ビジネスローンの審査ガイド

ビジネスローンの審査で無借金経営の評価は?

投稿日:

企業経営者の多くはビジネスローンの審査の際に「無借金経営であれば高く評価されるだろう」と考えているようです。借金なしで健全な経営を行うのが無借金経営ですから、高い評価を期待するのが当然だともいえます。

しかし実際のビジネスローンの審査においては、無借金経営についてはプラスとマイナスの両方の両方の評価を受けることになるのです。今回は無借金経営の評価について、プラスとマイナスの両面から確認してみたいと思います。

無借金経営のプラスの評価について

ビジネスローンの審査においては借り入れに対する返済能力が重視されることになります。具体的にはフリーキャッシュフロー(資金)の状況と他社借り入れの状況とを比較して、これを判断するのです。

無借金経営であれば他者借り入れがゼロということになりますので、フリーキャッシュフローのほとんどを借り入れの返済にあてることが可能になります。無借金経営であればそれだけ返済能力が高いと判断されますので、借り入れ限度額の決定などの際にも有利になるのです。

無借金経営のマイナスの評価について

ビジネスローンの審査では過去の返済状況などを参考にして融資の可否を決定するのですが、無借金経営の会社の場合にはこれまでに一度も借り入れを利用したことがないため、返済に関する実績がゼロということになります。

借り入れを利用してこれを返済することによって企業は「信用」を獲得します。一定の信用を獲得した企業について金融機関は「この企業ならば融資を確実に返済してくれるだろう」と判断するのです。

しかし無借金経営の企業の場合にはこれまでの利用実績がゼロであるため、金融機関では確実な返済が期待できるかどうかの判断ができないのです。その他の審査項目に問題がなくても、利用履歴がゼロであることが原因で審査に落ちてしまう場合などもあります。無借金経営についてはプラスの評価だけでなく、マイナスに評価されることもあるのです。

無借金経営が原因でビジネスローンの審査に落ちてしまった場合には

これまでに借り入れを利用した履歴がないことが原因でビジネスローンの審査に落ちてしまったという場合には、まずは借り入れを行ってそれを返済したという実績を作ることが必要になります。

無借金経営であれば経営自体は健全だといえますので、ビジネスローンに限らず公的融資や銀行融資なども積極的に検討してみましょう。まずは実績を作ることが目的ですから、借り入れの金額などについてはそれほどこだわる必要はありません。

少額でかまいませんのでとりあえず借り入れを行い、これを確実に返済することを実行してください。一度借り入れの実績ができればそれ以降のビジネスローンの審査に通りやすくなるはずです。

無借金経営の評価についてまとめてみました

無借金経営についてはプラスとマイナスの両方の評価を受けることになります。いずれの影響が大きいのかについては金融機関の判断次第なのですが、一般的なビジネスローンでは一定の利用履歴があることが重視されるようです。

無借金経営であることが原因でビジネスローンの審査に落ちてしまったと考えられる場合には、選択肢を広げて公的融資や銀行融資などを利用してみることをおすすめします。一定の利用履歴を積み重ねればビジネスローンの審査でも有利になります。

また個人事業主の場合には個人としてのカードローンの利用履歴なども評価の対象となりますので、積極的に活用してみてください。

-ビジネスローンの審査ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.