繰上返済手数料の落とし穴には注意!

通常借り入れをした場合、月の決まった期日までに決まった額を返済しないといけません。しかしタイミングによっては、月々の決まった返済以外でも資金的に余裕があって、さらに返済できるケースも出てきます。このような場合、決まった返済にプラスして余計に返済も可能です。これを繰上返済といいます。

 

繰上返済は、住宅ローンのような大きな額を借り入れたときに利用されることの多い返済のスタイルです。繰上返済によって、通常よりも多めの金額を支払うことで当初よりも返済のペースは速くなります。返済期間が短くなれば、その分利息の支払額も少なくなります。長期的にみれば返済総額を少なくできるので、繰上返済できる余裕があれば、なるべく返済資金に回すべきといわれます。

 

繰上返済手数料に注意

繰上返済をすることで返済期間が短くなる、返済期間を一緒にすれば月々の返済額が少なくなります。このメリットに魅入られると、どんどんお金があれば繰り上げ返済したいと思う人も出てきます。しかしここで注意したいのは、あくまでも余剰資金を繰上返済に充てるべきというものです。

 

手元のお金のほとんどを繰上返済に使ってしまうと、いざというときに資金が足りなくなることもあり得ます。生活をしていると、いつイレギュラーな出費が起きるかわかりません。もし生活資金のほとんどを繰上返済で持ち出してしまうと、急な出費が生じたときに対応できなくなります。その結果、消費者金融からまた借入しないといけないといった本末転倒な事態に陥る可能性もあります。

 

また繰り上げ返済をする場合には、手数料のかかることも多い点にも注目です。繰上返済をする時に事務手数料を徴収する金融機関は多いです。返済するたびに手数料を取られるのであれば、余剰資金をある程度貯めておきます。

 

そしてある程度まとまった資金になったところで、一気に繰上返済してしまうのです。こうすればコツコツ返済しているのと比較すると、手数料の余計なコスト負担をする必要もなくなります。このようにトータルで見て、いつ繰上返済をするのがベストなのかを慎重に見極めることです。

 

消費者金融と繰上返済

消費者金融で借り入れを行った場合、月の決まったタイミングで返済をする約定返済をまずは守ることです。そして随時返済といって、自分の好きなタイミングで返済できる一種の繰上返済もあります。消費者金融の繰上返済の場合、基本的に手数料無料としている所が多いです。よって手元に資金的な余裕があれば、どんどん返済に回していくべきです。

 

消費者金融の利息は、日割りで計算されています。つまり早めに完済した方が、余計な利息を支払わなくて済むわけです。大手を中心にコンビニや銀行のATMも利用できるところも多く、より返済しやすいはずです。ただしATMで返済する場合、提携ATMは特に利用手数料を取られる可能性もあるので注意してください。

ランキングバナー


プロミスのおすすめポイント


※お客様によって融資までの時間が異ります。
※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。


プロミスの特徴


実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です


ボタン


アコムのおすすめポイント


アコムの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
3.0%〜18.0% 800万円

ボタン


アイフルのおすすめポイント


アイフルの強みと特徴

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜18.0% 500万円

※審査結果によっては、ご希望に沿えないこともございます。

※即日キャッシング:14:50までの振込手続完了が必要です。

ボタン

レディースNO.1は


プロミスレディースキャッシングのおすすめポイント

※お申込みの時間帯によって、当日中のご融資ができない場合があります。
※プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスのブランドです。

実質年率 限度額 無利息 即日融資
4.5%〜17.8% 1〜500万円 最大30日間

※即日キャッシングは平日14時までにWEB契約完了が必要

※無利息キャッシングはメールアドレス登録とWeb明細利用の登録が必要です

ボタン


このページの先頭へ戻る