ビジネスローンの入門ガイド

ビジネスローンに担保不要なのはなぜ?

投稿日:

原則として担保なしで利用できることがビジネスローンの特徴となっています。今回はビジネスローンと担保の関係について詳しく解説したいと思います。

なぜ担保が必要とされるのでしょうか?

債務者(お金を借りた人)が借金を返済できなくなった場合に備えて、事前に債権者に対して提供されるものが「担保」です。

担保は債権の弁済を確保する手段として債権者に提供されます。具体的には不動産などの資産を担保として提供することが一般的であり、債務者が弁済不能になった場合には債権者はこれを売却することにより貸付金の全部または一部を回収するのです。

貸し倒れによる損失の発生を防ぐために、銀行などの金融機関では債権者に対して担保の提供を求めています。実際に貸し倒れが発生した場合にはこれを現金化して損失の補填を行うのです。

銀行融資では担保が必要となることが一般的です

法人の事業資金調達のために最も活用されている方法が銀行融資です。銀行が企業の業績や経営状態などの審査を行い、これに基づいて融資を行います。

銀行融資については銀行プロパー融資などと呼ばれる場合もあるようです。銀行融資を利用する際には担保が必要となることが一般的です。

銀行の場合には比較的低金利で資金の貸付を行いますので、貸し倒れのリスクを金利で補うことが難しいのです。銀行融資では担保や保証人を要求することによって貸し倒れのリスクに備えています。

どのようなものが担保として利用できるのでしょうか?

担保として利用できるものは様々ですが、具体的には不動産(土地・戸建て住宅・マンションなど)、有価証券(株式・債券など)、売掛債権(売掛金など)、預金(定期預金など)などを担保とすることができます。

換金して現金化することが可能であれば、基本的には担保とすることができます。定期預金などの価値が一定のものであれば額面額の100%で担保とすることができますが、不動産などの場合には借り入れの際に担保価値の査定を受けることが必要になります。

また銀行融資では評価された担保価値を参考にして融資限度額などが決定されることになります。

なぜビジネスローンは無担保で利用することができるのでしょうか?

ビジネスローンは原則として無担保で利用することができますので、法人経営者や個人経営者の間では高い人気を集めています。ただし実際にビジネスローンを利用する場合には「なぜ無担保で利用することができるのか?」について考えることが必要になります。

ビジネスローンが無担保で利用できる理由は「高い金利を設定しているから」なのです。銀行融資では担保を求めることで貸し倒れに備えているのですが、一方でビジネスローンでは貸し倒れのリスクを金利に負担させているのです。

貸し倒れのリスクについては過去のデータなどに基づいて統計的に計算することができます。ビジネスローンでは高い金利が設定されているのですが、その金利の中には統計により計算された貸し倒れ予定額が含まれているのです。

実際に貸し倒れが発生しても予定の範囲内であれば金融機関が損をすることはありません。借り手である法人経営者や個人事業主にとっては、ビジネスローンには無担保で利用できるというメリットと高金利というデメリットとがあるのです。

もしも十分な担保が用意できるのであれば、低金利で利用できる銀行融資を選択するのが有利になります。一方で担保を用意することが難しい場合や一時資金の借り入れなどの場合には、ビジネスローンを選択するのが有利になるでしょう。

利用目的などに応じてビジネスローンと銀行融資を使い分けるようにしましょう

ビジネスローンでは高金利の設定により無担保による貸付を実現しています。担保の有無と金利の高低は表裏一体の関係となっていますので、利用目的などに応じてビジネスローンと銀行融資を適切に使い分けることが重要になります。

-ビジネスローンの入門ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.