クレジット会社や消費者金融が加入している信用情報機関

クレジット会社や消費者金融が審査をする上で個人信用情報を確認するのに利用しているのが「CIC」と呼ばれる信用情報機関です。CICはクレジット会社が共同出資することで昭和59年に設立された信用情報機関となっており、主に割賦販売や消費者金融のカードローンなど、いわゆるクレジット事業を営む企業が加入しています。

 

加入している企業の様々な信用情報を収集してそれぞれが照会できるようになっており、これによってより健全な消費者金融の運営をサポートしています。取り扱っている個人信用情報については個人の属性(氏名や生年月日、住所など)、契約内容(どのような金融商品を利用しているのか)、支払い状況(きちんと返済しているのか、あるいは滞納しているのか)、残債額となっています。

 

クレジット会社や消費者金融だけが利用しているわけではなく、信販会社、百貨店、家電メーカーのクレジット会社、銀行のクレジット会社、自動車メーカーのクレジット会社、携帯電話会社なども加入しています。

 

CICの役割とは?

CICは加入しているクレジット会社や消費者金融がクレジット、ローンの利用に関する情報の収集と管理、そして提供、開示を行うことが目的です。

 

例えば消費者がクレジットカード会社に申込みをした場合、審査を行います。その過程で「無理のない契約か」「十分な支払い能力を持ち合わせているか」を判断しなくてはなりません。これを「信用供与判断」と言います。しかしクレジット会社や消費者金融ごとに累積した情報だけでは十分な審査を行うことはできません。そこでCICに信用情報の登録を行うと共に、他のクレジット会社や消費者金融が登録した情報を照会することができます。これによって様々な効果が得られます。

 

適切な契約の実現

クレジット会社、消費者金融は利用者の「信用」を供与しています。その判断材料のひとつとして個人信用情報を参考にしています。本当に利用者にとって無理のない契約なのか、あるいは利用者の過去の実績などから十分な支払い能力を持ち合わせているのか、を正しく判断することができれば支払い能力に応じた適切なサービスを提供することができます。

 

スピーディーな情報提供

即日融資のニーズが高まっていることからも、よりスピーディーに、そして正確に情報を集めることが重要な時代になってきました。クレジット会社ならびに消費者金融はCICを利用することで正確に、そして迅速に個人信用情報を取り扱えるようになっています。だからこそ即日融資、翌日融資に対応できる消費者金融が増えています。

 

多重債務や債務整理の未然防止

消費者金融の利用、あるいはクレジットカードの利用によって多重債務に陥る人がいます。これは消費者の返済能力を超えた契約を結んでしまったり、複数の契約によって多重債務が生じてしまうことが原因だとされています。そこでCICを利用することにより現在の借入状況などを即座にチェックできるようになりました。これにより、多重債務の未然防止、さらには多重債務から発展してしまう債務整理問題についても未然防止効果が期待できます。

 

CICが保有する情報の内容

CICが加入会員より収集・保有する情報は以下の通りとなります。

信用情報の種類 内容 保有期間
申込み情報 クレジット、カードローン、キャッシングなどの新規申込みの情報。氏名や生年月日、住所など個人の属性、そして申込み内容に関する情報を記録 6ヶ月間
クレジット情報 CICの加盟会員と契約している内容や支払い情報などのまとめ 契約期間中、および取引終了後5年間
利用記録 クレジット、ローン、キャッシングの利用途上における支払い能力の調査、そして照会した事実の記録 6ヶ月間

 

 

入金状況欄について

クレジット情報の欄に記載される内容としては、属性や契約内容、お支払の状況、そして入金状況などがあります。入金状況の欄は直近24ヶ月分の記入欄が設けられており、ひとつの欄を一ヶ月として、毎月の入金状況が記号で記録されています。右側が過去で左に進むほど最近の情報となります。

 

主に使われる記号は「$」「P」「A」の3種類で、「$」は請求金額が問題なく全額入金されたことを表しています。この記号がずっと続いてる状態が正常に支払いを続けている状態です。「P」は一部金額のみの入金だった場合で、「A」は支払い日に入金されなかったことを表します。「A」が繰り返し続いている状況ならば、最終的には解約となてしまう場合もあります。

 

その他にもその時の状況に応じて「R」「B」「C」などの記号が記入されます。「R」は保証人または保証会社によって入金された場合の記号で、「B」は支払いのシステム障害など契約者以外の都合によって未入金だった場合、「C」は原因不明の未入金の場合に使われます。クレジットカードの契約は続いていても全く利用残高がない状態後請求が発生しませんので「−」 と記入され、解約後は情報更新がストップしますので、何も記入されない空欄となります。

 

情報が保存される期間

このクレジット状況の中にある入金状況の欄は、 直近の24ヶ月分が表示される仕組みになっていますがそれより以前の情報は削除されているわけではなく5年間保存されています。

 

そのため、商品の解約を行うとその時点から情報が更新されないため、最後の24ヶ月分の情報が5年間ずっと表示され続けてしまうということに注意が必要です。つまり、解約の直前に延滞を続けており「A」ばかりが表示される状態ですぐに解約をすると、延滞していたことが5年間晒されることになります。

 

もちろん今後5年間全くローン商品を利用しないのは明らかならば気にする必要はありませんが自動車や高価な家具などは分割払いでないと購入しずらいですので、24ヶ月経過してから解約するのがよいでしょう。

 

金融事故を表す異動情報とは

お支払い状況の項目には、請求額、入金額、残債額、そして返済状況などを記入するための欄があります。最後の返済状況の欄が要注意で、重大な金融事故が起こってしまった時はこの欄に異動という文字が入ることになります。異動と記入されることになる金融事故の例としては債務整理や代位弁済が行われた場合、61日以上もしくは3ヶ月以上の延滞があった場合、強制解約があった場合が当てはまります。

 

こちらはクレジット情報とは異なり24ヶ月間という期間ではなく、保存期間は最長5年間となります。このような異動情報は重大な金融事故の情報として扱われており、JICC、KSCのような他の信用情報機関とも情報を共有しています。その結果、消費者金融や銀行が提供している金融商品を利用するときの審査でも金融事故の事実が発覚し、審査通過が難しい状況となります。

 

CICから信用情報を開示する方法とは?

信用情報機関のCICから信用情報を開示する方法は、直接窓口に行く方法の他に、パソコンや携帯電話(スマートフォン)を利用する方法、そして郵送でそれを送付してもらう方法の3種類があります。

 

開示請求を行う際の注意点として、CICは信用情報をクレジットカードやキャッシングなどの申し込み時の電話番号で管理しているという点です。

 

よって、現在の電話番号だけでなく、過去にクレジットカードやキャッシングを利用していた時の電話番号でも開示請求を行わないと、その時の記録は開示できないということです。

 

ここでは窓口から開示請求をする方法と、パソコンや携帯電話(スマートフォン)を利用する方法の具体的な手順を説明します。

 

直接窓口から請求する場合

 

CICの窓口は全国に7箇所あり、全て主要都市に集中しています。

 

  • 首都圏開示相談室 (東京都新宿区)
  • 北海道開示相談室 (北海道札幌市)
  • 東北開示相談室 (宮城県仙台市)
  • 中部開示相談室 (愛知県名古屋市)
  • 近畿開示相談室 (大阪府大阪市)
  • 中四国開示相談室 (岡山県岡山市)
  • 九州開示相談室 (福岡県福岡市)

 

これらの窓口の受付時間は、全て月〜金曜日の10〜16時です。(ただし、12〜13時の昼休みの時間帯は除く) また、土日や祝日、及び年末年始は営業を行っていないので注意してください。

 

窓口に開示請求の為に持っていくものは、自身の身分証明書と、手数料となる500円です。ここで身分証明書として利用できる書類は以下となります。

 

1点だけで有効になるもの

合わせて2点で有効になるもの

運転免許証、もしくは運転経歴証明書

各種の健康保険証

マイナンバー個人番号カード

各種の年金手帳

パスポート

戸籍謄本、もしくは戸籍抄本(作成日より3ヶ月以内の原本のみ有効)

写真付きの住民基本台帳カード

印鑑登録証明書(作成日より3ヶ月以内の原本のみ有効)

写真付きの各種の障がい者手帳

在留カード

特別永住者証明書

旧姓の時の信用情報も合わせて開示請求したい場合には、戸籍謄本などの旧姓が確認できる書類を持参する必要があります。また、請求する名前ごとに手数料が発生するので、現在の姓と旧姓の両方の開示をしたい場合には、合計して1,000円の手数料が必要になります。

 

窓口の利用手順

 

この窓口を利用する手順ですが、まず最初に店内に設置されているタッチパネル式のセルフ開示端末「C-touch」を使用します。

 

ここでタッチパネルを操作して、以下の必要項目を入力します。操作方法が分からない場合は、受付の人に尋ねてください。

 

  • 姓名
  • 生年月日
  • 電話番号(※現在契約中のクレジットカードやキャッシングなどの契約時に申告したものは最大2つまで、過去に契約していた時に申告したものは最大4つまで)
  • 郵送番号
  • 運転免許証を所持している人はその運転免許番号(※所持していない場合は必要ありません)

 

これらの項目を入力し、「この内容で開示する」をタッチすると、受付番号票が発行されます。その受付番号票と、手数料の500円のチケットを券売機で購入して、一緒に受付に提出してください。

 

旧姓の分も請求する場合には、その分のチケットの購入も必要です。これで開示請求の手続きは終了です。混雑していなければ、数分で開示報告書を受け取ることができます。

 

パソコンやスマートフォン(携帯電話)から請求を行う場合

 

パソコンやスマートフォン(携帯電話)からの開示請求は、インターネットを利用して行います。基本的な流れはどれでも一緒なので、ここではパソコンから行う場合の流れを説明していきます。

 

まず、開示請求に利用するパソコンやスマートフォン(携帯電話)が以下の要件を満たしている必要があります。

 

パソコンの場合

 

対応OS Windows VISTA/7/8/8.1
対応ブラウザ Internet Explorer 7/8/9/10/11

 

スマートフォンの場合

 

対応OS iOS 7.0.6以降、各バージョンのAndroid

 

携帯電話の場合

 

対応機種 docomo iモード 1.0/2.、Softbank 3GC、au WAP 2.0

 

 

受付を行っている時間帯は8〜21時で、休日や年末年始でも開示請求することができます。

 

この開示には1,000円の手数料が必要になります。支払いはクレジットカードの1回払いのみで、利用できるクレジットカードが限られているので、CICのサイトにある「利用可能なクレジットカード一覧」から確認しておいてください。

 

パソコンやスマホから開示請求をした場合、開示報告書はPDF形式のファイルで送信されてきます。このファイルを閲覧するには「Adobe Reader」というソフトが必要になります。これは無料でダウンロードすることができるので、事前にインストールしておく必要があります。

 

具端的な手順ですが、掲示請求をしたいクレジットカードやキャッシングの契約時に申請した電話番号から、「0570-021-717」まで電話を掛けます。音声ガイダンスに従って操作を行い、受付番号を取得します。同時に手数料の支払いに利用するクレジットカードの情報も入力します。この受付番号は大切になるので、必ずメモをとっておきましょう。

 

次に、CICのサイトの「パソコンからの開示請求手順」に沿って、「ご利用前の最終確認」にチェックを入れていってください。チェックを入れた後に「パソコンで開示を行う」をクリックし、次に表示された内容をよく読んだ後に「承諾する」にチェックを入れて、「インターネット開示を行う」をクリックしてください。

 

ここから必要項目を入力していきますが、注意するべき点は、「その他の電話番号」という項目です。これは上の方でも説明しましたが、CICでは電話番号で信用情報を管理しているので、開示したい全ての電話番号を入力する必要があります。

 

この入力が終了したら、「次へ」をクリックすると、入力した項目の確認と、送られてくる開示報告書のパスワードについて表示されます。このパスワードとは、最初に取得した受付番号と、入力したクレジットカードの有効期限(4桁)の組み合わせになります。その為、受付番号さえきちんとメモをしていれば、後で忘れてしまったり、間違えることはありません。

 

ここまでに入力した情報などに全て問題が無ければ、最後に「確定」をクリックしてください。これで開示請求は完了です。この時点でクレジットカードから手数料の引き落としが確定するので、これから先にキャンセルをした場合でも手数料は支払う必要があります。

 

この後に「信用情報開示報告書をPDFファイルでお送りしました」という画面になると、ファイルのダウンロードを行った場合と同様に、PDFファイルをダウンロードするかどうかのダイヤログが表示されるので、「ファイルを開く」か「保存」を選択してください。

 

ここで間違って「キャンセル」を選んだり、そのダイヤログをそのまま閉じてしまった場合は、承諾ページの手順からやり直すと、24時間以内であれば再び手数料が掛かることなく、開示報告書のダウンロードが行うことができます。この場合、受付番号やパスワードは以前のものがそのまま使用できます。

 

ダウンロードしたPDFファイルを開く際には、上記のパスワードを入力してください。また、このファイルを「保存」ではなく、「ファイルを開く」で閲覧した場合、一度閉じてしまうと再び閲覧するには承諾ページからやり直す必要があります。折角手数料を支払って請求したものなので、きちんとファイルに保存しておきましょう。

 

郵送で請求する場合

 

CICに対しての情報提供を郵送で行なうとなった場合の方法は簡単であり、申込書類に必要事項を記入し、それに本人を確認出来る書類と手数料としての定額小為替証書を加えてCICに送り、それを親展の簡易書留として送り返してもらうだけです。

 

これは、スマホ、パソコンを利用しての方法が今ひとつ理解出来ないという場合や、その方法自体が煩わしいと思われる方に有効な方法かと思われます。ただ、この方法を用いた場合は、10日前後日にちを要するというデメリットがあります。

 

書類は、CICのウェブサイト上より、プリントアウトして入手することが可能です。万が一、プリンタ、パソコンが家に無いという場合には、CICに問い合わせる必要が出てくるため、そこでまた、時間を要してしまいます。

 

では、この方法についてもう少し詳しく見ていきたいと思います。まず、CICのウェブサイトに行くと、“信用情報開示申込書”というものがあるので、必須事項を入力した後、それを印刷してください。これだけで書類は出来上がりますが、署名等に関しては、自分の手で書いていかなければなりません。

 

次に行なうのは本人を確認出来る書類の複写であり、運転免許証やパスポート等を用いることが出来ます。その後、郵送局で1000円相当の定額小為替証書を入手してください。

 

申込書類となる信用情報開示申込書と定額小為替証書、本人を確認出来る書類が全部揃ったならば、後は、CICのウェブサイト上に書かれている住所(首都圏開示相談室)へそれを送るだけです。

 

送ってから、10日前後で“信用情報開示報告書”が家に届けられることになっています。上記をまとめると、次の通りです。

 

  1. CICのウェブサイト上の“信用情報開示申込書”に必要事項を記入し、プリントアウトする。
  2. 署名等、自筆を必要としている箇所は、自筆する。
  3. 本人を確認出来る書類を複写し、それを添付する。
  4. 郵送局で“定額証書”を手に入れ、それを添付する。
  5. 出来上がった書類を“首都圏開示相談室”へ送る。
  6. 10日前後で“信用情報開示報告書”が家に送られてくる。

 

郵送を利用して情報開示を求める際に気を付けたいこと

郵送を利用して情報提供を求めたことがない方の場合は、定額小為替証書に関して気を付けるべき点が存在します。日常生活においては、目にする機会が非常に少ないため、この名前すら聞いたことが無い方も多数いらっしゃることでしょう。

 

しかし、手に入れるのは簡単で、郵送局にて、1000円相当の定額小為替証書(ていがくこがわせしょうしょ)がほしい旨を伝えるだけです。1000円を払うとその場で定額小為替証書が受け取れるわけですが、この証書には手を付けずに受け取ったままの状態で封筒にしまうようにしてください。

 

年末や年明け、或いはお盆の時期を除けば、送った後10日前後で求めた情報に対する返答が来るかと思われます。

 

情報提供をする際の手順は以上ですが、先ほども申し上げた通り、直接出向いて情報提供を行う場合に比べ、郵送を利用すると非常に時間を要してしまいます。情報提供を求める際には、このことも頭に入れつつ、ご利用の判断をするようにしてください。

CICの開示請求を実際に利用してみた

ここからは、開示請求の利用がない方にもわかりやすく実際に信用情報を受け取るまでの流れをご紹介します。今回は、一番、一般的な窓口での開示請求にしました。

 

まずはCICの会社がある新宿のビルまで出向きました、都会だけあって人の出入りがスゴイです。

 

 

ビルの中に入ったら場所を確認、CICの受付窓口は、どうやら15Fにあるようです…。

 

 

15Fに到着し見つけました、CICの受付案内所です、受付時間は10:00〜16:00のようです。

 

夕方過ぎに行ったらもう受付終わってるので注意しましょう…。

 

 

いざCICに来社しましたらありました、見える位置にすぐありましたコレが「C-touch」です。

 

この端末を使って必要情報を入力するようです。

 

 

画面をタッチしたら注意事項が出てくるので面倒と思わず初めての方なら必ず目を通しましょう

 

 

次へを押したら「自分で開示」するか「代理開示」するのかが表示されます、当てはまるほうを押しましょう。

 

今回の場合は、自分の個人信用情報を開示をするので「ご自分の情報を開示する」を押します。

 

 

次に「氏名」「生年月日」「契約時に登録した電話番号(最大2つまで)」「過去に利用していた電話番号(最大4つまで)」「郵送番号」「運転免許書番号」を入力する画面が出てきますので入力して見て、全て入力を終えたら見直して間違いなければ「この内容で開示する」のボタンを押します。

 


 

開示ボタンを押しましたら「受付番号券を発行します。」という画面になり、端末から受付番号券が発行されるので受け取りましょう。

 

受付番号券を受け取ったら次に手数料を支払うためCICの来社開示コーナーにあります自動販売機にて500円を支払います。

 

 

500円を支払えば手数料支払いの利用券が発行されますので、これと「C-touch」で発行された受付番号券と身分証明書(運転免許証、パスポート等)を持って後は受付番号券の番号順に呼ばれますので受付の方から呼ばれるので待っていればOKです。

 

 

受付に呼ばれましたら受付番号券、手数料支払いの領収書、身分証明書を確認して貰い、「C-touch」で入力した内容と一致しているか間違いがないか聞かれますので確認して間違いがなければようやく信用情報開示報告書が受け取れます。

 

【表紙】

 

 

【信用情報の記録】

 

上記にクレジットカードの登録から契約内容、お支払の状況までの記録が細かに載っており、これが「個人の信用情報」になります。

 

支払の延滞、滞納等をしていたら、その場合も当然、これに記録が残るのでブラックリスト入りしてしまう可能性があります。

 

ブラックリスト入りしてしまうとクレジットカード、ローンが組めなくなる場合もあるので支払の滞納には十分に注意するようにしましょう。

 

 

ちなみにクレジットカードを持ってない人の開示情報はこうなります。

 

以上までが信用情報の開示で最も一般的になります窓口での開示になります。まだ利用したことのない方やこれから利用を考えてる方は是非、参考にしてみてください。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る