ビジネスローンの審査ガイド

法人にもブラックリストがあるの?

投稿日:

ビジネスローンに申し込んでもなかなか審査に通らないと、「ブラックリストなのではないか?」と心配になるかもしれません。それではビジネスローン審査におけるブラックリストとは、具体的にはどのような状態のことなのでしょうか。

「ブラックリスト」というリストは存在しません

ブラックリストと聞くと多くの人は、「この人にお金を貸してはいけません」といった情報が記録されたリストをイメージするかもしれませんが、実際にはそのようなリストは存在しません。

ただしビジネスローンを提供する金融機関では融資先に関する情報を共有する信用情報機関(データベース)に記録しています。その中には貸し倒れのリスクや不渡り・破産・民事再生などの情報が記録されていて、審査の際にこれらのデータが記録されていると審査に通過することが難しくなってしまうのです。

金融機関は貸したお金を回収することができなくなってしまう「貸し倒れ」を非常に警戒しています。

そのため信用情報機関に貸し倒れの可能性が高くなりそうな情報が掲載されていると、どの金融機関にビジネスローンを申し込んでも審査に通過することができない「ブラックリスト状態」になってしまうのです。

金融機関ではどのようにして信用情報を集めているのでしょうか?

金融機関では主に2種類の方法により、融資先となる法人に関する信用情報を集めています。ひとつは上記で紹介している信用情報機関を利用する方法です。

金融機関では自社の顧客に関する情報を信用情報機関に登録し、その情報を金融機関の間で共有しています。審査の際に信用情報機関に照会を行うことで、法人の借り入れ状況や返済の履歴などをすぐに確認することができるのです。

もうひとつは民間の調査会社の情報を活用する方法です。法人の場合にはこれを専門とする民間の調査会社が存在し、「帝国データバンク」や「東京商工リサーチ」などの企業がこれに該当します。

これらの企業では法人を対象とした不渡り・民事再生・破産などに関する情報収集を行い、これらを記録しているのです。
法人信用情報はビジネスローン審査ではどのように影響するのでしょうか?

特に不渡りや民事再生や破産などに関する情報などが法人信用情報として登録されている場合には、どの金融機関のビジネスローンに申し込んでも審査に通ることは難しくなります。

これは法人に関する情報はもちろんですが、経営者個人に関しても同様です。法人と個人とは別の人格であり本来は区別して考えるべきなのですが、日本においては法人の借り入れを経営者個人が連帯して保証することが求められます。

法人に対する融資では経営者個人が連帯保証人になりますので、経営者個人の借り入れが多すぎたり延滞の履歴などがあったりすると、法人に問題がなくてもビジネスローンの審査には通らなくなってしまうのです。

また個人事業主がビジネスローンに申し込む場合には、事業主としての審査と個人としての審査とが行われることになります。この時に個人として借り入れが多すぎたり延滞の履歴があったりすれば、当然ビジネスローンの審査に通ることはできなくなるのです。

法人がブラックリストになってしまうとその状態は長期間解消されません

個人に関する信用情報(返済の遅延、延滞、自己破産、債務整理など)は一度信用情報機関に記録されても、その後5年から10年程度が経過すれば抹消されますので、その後は以前と同じようにクレジットカードやカードローンに申し込むことが可能になります。

しかし法人の場合には特に不渡り・破産・民事再生などの情報は民間の調査会社にも記録されますので、信用情報機関の情報が抹消された後についてもビジネスローンの利用ができない状態が長期間継続してしまうのです。

また法人を対象としたビジネスローンについては取り扱いを行う金融機関の数自体が少ないため、一度ブラックリストになってしまうとその後はビジネスローンを利用することが難しくなってしまうのです。

法人がブラックリストになってしまった場合には、ブラックリストを解消するよりも会社を清算してしまった方がよいかもしれません。一度会社を清算しその後新規の企業を設立すれば、信用情報についても新規の状態からスタートすることができるのです。

ブラックリストについてまとめてみました

法人の場合には「不渡り・民事再生・破産」などの情報が、また経営者個人の場合には「延滞・自己破産・債務整理」などの情報が信用情報機関や民間調査会社などに記録されていると、ビジネスローンの審査には通らなくなってしまいます。

このような状態が「ブラックリスト」です。特に法人の場合には一度ブラックリストになってしまうとこれを解消することは難しくなりますので、普段から健全な資金繰りを心がけ返済事故などを起こさないことが重要だといえるでしょう。

-ビジネスローンの審査ガイド

Copyright© 消費者金融エスプレッソ , 2018 All Rights Reserved.