ビジネスローンの入門ガイド

ビジネスローンの借り方について詳細を解説!

投稿日:

ビジネスローンで実際に借り入れを行う(融資を受ける)場合には、どのような方法を利用することができるのでしょうか。今回はビジネスローンを借り入れる場合の具体的な方法について詳しく解説したいと思います。

店頭で現金を受け取る方法について

店舗を設置している金融機関でビジネスローンの借り入れを行う場合には、店舗に足を運んで店頭で現金を受け取るという方法を利用することができます。

大きな金額を借り入れた場合には現金を持ち歩くことによるリスクがありますので、安全を最優先するのであれば銀行振込などの方法を選択したほうがよいかもしれません。ただし事業融資型ビジネスローンの一部では、この店頭で現金を受け取る方法以外は選べない場合などもあるようです。

銀行振込で入金を受ける方法について

もっとも多く利用されているのがこの方法です。銀行振込ならば銀行側の履歴が残りますし、多額の現金を持ち歩くことによる危険もありません。また銀行振込で入金を受ければ、そのまま必要な相手先の口座に入金することもできます。

銀行振込による借り入れを希望する場合には、電話またはインターネットバンキングにより依頼することが一般的です。

特に個人向けカードローンなどの取り扱いをしている金融機関であればほとんどの場合インターネットバンキングに対応していますので、スマートフォンなどがあれば手軽にビジネスローンの借り入れを申し込むことができます。

ATMなどから引き出す方法について

この方法はローンカード型ビジネスローンの場合に利用することができます。金融機関または提携する銀行やコンビニなどのATMにローンカードを入れて暗証番号を入力すれば、設定された利用限度額の範囲内であれば365日24時間いつでも必要な金額の借り入れを行うことが可能です。

ただしATMによっては1日あたりの利用限度額が設定されている場合があり、この場合にはビジネスローンの利用限度額に余裕があってもATMの利用限度額を超える借り入れはできませんので注意が必要になります。

例えば利用者が多い「セブン銀行」のATMの場合には、1日あたりの利用限度額の上限は50万円までに設定されています。ATMの利用限度額以上の金額の借り入れを希望するのであれば、銀行振込などの他の方法を検討してみてください。

まとまった金額の入金には銀行振込がおすすめ

利用できる借り入れの方法については、金融機関ごとにそれぞれ異なるため注意が必要です。事業融資型ビジネスローンの一部では店頭で現金を受け取る方法しか選択できない場合もありますし、またATMによる借り入れはカードローン型ビジネスローンの場合に限って利用することができます。

また借り入れ方法のそれぞれについても、メリットとデメリットがありますので注意しましょう。まとまった金額の借り入れを希望するのであれば、銀行振込で入金を受ける方法をおすすめします。また借入額が少額であればコンビニなどの提携ATMを利用する方法が手軽で便利です。

-ビジネスローンの入門ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.