

他社借入があっても新しく借りられる?条件さえ満たしていればチャンスはある

他社借入があるけれど、新しく借入したい。しかし他社から借入している状態だと審査に通らないという話をよく耳にします。では他社借入がある時点で審査は断られてしまうのでしょうか。

実は、他社借入があっても借りられる消費者金融はたくさんあります

もちろん無条件で借入できる、というわけではないため条件を確認し、それを満たしていることが必須です。それではどのような条件を満たしていればよいのでしょうか

借入総額

他社借入がある状態で新しい契約を結ぶためには「借入総額」を確認しましょう。これは総量規制によって「年収の3分の1以下まで」しか借入できないと決められているからです。

例えば年収300万円の人がA社から50万円、B社から20万円借入しているとしましょう。総量規制によってこの人は最大で100万円までしか借入できません。つまり、このケースだと残り30万円まで猶予がある、ということになります。

そのため、新しく借入するときは利用限度額は上限30万円までなら契約できることに。ちなみに年収の3分の1まで到達してしまうと無条件で審査に断られます

他社借入件数

クレジットやキャッシングの審査では必ず「他社借入件数」がチェックされています。こちらは総量規制のように明確に決められているわけではないのですが、消費者金融業界では多くの他社借入件数がある場合は多重債務に陥っている可能性があるつまり返済できなくなったり、債務整理を行う可能性があるため審査に通さないのが一般的です。

そのボーダーラインとなっているのが「3件」だとされています。ただし最近では2件以上の他社借入件数がある場合も断られるケースが増えているようです。ですので、できるだけ他社借入件数を減らすことが新しく審査に通るための鍵だと言えるでしょう。

もしすでに3社以上から借入している場合は最も借入金額が少ないクレジットやキャッシングを優先して早めに完済するのがおすすめです。場合によっては利用限度額に余裕のある消費者金融から新しく借入してその分で返済する、という方法もあります。

嘘の申告をしたらどうなる?

他社借入金額や件数は「申告しなければ大丈夫」と思っている人もいるかもしれません。しかし、これらの情報は全て個人信用情報機関に登録されているので嘘をついても無駄です。

むしろ、嘘をついたことが理由で余計審査に通りづらくなってしまう可能性があります。絶対にバレることですので正しい情報を申告しましょう。

他社借入履歴とは?

他社借入履歴等は名前の通り他の消費者金融やクレジット会社から借り入れをしているかどうかに関する履歴のことです。どこに記録されているのかというと、CIC、JICC、KSCといった信用情報機関に残されています。これらは審査を行う過程で必ず照会するものなので避けては通れません。もし仮に申込み時に「他社借入状況は全くない!」と申請してもリアルタイムで照会できるためすぐにバレてしまいます。

ですので、そこで嘘をついてしまった時点で審査に断られるといっても過言ではありません。では、他社借入履歴に関するどのような項目が審査に不利に働くのでしょうか。

他社借入履歴が3件以上

他社借入履歴があっても審査に通ることもありますが、一般的には3件以上の履歴が見付かった場合は断られることが多いとされています。基本的に多ければ多いほど不利に働きます。

年収の3分の1を超える

総量規制によって消費者金融から借入できる金額は年収の3分の1までとなっています。これはそれぞれの消費者金融で計算されるのではなく、トータルでの借入金額となります。もしも年収の3分の1を超えているとその時点でアウトです。また、限りなく年収の3分の1に近い金額を他社から借入している場合も断られてしまいます。ただし、銀行ローン、住宅ローンなど担保ローンは対象外となっています。

滞納履歴

他社借入履歴の中には返済状況なども詳しく記載されています。そのため、他の消費者金融で過去の滞納・延滞記録が見つかった場合は審査に不利に働きます。

債務整理

過去に他社の消費者金融で自己破産や任意整理などの債務整理を行った場合も他社借入履歴として残ります。

携帯電話の割賦支払いの滞納

携帯電話やスマートフォンの機種代金を割賦で支払う(分割払い)のが当たり前になってきました。しかし実はこれらもローンの一種です。1ヶ月以上滞納しただけで審査に不利に働いてしまうことがあります。

短期間で複数の申込み

他社借入履歴は実際に借入していなくても申込みした時点で記録が残ります。最長で6ヶ月保持されます。短期間でたくさん申込みをしていると「よほどお金に困っているのか」「返済できるの?」と警戒され、審査に不利に働くことがあります。

これらのうち一つでも心当たりがある場合はそれが原因で審査で不利に働き、通らにくくなっている可能性があります。滞納や延滞の場合はきちんと返済すれば評価が変わってきますし、申込み履歴に関しては長くても半年間で信用情報記録が消去されるため少し期間を開けるだけで結果が異なってくることもあります。

他社借入があっても借りやすい消費者金融は?

他社借入があっても借りやすい消費者金融とそうでないところがあります。ではどうのような消費者金融が借入しやすいのかというと「おまとめローン」を取り扱っているところがおすすめです。

そもそもおまとめローンは他社借入のある人がその消費者金融で一本化させることを目的とした金融商品です。もちろん他社借入がある状態でも無条件で利用できるか、と言えばそれは難しいのですが、他の方法と比べるとグッと難易度が低くなっています。

おまとめローンを上手に活用することで金利を下げ、場合によっては総支払い額を減らせる可能性もあります。しかし金利は下がっても返済期間が延びてしまうことで総返済額がかえって増えるケースもあるので事前にしっかりと計算してから検討していきましょう。

-気になる信用情報について

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.