多くの消費者金融は連帯保証人や担保不要で利用することができる

銀行などから融資を受ける場合、連帯保証人を設定しなくてはならない場合があります。また最近だとビジネスローン(商工ローン)なども連帯保証人が必要です。では私たちが普段利用することの多い消費者金融は連帯保証人が必要になるのでしょうか。

 

実はほとんどの消費者金融は連帯保証人、保証人、担保などがなくても利用することができるようになっています。つまり従来のキャッシングやローンなどと比べてみるとずっと利用しやすくなったと言えるでしょう。

 

以前までであれば必ずといっていいほど連帯保証人を用意しなくてはなりませんでしたが「手軽に利用できる」ことをコンセプトとしたサービスが主流になっている現在では連帯保証人を用意しなくても契約を結べます。

 

連帯保証人が必要なケースは?

とはいえ全ての消費者金融が連帯保証人不要で利用できるわけではありません。一部のキャッシングやローンは連帯保証人を用意しなくては契約できない場合があります。ではどのようなときに必要となるのかというと、借入する金額が大きい場合であることがほとんどです。

 

例えば、ビジネスローンだと金額がある程度大きいと連帯保証人を用意しなくてはなりません。多くは1000万円以上の融資を受ける場合となっています。一般生活を行う上でこんなに大きな金額を借入することはほとんど無いためほとんど無縁の話だと言えるレベルです。

 

保証人と連帯保証人の違いとは

キャッシングやローンを利用する際に保証人や連帯保証人が必要となる場合がありますが、この違いが良く分かっていない方も多いです。保証人と連帯保証人の大きな違いを説明すると「抗弁権の有無」にあります。

 

抗弁権というのは、お金を借りた人が返済するのが難しくなった際に「お金を借りた本人の財産を処分してから請求して欲しい」「まずはお金を借りた本人に請求してからこっちに話を持ってきて欲しい」といった抗弁ができる権利のことを言います。

 

保証人の場合だと抗弁権があるため発言することができるのですが、連帯保証人の場合この権利を持っていないので債権者(消費者金融)に催促されると抗弁できません。

 

またもうひとつ大きな違いがあり、分別の有無についても違いがあります。保証人の場合、何人かで保証人になることができるため、例えば3人で300万円の保証人になった場合は一人当たり100万円ずつ支払えば良いということになります。しかし、連帯保証人の場合はこの権利を持ち合わせていないため300万円全ての債務を負わなくてはなりません。このように全体的に連帯保証人の方が負担が大きい傾向にあります。

 

消費者金融のほとんどは保証人ではなく連帯保証人を要求

多くの消費者金融は連帯保証人不要で借入することができますが、金額が大きくなると連帯保証人が必要となってきます。そこで書面に則って担保や連帯保証人を設定しなくてはならないのですが、保証人を設定する消費者金融はほとんどありません。

 

多くは連帯保証人となっています。自分が連帯保証人を選ぶ立場にあったとしても、選ばれる立場にあったとしても大きな責任が付きまとうことはしっかりと理解しておくようにしましょう。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る