気になる信用情報について

銀行カードローン申込み時に出てくる保証会社って何だろう?

投稿日:

消費者金融や銀行カードローンの商品概要書を見てみると「保証会社の保証が受けられる方」と記載されています。さて、ここで気になるのが「保証会社って何だろう?」ということです。ここでは銀行カードローン、クレジット会社と保証会社の関係について紹介していきます。

保証会社が生まれた背景

貸金業法が改正されたと同時に、多くの消費者金融が痛手を受けることになりました。これまではグレーゾーン金利で多くの利息を手に入れることができていたのですが、改正によって利息の上限が明確に定められたこと、総量規制によって個人に貸付できる上限がもうけられたことによって利益が減ってしまいました。具体的には次のような変更点が加えられています。



貸付金額 上限金利
10万円未満 20%以下
10万円以上100万円未満 18%以下
100万円以上 15%以下


また同時にグレーゾーン金利で多大な利息を支払っていた人たちが弁護士と組んで過払い金請求を行うようになったのも消費者金融にとって痛手でした。当時の大手消費者金融「武富士」が倒産したこと、中小消費者金融が軒並み倒産したことを考えると相当ショッキングな出来事だったことが分かります。

そこで消費者金融は生き残りをかけて、大手銀行のグループ傘下になったわけです。たとえばプロミスはSMBCコンシューマーファイナンス、アコムは三菱東京UFJフィナンシャルグループの傘下となっています。これが結果的に双方のノウハウを吸収しあってよりよいサービスが提供できるようになったのは利用者としては喜ばしいことです。

そして、貸金業法改正以降、他のグループの消費者金融や審判、銀行と提携して保証会社として機能し始めるところも増えてきました。

保証会社って何をするところ?

保証会社の保証が受けられないと銀行カードローンなどの審査が受けられない場合が色々とあります。ではどうして保証会社を挟まないといけないのか、というと「審査と債権の保全」を行っているからです。

例えば、銀行カードローンを利用している人が滞納したり、延滞したり、踏み倒したりすると次々に遅延損害金が発生することになります。このままだとカードローン会社は損してしまうことに。そこで保証会社が代位弁済します。

代位弁済は保証会社が債務者(利用者)の代わりに返済してくれます。このおかげで銀行は損をすることはありません。では保証会社が代位弁済してくれたからそれで終わりか、といえば決してそのようなことはありません。債務者は今後は保証会社に対して支払いし続けることになります。

これらの点から、銀行カードローンの審査をパスするためには銀行の審査+保証会社(消費者金融)の審査をクリアする必要が出てきます。だから銀行系のカードローンは厳しいと言われているわけです。

しかし銀行カードローンのメリットとして総量規制対象外となっているので年収の3分の1以上の借入も可能ですし、自身が収入を持たない人、例えば専業主婦でも利用可能なところもあります。また利用限度額も高めに設定されていることも多く、より様々な用途に使えるのもメリットだと言えます。

-気になる信用情報について

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.