信用情報に関する情報をまとめています

気になる信用情報について/おすすめ消費者金融エスプレッソ記事一覧

住宅ローンや自動車ローンの審査に通らない、クレジットカード、キャッシングカードすらなかなか審査が通らない。よくよく調べてみたらその原因は携帯電話の支払いが遅れていたから、といった話はよく耳にします。ローンやキャッシングなどは必ず信用情報機関に問い合わせをして個人信用情報を照会し、本当にお金を貸しても大丈夫な人なのかを判断しています。個人信用情報とは?個人信用情報はクレジットカードやローンなどの契約...
ローンやクレジットカード、キャッシングカードの審査がなかなか通らない場合は信用情報機関に金融事故として記録されている可能性があります。それを確認するためには個人信用情報機関の利用記録を照会するのが最も確実です。直接信用情報機関に足を運んで利用記録を開示してもらうか、郵送、もしくはホームページから申請することで郵送してもらえます。ここでは信用情報の利用記録の確認方法を紹介していきます。CICの場合お...
これから就職活動をしようと思っている、転職を考えている、という時に消費者金融から借金があると就職に不利になるのでは?と心配になる方もたくさんいます。しかし、個人が借金をしていることを企業が知ることはできるのでしょうか。ここでは消費者金融を利用することで就職に不利になるか、否かについて紹介していきます。信用情報機関は誰でも閲覧できる?クレジット会社やカードローン、キャッシングなどを利用しようと思って...
これから就活をしようと思っている方で、今現在ローンやキャッシングを利用している、あるいは過去に利用したことがある場合「ローンやキャッシングのせいで就活に影響が出たらどうしよう」と不安に感じる方もいるかもしれません。最近では学生でも学生ローンや、キャッシング機能の搭載されているクレジットカードが簡単に手にできます。また、意外に思う方もいるかもしれませんが、学生ローンなどを使ったことがなくても携帯電話...
キャッシングについて色々と調べていると「事故者リスト」という言葉を見かけることがあります。キャッシング事故者リストに載ってしまうと「キャッシングができなくなる」「ローンを断られてしまう」というイメージがあると思います。確かに、金融事故を起こしてしまうとどこからも審査が通らない、いわゆるブラックリストに載ってしまうことになります。そこでここではキャッシング事故者リストについて紹介していきます。そもそ...
キャッシングやカードローンを利用していて延滞してしまったり、債務整理を行った場合は事故記録として信用情報機関に残ってしまいます。消費者金融や銀行、信金などは審査を行う際に必ずこれらの個人信用情報を閲覧しているため、問題があれば審査に通りません。しかし一度記録に残ってしまった以上は仕方のないことです。では、残ってしまった自己記録はいつ消えるのでしょうか。そもそも事故記録は消せる?信用情報機関に記録さ...
キャッシングやカードローン、クレジットカードを利用すると信用情報機関にこれらの記録が残ります。すでに利用している記録(借金の総額など)はもちろん、契約や返済に関する情報も記載されます。例えば、延滞が続いたり、債務整理を行ったりすると「金融事故」として信用情報機関に記録が残る、いわゆる事故者リスト、ブラックリストが残ることになります。これらは比較的有名な話なのですが、実はこれ以外にも信用情報機関に記...
消費者金融に申込みをすると信用情報機関に記録が残ってしまいます。申込みしただけで記録が残ってしまうため、例えば一度で審査に通るか不安な時に不都合が生じることがあります。「審査に通るか分らないので、できるだけたくさんの消費者金融に申込みしておいて、どこかひとつでも通ればOK!」と考える方もいるでしょうが、信用情報機関に申込み記録が残ってしまうと「どうしてこの人は色々な消費者金融に申込みしているのか」...
クレジット会社や消費者金融が審査をする上で個人信用情報を確認するのに利用しているのが「CIC」と呼ばれる信用情報機関です。CICはクレジット会社が共同出資することで昭和59年に設立された信用情報機関となっており、主に割賦販売や消費者金融のカードローンなど、いわゆるクレジット事業を営む企業が加入しています。加入している企業の様々な信用情報を収集してそれぞれが照会できるようになっており、これによってよ...
日本には3つの信用情報機関がありますが、そのうちのひとつJICC(株式会社日本信用情報機構)を利用している消費者金融は多いです。JICCとは消費者信用産業の健全な発展、そして消費者の信用力を支えるための機関として設立されました。JICCを利用しているのは主に消費者金融、そして一部の金融機関、さらには携帯電話会社など幅広いものとなっています。主に消費者金融関連の企業が加盟しているようです(JICC加...
全国銀行個人信用情報センター(KSC)は消費者信用の円滑化を計るために設立された個人信用情報機関です。主に銀行系・信販系が利用しており、ローンやクレジットカードなどの個人信用情報を登録・紹介できるシステムを構築しています。全国銀行個人信用情報センター(KSC)に加盟している企業は銀行または法令によって銀行と同一視される金融機関、政府関係金融機関、信用保証協会、またこれらから推薦を受けたクレジットカ...
クレジットカードやカードローン、キャッシングなどを利用し始めるためには審査をパスする必要があります。審査を通り、融資を受けるためには様々なポイントをクリアしていかなくてはなりません。具体的には次のようなものが挙げられます。属性審査申込み者の氏名や性別、年齢、住所、勤務先、収入など個人情報に関するもの。ここから返済能力を見極める書類確認利用し始めるにあたって必要な書類を揃えられるか在籍確認申込みに嘘...
消費者金融やクレジット会社と契約を結ぶためには貸金業に則る必要があります。これによって過剰貸付や債務整理の未然防止につながります。過去にはグレーゾーン金利など問題のある契約が横行していたこともあり、貸金業改正が適用され、新たに「総量規制」が実施されるようになりました。これは年収の3分の1までしか借入することができない、というルールです。この貸金業改正に伴って「指定信用情報機関制度」が導入されるよう...
クレジットやカードローン、キャッシングの申込みをしているけれどなかなか審査に通らない、という場合は信用情報機関に登録されている個人信用情報に傷がある可能性があります。いわゆるブラックリストと呼ばれるものです。例えば、延滞が続いていたり、支払いが滞っていたり、多くの件数の借入があったり、といった場合は十分な収入や返済能力があっても審査を断られてしまうこともあります。実は信用情報機関に登録されている個...
消費者金融や銀行カードローンの商品概要書を見てみると「保証会社の保証が受けられる方」と記載されています。さて、ここで気になるのが「保証会社って何だろう?」ということです。ここでは銀行カードローン、クレジット会社と保証会社の関係について紹介していきます。保証会社が生まれた背景貸金業法が改正されたと同時に、多くの消費者金融が痛手を受けることになりました。これまではグレーゾーン金利で多くの利息を手に入れ...
毎日のショッピングをもっと便利にしてくれるクレジットカード。クレジットカードを問題なくお店で利用するためには「オーソリゼーション」をクリアしなくてはなりません。よくオーソリゼーションを省略して「オーソリ」と呼んだりもします。普通に利用している範囲ではほとんど意識しない部分だと思いますが、覚えておいて損は無いでしょう。オーソリゼーションとは利用者がお店でクレジットカード決済を希望したときに、お店側が...
クレジットカードやキャッシングの支払い方法には色々な方式があります。中でも消費者金融の多くが採用している支払い方法のひとつに「回転信用」があります。これはリボルビング方式やリボルビングシステム、リボ払いとも呼ばれています。回転信用の場合だと、残高に応じて月々の返済額を決定、あとは残高が無くなるまで繰り返し決められた金額で支払い続ける方式となります。回転信用での支払いの場合、月々の利用金額に関係なく...
借金の返済を自力で行うのが難しくなった場合、債務整理で法的に処理するしかありません。債務整理には任意整理、特定調停、個人再生、そして自己破産があります。これらの債務整理の中でも最もペナルティが重いとされるのが「自己破産」です。自己破産は全ての借金が免責される(借金がチャラになる)一方で全ての財産を手放さなくてはなりません。持ち家や自動車なども失うことになるため、まさに0からのスタートとなる債務整理...
クレジットカードを発行するためには審査を受けて、無事に通過しなくてはなりません。多くの人は「クレジットカードを手に入れられた!」と安心すると思いますが、実は利用状況は常にチェックされ続けています。そしてその内容は審査されているんです。これを「途上与信」と言います。途上与信は基本的にはそれぞれのクレジット会社のシステムが自動審査しています。例えば、これまでは生活用品くらいしか使っていなかったのに突然...

このページの先頭へ戻る