ビジネスローンの入門ガイド

ビジネスローンで借りたお金の使い道について

投稿日:

ビジネスローンで借り入れた資金については、その使い道などについて制限はあるのでしょうか。今回はビジネスローンで借り入れた資金の利用目的や制限などについて詳しく解説したいと思います。

利用目的が事業資金であれば原則として自由に使うことができます

ビジネスローンについては「法人向けの無担保フリーローン」という位置付けになりますので、事業資金として活用するのであればその利用目的は自由です。

例えば

・商品の仕入れのための費用
・社員への給料支払のための費用
・新規事業立ち上げのための費用
・他社借り入れ返済のための費用
・銀行融資を受けるまでのつなぎの費用

などに利用することができます。

審査の際には借り入れた資金の使い道について質問されるかもしれませんが、実際に融資を受ければその後の使途などについて確認されることはありません。ただし事業資金以外に利用することはできませんので注意してください。

例えば経営者個人が自分のための家賃や生活費などに使った場合には契約違反になります。ビジネスローンではあくまでも「法人」に対して融資が行われますので、これを「個人」のために利用することは認められません。

個人事業主の場合にはプライベートな目的に利用することができるものも

法人を対象としたビジネスローンでは利用目的は法人の事業資金に限られるのですが、個人事業主を対象としたビジネスローンについては事業性資金と個人向け資金の両方に利用できる場合があるようです。

この場合には借りた資金を個人事業のための運転資金として活用することもできますし、また個人としての生活費などにも活用できることになります。個人事業主向けのビジネスローンについては契約主体が個人であり、また使い道についても事業のためなのか個人のためなのかが曖昧になります。

そのため個人事業主の場合にはビジネスローンの使用使途を事業資金のみに制限されない場合が多いようです。ただしこれについてはビジネスローンを提供する金融機関ごとに判断がことなりますので、個人事業主がビジネスローンを利用する場合には資金使途について事前に確認しておくことが必要になります。

ビジネスローンの利用目的や制限などには注意が必要です

法人を対象としたビジネスローンはあくまでも事業資金として利用することを目的として融資が行われますので、個人的な目的などに利用すると契約違反になります。

また個人事業主を対象としたビジネスローンでは個人的な目的に利用できる場合などもありますが、実際に利用する際には事前に金融機関に確認しておくようにしましょう。

-ビジネスローンの入門ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.