ビジネスローンの入門ガイド

保証人なしでビジネスローンが利用できる理由とは?

投稿日:

原則として保証人なしで利用できることがビジネスローンの特徴となっています。今回はビジネスローンと保証人の関係について詳しく解説したいと思います。

なぜ保証人が必要とされるのでしょうか?

債務者(お金を借りた人)が借金を返済できなくなった場合に、債務者に代わって借金を返済する義務を負う人が「保証人」です。

保証人は債務者が破産・倒産などをしてしまうと代わりにその借金を返済する義務を負うことになります。

これが原因で保証人自身も破産してしまう場合がありますので、保証人となることについてはくれぐれも注意が必要なのです。
保証人と連帯保証人にはどのような違いがあるのでしょうか

保証人と連帯保証人については同じように考えている人も多いようですが、実際には明確な違いがあります。

保証人の場合にはあくまでも債務者が返済不能である場合にこれに代わって返済の義務を負うことになりますので、返済の請求を受けた場合には「まずは債務者に対して返済を求めてください」と反論することができます。これを催告の抗弁権といいます。

しかし連帯保証人の場合には催告の抗弁権は認められていません。債務者と連帯保証人は基本的に同じ立場になりますので、債権者は債務者と連帯保証人のいずれに対しても請求を行うことができるのです。

連帯保証人の場合には支払の請求を受けた場合にはこれに応える義務があります。

事業資金の保証人となることについては特に注意が必要です

法人の経営者や個人事業主が銀行から事業資金の融資を受ける場合には、保証人を求められることが一般的です。ただし事業資金の場合には個人向けのカードローンとは異なり、借り入れの金額が数百万円から数千万円となることが多くなります。

家族や友人だからと気軽に保証人を依頼してしまうと、もしもの場合には多大な迷惑をかけてしまうことになるのです。

保証人については引き受ける場合にも注意が必要なのですが、依頼する場合についても同様に細心の注意を払うことが必要になるのです。

ビジネスローンでは本当に保証人は不要なのでしょうか?

保証人については様々なトラブルが多いため、現在法人経営者や個人事業主の間では保証人なしで利用できるビジネスローンが人気を集めています。ビジネスローンは原則として保証人なしで利用できるとされているのですが、厳密にいえばそうではありません。

法人がビジネスローンを利用する場合には法人格が借り入れの主体となるため、法人の経営者(代表者)が連帯してこれを保証することが必要になります。法人がビジネスローンを利用する場合には法人の経営者が連帯保証人となるため、第三者による保証人なしで利用できるということなのです。

また個人事業主を対象としたビジネスローンの場合には個人を対象として融資が行われますので、連帯保証人も第三者による保証人も必要ありません。いずれにしてもビジネスローンでは第三者に保証人を依頼する必要はありませんので、他の人に迷惑をかける心配をせずに資金を借り入れることができるのです。

第三者による保証人不要のビジネスローンは安心して利用することができます

第三者による保証人なしで利用できることがビジネスローンの特徴です。事業に失敗した場合などにも他の人に迷惑をかける心配はありません。新規事業に挑戦するための資金などにも、ビジネスローンを積極的に活用してみてください。

-ビジネスローンの入門ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.