ビジネスローンの性質を比較

ビジネスローンの最長返済期間はどのくらいあるのか

投稿日:

ビジネスローンを利用する際には「どのぐらいの期間借りることができるのか?」についても確認しておくことが必要です。今回はビジネスローンの最長返済期間について詳しく解説したいと思います。

ビジネスローンの最長返済期間はどのぐらいなのでしょうか?

ビジネスローンの最長返済期間は3年~20年程度となっています

ビジネスローンの最長返済期間については金融機関ごとに異なります。かなり幅があるのですが、通常は3年~20年程度となっているようです。

3年という短期間で全て返済しなければならないビジネスローンもありますし、一方で20年という長期間で返済を行うことができるビジネスローンもあるのです。

返済期間の長短にはそれぞれメリットとデメリットがあります

最長返済期間については単純に長ければ長いほどよいというわけではありません。返済期間の長短についてはそれぞれにメリットとデメリットとがあります。返済期間が長い場合には毎月の返済額が少額で済むのですが、一方で返済が長期化することにより金利の負担が増えて返済総額が増加してしまうことになります。

一方で返済期間が短ければ金利の負担を減らして返済総額を少なくすることができますが、毎月の返済額については増加してしまうのです。それぞれのメリットとデメリットをしっかりと理解して、適切な返済期間を選択することが重要になります。

またカードローン型ビジネスローンでは残高スライドリボルビング方式が採用されていることが多いのですが、この方式では借入残高に応じた毎月の最低返済金額があらかじめ決まっているため注意が必要になります。

ビジネスローンは短期の借入のために活用することをおすすめします

ビジネスローンは長期の借入よりも、できる限り短期の借入のために活用することをおすすめします。ビジネスローンのメリットは無担保・保証人なしで即日の融資が期待できることです。

この特徴はすぐに資金が必要な場合などに有効であり、特に「つなぎ資金」などに活用するためには最適なのです。一方でビジネスローンには金利が高いというデメリットがありますので、長期資金の借入を行うとそれだけ金利の負担が高くなり返済総額も増加してしまうことになります。

すぐに資金が必要な場合にはまずはビジネスローンで資金を調達して、その後は銀行融資や公的融資などに借り換えることを検討してみてください。また長期資金として利用するのであれば最初から銀行融資や公的融資などに申し込むのがおすすめです。

-ビジネスローンの性質を比較

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.