ビジネスローンの審査ガイド

決算が赤字だとビジネスローンの審査は厳しくなる?

投稿日:

ビジネスローンの審査には決算が赤字でも通ることはできるのでしょうか。今回はビジネスローン審査と赤字との関係について詳しくチェックしてみたいと思います。

赤字であってもビジネスローンの審査に通る可能性はあります

一般的には会社の決算が赤字の場合には、ビジネスローンに申し込んでも審査に通ることは難しくなります。ただしその可能性はゼロではありませんし、ビジネスローンの中には「赤字でも審査に通る場合があります」とホームページ上で明記しているものなどもあるようです。

会社の決算が赤字であるということは利益が出ていないということです。借りたお金を返すためには一定の利益を獲得していることが必要になりますので、単純に考えると赤字の会社はお金を借りてもこれを返すことができないということになります。

それではなぜ赤字であってもビジネスローンの審査に通る可能性があるのでしょうか。

損益計算書(P/ L)とキャッシュフロー計算書(C/F)の関係が重要

会社の決算が赤字であっても入ってくるお金がゼロというわけではありません。赤字の会社であっても、実際には一定の収入を獲得している場合がほとんどなのです。

例えば不動産や機械などの資産を会社が購入した場合には、その後原価償却費を費用として計上することが必要になります。ただし実際には資産を購入の時点で既にお金の支払が行われていますので、減価償却費は損益計算書では費用(支出)とされていても実際にはお金の減少(支払)は発生しないのです。

例えば減価償却費が200万円発生して当期の損失が100万円という会社があったとします。ただし減価償却費については実際の支払は発生しませんので、キャッシュフロー計算書においては100万円のプラスということになるのです。

毎年お金が100万円ずつ増えている会社であれば、300万円をビジネスローンとして貸し付けた場合には単純に計算すると3年で回収できることになります。このような場合には「十分な支払い能力がある」と判断され、赤字であってもビジネスローンの審査に通る場合もあるのです。

ビジネスローン審査では減価償却費を除いた利益が重視される

これらのように実際のビジネスローンの審査では、減価償却費を除いた利益である「償却前利益」が重視されることになります。

損益計算書上の利益である「経常利益」が赤字であっても、減価償却費を控除する前の利益である「償却前利益」が黒字であれば、ビジネスローン審査に通る可能性を期待することができます。

-ビジネスローンの審査ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.